パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51のレビューや評価は?

トースト2 キッチン家電

パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51が、買ってよかった!と大好評なんですね。

このパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51は、コンパクトオーブンと言うだけあって、食パンは同時に2枚までしか焼くことができないのですが、プリセットメニューのオートキーを搭載しているので、誰でも簡単に失敗することなく使うことができて大変便利なんですよね。

そこで、今回は、このパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51のレビューや評価、特徴や性能など、気になる点についてまとめてみました。

Amazonパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の詳細をAmazonで見る

楽天市場パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の楽天での最安値を見る

パナソニックNB-DT51はトーストが焼きムラなく外はカリッと中はふんわり焼き上がる!

一般的な遠赤外線ヒーター式のトースターは、遠赤外線ヒーター2本で加熱することが多いのですが、このパナソニックNB-DT51は、本体上部に遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターを1本ずつ、下部に遠赤外線ヒーターを1本搭載しています。

メニューに合わせて3本のヒーターを独立制御し、細かく温度管理をして、「遠近赤外線ダブル加熱」で、外をこんがり焼き上げ、中をしっかりと温めるので、トーストが焼きムラなく外はカリッと中はふんわり、おいしく焼き上がるんですね。

しかも、オートキーなら、ボタンを押すだけで自動で温度と時間を設定してくれるので、焦がしてしまう心配もないのでとてもよいですね。

トーストは、オートキーで常温と冷凍を切り替えることができるので、まずは、常温のトーストをオートキーで焼いてみると、2分30秒の自動設定時間で、焼きムラなくこんがりおいしそうに焼き上がります。

このとき、トーストの焼き加減を5段階から選ぶことができるのですが、薄い焼き色の方がモッチリとした食感を楽しむことができ、濃い焼き色の方がカリッと香ばしい食感を楽しむことができるので、自分の好みの焼き加減を選ぶとよいですね。

次に、冷凍の食パンをオートキーで焼いてみると、5分の自動設定時間で、焼きムラなく、外はカリッと中はふんわり、おいしく焼き上がります。

お店で買ってきた食パンを食べ切れずに冷凍保存している方も多いかと思いますが、普通のトースターだと、表面は焼けていても、中はまだ凍ったままということもありますよね。

でも、パナソニックNB-DT51なら、オートキーで失敗することなく、冷凍パンを焼き立てのようにおいしく食べられるのでとてもよいですよね。

パナソニックNB-DT51はオートキーで自動で温度と時間を設定するから失敗なし!

18-1

パナソニックNB-DT51は、ワンタッチで温度と時間を自動設定してくれるオートキー機能を搭載していてとても便利なんですね。

トーストをオートキーで焼くことができるのはもちろんなのですが、その他にも「ロールパン」「惣菜パン」「冷凍ピザ」「フライ温め」「焼きいも」「パックもち」モードを搭載しています。

ロールパンが焦げずにふんわりモチモチに!

ロールパンを普通のトースターで温め直そうとすると、表面が焦げてしまうことが多いのですが、このパナソニックNB-DT51の「ロールパン」モードで温めてみると、ボタン一つで、焦げることなく、中までしっかりと温まって、ふんわりモチモチの食感になるんです。

クロワッサンも、この「ロールパン」モードで温めると、パン屋さんで焼き立てを買ってきたように、外はサクッと、中はフワッとおいしくなりました。

惣菜パンも焦げずに中までしっかりと温まる!

惣菜パンを普通のトースターで温め直そうとすると、表面だけ焦げてしまって、中の具材までしっかり温まっていないことが多いのですが、このパナソニックNB-DT51の「惣菜パン」モードで温めてみると、ボタンを押すだけで、表面が焦げることなく、中の具材までしっかり温まって、アツアツでふっくらとした食感に仕上がります。

カレーパンは、「惣菜パン」モードで温めるよりも、「フライ温め」モードで温めると、表面がサクッサクになり、中もふっくらおいしく仕上がります。

冷凍ピザモードでピザも簡単においしく焼き上がる!

パナソニックNB-DT51は、市販の冷凍ピザも、オートキーの「冷凍ピザ」モードで、ボタンを押すだけで、約13分くらいで、こんがりアツアツの絶妙な焼き具合に仕上げてくれるんです。

直径22cmくらいのピザまで焼くことができるのでとてもよいですね。

フライ温めモードで揚げ物も揚げ立てのようにサクッサクに!

天ぷらや唐揚げなどの揚げ物を電子レンジで温め直すと、べチャッとなっておいしくないんですよね。

でも、このパナソニックNB-DT51の「フライ温め」モードで、揚げ物を温め直してみると、揚げ立てのように、サクッとふんわりジューシーにとてもおいしく仕上がるんです。

焼き芋も甘みを引き出しホクホク絶品に!

パナソニックNB-DT51には、焼き芋のオートキーもあるんですね。

はじめは、焼き芋をオートキーで焼くこともないかなと思っていたのですが、せっかく付いていることだし、試しに焼いてみようかなという軽い気持ちで焼いてみたら、コレがまた、25分くらいで、甘くてホクホクの絶品の仕上がりに!

本当に買ってきた焼き芋みたいにおいしく焼き上がって、病みつきになっちゃいます♪

パック餅モードでお餅も焼き網にくっ付かない!

お餅をトースターで焼くという方も多いかと思いますが、焼き網にお餅がくっついちゃうと、後のお手入れが大変ですよね。

それに、「だいたいこれくらいかな?」と思いながら、ダイヤル式のタイマーをセットして、焼き上がりを待っていると、焦げちゃって失敗したりすることもありますよね。

でも、このパナソニックNB-DT51には、オートキーに「パックもち」モードがあるので、ボタンを押すだけで、自動で温度と時間を設定してくれるので、焦がして失敗することなく、こんがりとおいしそうに焦げ目が付いて、ふっくらおいしくお餅を焼き上げてくれます。

しかも、お餅が焼き網にくっ付かないので、後のお手入れも簡単でとてもよいですね。

パナソニックNB-DT51はドライ機能で湿気たポテトチップスもパリッパリに!

一度開封したポテトチップスなどのスナック菓子を食べ切れなくて、残りを保存しておくことってありますよね。でも、次にまた食べようとしたら、湿気てしまっていておいしくない・・・こんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなときに、威力を発揮するのが、パナソニックNB-DT51の「ドライ機能」なんですね。

普通のトースターで、このように湿気てしまったポテトチップスやおせんべいなどをパリッとさせようとすると、焦げてしまって、食べられる状態ではないのですが、パナソニックNB-DT51の「ドライ機能」を使うと、ポテトチップスや薄いおせんべいは10分くらいで、開封し立てのようにパリッパリにおいしくなるんです。

また、スナック菓子やおせんべいだけでなく、よく湿気やすい海苔もパリッと乾燥させることができてとてもよいですね。

パナソニックNB-DT51は120℃~260℃の温度調節で予熱不要で加熱できる!

このように、オートキーのボタンを押すだけで簡単にいろいろできちゃうので、ほとんどこれだけでも十分なような気もしますが、パナソニックNB-DT51は、120℃~260℃まで8段階の温度調節ができるオーブン機能まで付いているんですね。

ですから、自分で温度と時間を設定すれば、グラタンなどのオーブン料理やホイル焼き、さらにケーキやクッキー、マフィンなどのお菓子作りも簡単にすることができます。

予熱をする必要がなく、すぐに加熱することができるのでとても便利で使い勝手がよいですね。

パナソニックNB-DT51はコンパクトサイズだから一人暮らしにも最適!

パナソニックNB-DT51は、コンパクトオーブンと言うだけあって、本体サイズが、33.1cm×30.5cm×26.3cmとコンパクトサイズなので、キッチンの置き場所にも困らなくてよいですね。

食パンは同時に2枚焼けますし、直径22cmくらいのピザも焼くことができるので、一人暮らしの方や夫婦2人暮らしという方には十分なのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51のレビューや評価、特徴や性能などを見てきましたが、「遠近赤外線ダブル加熱」でトーストがとてもおいしく焼き上がりますし、7つのオートキーが本当に便利で使い勝手がとてもよいですね。

また、「ドライ機能」は、他のオーブントースターには付いていない機能なので、ポテトチップスやおせんべいをパリッとさせたいという方は、一度このパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51を試してみるとよいかもしれませんね。

Amazonパナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の詳細をAmazonで見る

楽天市場パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51の楽天での最安値を見る