オーブントースターのおすすめ人気7選!選び方の5つのポイントとは?

トースト キッチン家電

最近では、オーブントースターと言っても、単にトーストを焼くだけでなく、さまざまな機能を搭載したものが販売されているんですね。

ですから、オーブントースターを購入したいけれど、いろいろな種類があって、どれを選んだらよいのかわからないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、

・オーブントースターの選び方の5つのポイントとは?
・オーブントースターおすすめ人気7選!コスパがよいのはどれ?

ということについてまとめてみました。

オーブントースターの選び方の5つのポイントとは?

最近のオーブントースターは、ただパンを焼くだけではなく、グラタンやピザなどの料理を作ったり、温め直しができる機能が付いていたり、いろいろな機能が付いているものも多く、いざオーブントースターを購入しようと思ったときに、どれを選べばよいのかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは、オーブントースターの選び方の5つのポイントをご紹介しますね。

オーブントースターの加熱方式で選ぶ

まず、オーブントースターと言っても、その加熱方式に違いがあるんですね。この加熱方式の違いによって、食パンの焼き加減や料理の仕上がりに差が出てくるので、オーブントースターを選ぶ際には、この加熱方式をチェックした方がよいですね。

電熱式

オーブントースターの加熱方式で一番多いのが、「電熱式」と言われるものなんですね。石英管で覆った電熱線の放射熱で食材の表面を加熱する方式で、食材の表面に直接熱を当てて加熱するため、食材の表面をカリッと香ばしく焼き上げ、いい具合にこんがりと焼き色を付けることができます。

一般的なオーブントースターとして、いろいろな種類の商品が販売されていて、価格も低価格のものが多いですね。

遠赤外線ヒーター式

「遠赤外線ヒーター式」の加熱方式では、表面をこんがりと焼き上げると同時に、食材の中までしっかりと熱を通すことができるので、焼きムラが少なくおいしく焼き上げることができます。

最近では、熱の立ち上がりが速い瞬間発熱ヒーターで、素早く表面を焼くことでサクッとした食感とモッチリとした焼き上がりに仕上げることができる「遠赤グラファイト」や、近赤外線ヒーターで中をあたためながら、遠赤外線ヒーターで外をこんがり焼き上げる「遠近赤外線ダブル加熱」機能を搭載したものも販売されています。

スチーム式

「スチーム式」の加熱方式では、庫内にスチームを充満させて、パンの表面を薄い水分の膜で覆い、最初に、パンの表面にサクッとこんがり焼けた層を作り、パンの中の水分を閉じ込め、次に、内部をしっかり加熱して焼き上げるので、表面はサクッと香ばしく中はしっとりジューシーで熱々に温まった仕上がりになります。

スチームで“蒸す”ような状態になるので、パサパサになりがちな食材の調理にも適していますね。

コンベクション式

「コンベクション式」の加熱方式は、熱風とヒーターを併用して、食材をムラなく素早く焼き上げる方式です。

内蔵したファンで起こした風でヒーターが発する熱を対流させて庫内全体に循環させて食材をムラなく温めます。ファン機能を搭載し、低温から高温まで細かく温度設定することができる点もとても便利です。

また、200℃前後の熱風を吹きつけることで、揚げ物料理の衣の水分を一気に蒸発させるので、油を使わずに、外側はカリッと油で揚げたように、中はふっくらジューシーに仕上げることができるので、ノンフライ調理をすることができて大変便利なんですね。

ウォーターオーブン

最近では、過熱水蒸気による加熱方式の「ウォーターオーブン」も販売されていますね。

過熱水蒸気は、水を使わないオーブン加熱と比較して、約8倍の熱量を持つと言われています。高い熱量も持つ過熱水蒸気で、食材の中心まで素早く加熱しながら表面をこんがりと焼き上げるので、外はカリッとこんがり焼き上がり、中はもっちりジューシーに仕上がります。

また、過熱水蒸気で加熱することで、減塩や脱油をすることができます。

お惣菜の揚げ物もサックリと揚げ立てのようなおいしさに加熱することができますし、冷凍のお惣菜も表面はサクサク中はアツアツに仕上げることができます。さらに、ノンフライ調理をすることもできてとても便利ですね。

オーブントースターの庫内の広さで選ぶ:食パンを同時に何枚焼けるか?

オーブントースターを選ぶ上でとても重要なのが、同時に焼ける食パンの枚数ですよね。

1人~2人暮らしの方なら、2枚焼きタイプのもので十分なのではないでしょうか。3人以上の家族の方なら、4枚焼きタイプのものがよいかもしれませんが、サイズが気になるという方は、3枚焼きタイプのものも検討してみるとよいかもしれませんね。

また、トーストを焼くだけでなく、ピザも焼きたいとか、グラタンも作りたいという方は、庫内が広めのオーブントースターを選ぶとよいですね。

オーブントースターの本体のサイズで選ぶ

また、オーブントースターを選ぶ際には、キッチンでの置き場所をあらかじめ確保しておいた方がよいでしょう。

そのために、購入前に、オーブントースターの本体のサイズをチェックするようにしましょう。

多機能のオーブントースターは、思ったよりも本体のサイズが大きいものもあるので、購入してから置き場所に困ってしまったということにならないように気をつけたいですね。

オーブントースターの機能で選ぶ:どのような調理モードがあるか?

最近のオーブントースターはさまざまな機能を搭載しているものが多いので、オーブントースターを選ぶ際には、ご自分が使いたい機能を搭載しているかどうか、どのような調理モードがあるのかをチェックすることも大事ですね。

食材に合わせて焼き時間や温度を自動で調節してくれる「マイコン機能」が付いているものや、冷めてしまったお惣菜パンや揚げ物などを温める「温め直し機能」が付いているもの、「ノンフライ調理機能」が付いているものなど、いろいろな種類のものがあります。

オーブントースターのお手入れのしやすさで選ぶ

また、頻繁に使うオーブントースターは、そのお手入れがしやすいかどうかも大事ですよね。

パーツを取り外して丸洗いできるかどうか、パンくずトレイも取り外すことができるかどうかなどチェックしておいた方がよいですね。

オーブントースターおすすめ人気7選!コスパがよいのはどれ?

さて、オーブントースターの選び方の5つのポイントを見てきましたが、オーブントースターを選ぶ際には、ご自分がどうしても欲しいと思う機能を備えているかどうか、コスパはどうか、などという観点から選んでみると選びやすいですね。

ここでは、とくに人気の高いおすすめのオーブントースターを7つご紹介しますね。

タイガー オーブントースター うまパン KAE-G13N

Amazonタイガー オーブントースター うまパン KAE-G13Nの詳細をAmazonで見る

楽天市場タイガー オーブントースター うまパン KAE-G13Nの楽天での最安値を見る

タイガー オーブントースター うまパン KAE-G13Nは、トーストを焼きムラなくおいしく焼き上げるため、合計1300Wのトリプルヒーターと熱反射の高いガルバニウム鋼板の採用により、表面はサクサク、中はアツアツで、フワッとモチモチに焼き上げることができます。

ワイド庫内(横幅30cm・高さ10cm)となっているので、トーストを3枚同時に焼くことができ、また、付属の深皿トレイを使えば、直径25cmのピザも丸ごと焼くことができますし、フレンチトーストも焼くことができます。

そして、約80℃~250℃の無段階温度調節と、最大30分のロングタイマー機能が搭載されているので、じっくりとゆっくり温めるものから、素早くしっかり加熱するものまで、料理のレパートリーも広がります。

また、焼き網、パンくずトレイ、扉も簡単に取り外すことができて、丸洗いすることができるのでお手入れも簡単でとてもよいですね。

関連記事タイガー うまパン KAE-G13Nのレビュー・評価は?コスパはいい?

パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51

Amazonパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の詳細をAmazonで見る

楽天市場パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の楽天での最安値を見る

パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51は、遠近赤外線ダブル加熱で、食材の内部までしっかり温め、表面はカリッとこんがり焼き上げます。

ワンタッチで火加減と時間をコントロールする「オートキー」で、トーストは常温と冷凍を切り替えることができ、枚数に応じて焼き加減を自動調整することができ、また、「ロールパン」「惣菜パン」「冷凍ピザ」「焼きいも」「フライ温め」「パックもち」など、ボタンを押すだけでメニューに合わせて、自動で温度や時間を調整して、おいしく仕上げます。

また、120℃~260℃まで8段階の温度調節をすることができるので、グラタンなどの料理を作るのにとても便利です。

そして、NB-DT51独自の機能として注目されているのが、湿気てしまったおせんべいやポテトチップスを開封し立てのようなパリッとした食感に蘇らせる「ドライ機能」なんですね。他のオーブントースターでは、おせんべいやポテトチップスが焦げてしまうのですが、このNB-DT51で乾燥させると、焦がすことなくパリッパリに仕上がります。

関連記事パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51のレビューや評価は?

関連記事パナソニックNB-DT51と象印こんがり倶楽部ET-GM30の違いを比較してみました

象印 オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30

Amazon象印 オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30の詳細をAmazonで見る

楽天市場象印 オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30の楽天での最安値を見る

象印 オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GM30は、庫内の上部に2本の遠赤外線ヒーター、下部に3本の電熱ヒーターを搭載し、1300Wのハイパワーで、焼きムラを抑えて、表面はサクッと、中はフワッとした食感のおいしいトーストを焼き上げます。

「トースト」「冷凍トースト」「サクふわトースト」「ピザ」「冷凍ピザ」「フライあたため」「ロールパンあたため」の7種のマイコン自動メニュー搭載で、コースを選ぶだけで、焼き色を自動で調節してくれます。

また、80℃~高温250℃の温度調節をすることができるので、料理のレパートリーも広がります。

手作りパンコースを使えば、パンの2次発酵から焼き上げが簡単にできるので、バターロールやチョコパンを作ることもできとてもよいですね。

そして、奥行29.5cmの「ビッグ&ワイド庫内」なので、トーストを4枚同時に焼くことができ、直径25cmのピザや、グラタン皿も同時に3枚まで焼くことができるのでとても便利ですね。

関連記事象印 こんがり倶楽部 ET-GM30のレビューや評判は?焼き芋やケーキも焼ける?

関連記事象印こんがり倶楽部ET-GM30とタイガーKAS-G130の違いを比較してみました

タイガー コンベクション オーブントースター KAS-G130

Amazonタイガー コンベクション オーブントースター KAS-G130の詳細をAmazonで見る

楽天市場タイガー コンベクション オーブントースター KAS-G130の楽天での最安値を見る

タイガー コンベクション オーブントースター KAS-G130は、遠赤ヒーターから発する熱を内蔵のファンで庫内全体に循環させ、焼きムラを抑えます。

遠赤ヒーターと蓄熱性の高いホーロー加工の調理トレイのW効果で、食材をこんがりふっくらと焼き上げます。

オートメニューを7つ搭載し、80℃~250℃の無段階温度調節や焼き色調節機能も搭載しています。グラタンや肉料理、ピザ、カップケーキなど、料理の幅も広がりますね。

また、広い庫内(横幅30cm・高さ10cm)で、直径25cmのピザを丸ごと焼くことができますし、グラタン皿も同時に3枚焼くことができてとても便利ですね。

関連記事タイガー コンベクションオーブン KAS-G130のレビューや口コミは?

バルミューダ スチームオーブントースター K01E

Amazonバルミューダ スチームオーブントースター K01Eの詳細をAmazonで見る

楽天市場バルミューダ スチームオーブントースター K01Eの楽天での最安値を見る

バルミューダ スチームオーブントースター K01Eは、スチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、パンの表面はサックリと香ばしく、中はしっとりモチモチに焼き上げます。

5つのモードが搭載されていて、パンの種類に合わせて最適な焼き上がりを実現し、グラタンやお餅などの調理をすることもできます。

トースト・チーズトーストの2つのモードでは、完璧な温度制御で表面に絶妙な焦げ目をこんがりと付け、最高の焼き上がりに仕上げます。

フランスパン・クロワッサンの2つのモードでは、中までしっかりアツアツに温めて、窯から出したばかりの焼き立てのフランスパン・クロワッサンのように仕上げます。

スチーム調理を行なわないクラシックモードでは、3段階の温度制御を行い、170℃ではクッキーなどの焼き菓子、200℃ではグラタンなどじっくり火を通す調理、230℃ではお餅など焼き目をつける調理をすることができます。

シロカ グラファイト&コンベクション トースター ST-G121

Amazonシロカ グラファイト&コンベクション トースター ST-G121の詳細をAmazonで見る

楽天市場シロカ グラファイト&コンベクション トースター ST-G121の楽天での最安値を見る

シロカ グラファイト&コンベクション トースター ST-G121は、0.2秒で立ち上がる瞬間発熱ヒーターと熱風循環(コンベクション)の加熱方式で、食材を素早く焼き上げ、おいしさを閉じ込めるハイブリッドオーブントースターです。

表面は焦げ目が付く薄い焼き層でサクッとした食感になり、中に水分をしっかりと閉じ込めるので、ふっくらモチモチに仕上がります。

庫内が広いので、食パン4枚を同時に焼くことができ、また、バタートーストとベーコンエッグや、チーズトーストとグリル野菜など、トーストとおかずを同時に調理することができるので、忙しい朝にとても重宝しますね。

また、熱風循環(コンベクション)でノンフライ調理をすることができ、温め直しメニューで、クロワッサンやあんぱんを焼き立てのように、お惣菜の揚げ物も揚げ立てのように仕上げることができます。

そして、100℃~280℃の温度設定と最大30分のタイマー設定、58種類のレシピが掲載された付属のオリジナルレシピブックで、料理のレパートリーも広がりますね。

シャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン AX-H1

Amazonシャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン AX-H1の詳細をAmazonで見る

楽天市場シャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン AX-H1の楽天での最安値を見る

シャープ ヘルシオ グリエ ウォーターオーブン AX-H1は、水をたっぷり使った過熱水蒸気で、食材の中心までしっかり加熱しながら、表面を素早く焼き上げるので、表面はサクッと中はふんわりアツアツに仕上がります。

過熱水蒸気は、水を使わないオーブン加熱に比べて約8倍の熱量を持つので、クロワッサンの温め直しも、外はサクサク中はふんわり焼き上げることができますし、お惣菜の揚げ物の温め直しも、揚げ立てのようにサクサクに仕上げることができ、しかも、余分な油を落とす脱油効果でとてもヘルシーなんですね。

また、フライパンを使わずに、目玉焼きや焼き野菜など、異なる食材を同時加熱し調理することができて忙しい朝にとても便利ですし、お肉に含まれる脂分を落としながらヘリシーにノンフライ調理をすることもできます。

まとめ

というわけで、オーブントースターのおすすめ商品を7つご紹介しましたが、

オーブントースターを選ぶときには、

・オーブントースターの加熱方式で選ぶ
 ・電熱式
 ・遠赤外線ヒーター式
 ・スチーム式
 ・コンベクション式
 ・ウォーターオーブン
・オーブントースターの庫内の広さで選ぶ:食パンを同時に何枚焼けるか?
・オーブントースターの本体のサイズで選ぶ
・オーブントースターの機能で選ぶ:どのような調理モードがあるか?
・オーブントースターのお手入れのしやすさで選ぶ
 ・パーツの取り外しはできるか?
 ・パンくずトレイは付いているか?

ということを考慮して、ご自分に合ったオーブントースターを選ぶようにするとよいですね。

Amazonバルミューダ スチームオーブントースター K01Eの詳細をAmazonで見る

楽天市場バルミューダ スチームオーブントースター K01Eの楽天での最安値を見る