象印 こんがり倶楽部 ET-GM30のレビューや評判は?焼き芋やケーキも焼ける?

トースト3 キッチン家電

オーブントースターなんて、3,000円くらいのもので十分でしょと思っている方も多いかもしれませんね。

でも、最近では、絶品のトーストが焼ける!というちょっと高価なオーブントースターが人気があって、その中でも、サクふわトーストが素晴らしすぎる!と大好評なのが、「象印 こんがり倶楽部 ET-GM30」なんですね。

この「象印 こんがり倶楽部 ET-GM30」は、価格が10,000円前後になっていて、ものすごく高価なオーブントースターというわけではないので、おいしいトーストを食べたい!という方に、コスパがよいと大人気なんですね。

そこで、今回は、この「象印 こんがり倶楽部 ET-GM30」のレビューや評判、特徴や性能など気になる点についてまとめてみました。

こんがり倶楽部ET-GM30はサクふわの絶品トーストが焼ける!

こんがり倶楽部ET-GM30の最大の特徴は、「サクふわトースト」コースが搭載されている点なんですね。

これまでは、おいしいトーストを焼くためには、最大温度で短時間で一気に焼き上げることにより、パンの内部に水分を残しつつ、表面はサクッとした食感に仕上げるというものだったんですが、

この「サクふわトースト」機能では、最大温度で焼き始めて、途中でパンの表面に焦げ目がつかない程度の中温で焼くことにより、サクッとした食感に焼ける層の厚みを増やし、最後に一気に火力を上げて、最大温度で表面にこんがりと焼き色をつけて焼き上げることにより、表面はサクッと、中はふわっとした食感の「サクふわトースト」に仕上げることができるようになったんですね。

この「サクふわトースト」が本当にスゴいんですね。毎朝、サクふわ~の絶品トーストを食べることができるので、朝の時間がとても待ち遠しくなります。トースト好きな方には至福のときを味わえて、もう本当に言うことなしですね^^

ただ、この「サクふわトースト」は中温で焼く時間が含まれるために、トーストが焼き上がるまで4分ほど時間がかかり、従来のトーストの焼き時間2分半に比べると、時間がかかるんですね。

ですから、朝の忙しい時間にこの1分半が惜しいという方は、この「サクふわトースト」ではなく、通常の「トースト」コースも搭載されているので、そちらのメニューを利用するとよいかもしれません。

こんがり倶楽部ET-GM30はマイコン制御で自動で温度と時間を管理するので失敗なし!

こんがり倶楽部ET-GM30は、「トースト」「冷凍トースト」「サクふわトースト」「ピザ」「冷凍ピザ」「ロールパンあたため」「フライあたため」の7つのマイコン自動コースが搭載されていて、ワンタッチで温度を自動調節してくれるので、失敗することがなくとてもよいですね。

火加減の難しい冷凍トーストも絶品に!

トースト」「冷凍トースト」「サクふわトースト」は、マイコン自動コースで、自分好みの焼き色に自動調節することができるのでとても便利ですね。

本体の上部に遠赤2本、下部に3本、合計5本のヒーターを搭載していて、1,300Wで焼き上げるので、焼きムラもなく、こんがりとおいしく焼き上がります。

マイコン制御で温度を自動調節してくれるので、ちょっと目を離した隙にトーストが焦げてしまったという失敗をすることがなく、いつも同じ焼き具合になるのでとてもよいですね。

また、最近では、食パンを冷凍保存しているという方も多いかと思いますが、この「冷凍トースト」機能を使えば、ボタンを押すだけで、自動で温度の調節をしてくれるので、火加減の難しい冷凍トーストも、サクふわっと、いつも同じ焼き具合においしく焼き上げることができてとてもよいですね。

冷凍ピザコースがとても便利!

冷凍ピザ」コースが、市販の冷凍ピザを焼くのにとても便利なんですね。

こんがり倶楽部ET-GM30では、25cmのピザを丸ごと焼くことができるので、マイコン自動コースの「冷凍ピザ」のボタンを押すだけで、市販の冷凍ピザも失敗することなく、こんがりとろ~りとおいしく焼き上げることができてとてもよいですね。

ロールパンあたためでサクッとふんわり!

普通のトースターでロールパンやクロワッサンを温めようとすると、表面だけ焦げてしまって、パンの中までしっかりと温まっていないことが多いですよね。

でも、こんがり倶楽部ET-GM30の「ロールパンあたため」コースでクロワッサンを温めてみると、表面が焦げることなく、サクッとした食感で、中もしっかりと温まって、焼き立てのようにふんわりと仕上がりとてもおいしくなるんです。バターロールもとてもおいしく温まります。

フライあたためでカリッとふっくら揚げ立てのように!

天ぷらなどの揚げ物も、こんがり倶楽部ET-GM30の「フライあたため」コースで温め直すと、カリッとふんわり揚げ立てのようにおいしく仕上がります。

こんがり倶楽部ET-GM30はビッグ&ワイド庫内でトーストを同時に4枚焼ける!

こんがり倶楽部ET-GM30は、奥行29.5cmの「ビッグ&ワイド庫内」なので、トーストを同時に4枚焼くことができるんですね。

朝の忙しい時間に、トーストを同時に4枚焼けるというのはとても重宝しますよね。

また、直径25cmのピザを丸ごと焼くことができますし、グラタン皿も3つまで焼くことができるのでとてもよいですね。

こんがり倶楽部ET-GM30は80℃~高温250℃の温度調節とタイマーで焼き芋やケーキも簡単!

こんがり倶楽部ET-GM30は、80℃~高温250℃まで10℃刻みで温度調節をすることができ、最大30分のロングタイマー機能も付いているので、いろいろな料理を作ることができてとても便利ですね。

グラタンなどのオーブン料理はもちろんのこと、ケーキやクッキーなどのお菓子作りも簡単にできますし、焼き芋やお餅も簡単においしく焼くことができてとてもよいですね。

こんがり倶楽部ET-GM30は手づくりパンコース搭載でバターロールも簡単!

こんがり倶楽部ET-GM30には、手づくりパンコースが搭載されていて、パンの2次発酵からパンの焼き上げまで簡単にすることができるので、自宅で手軽にバターロールやチョコパンを作ることができます。

こんがり倶楽部ET-GM30はガラス扉も外せるからお掃除も簡単!

オーブントースターは、頻繁に使うものなので、お掃除が面倒だと大変ですよね。

でも、こんがり倶楽部ET-GM30は、パンくずトレイを簡単に引き出すことができてお手入れも簡単ですし、何よりも、前面のガラス扉を外して丸洗いすることができるので、いつも清潔に保つことができてとてもよいですね。

象印こんがり倶楽部ET-GM30とタイガーKAS-G130の違いを比較してみました
最近では、いろいろな機能が付いたオーブントースターが大人気なんですが、種類が多くて、どれを選んだらよいのかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、その中でも人気の象印こんがり倶楽部ET-GM30とタイガーKAS-G130の違いを比較してみました。

まとめ

というわけで、象印 こんがり倶楽部 ET-GM30のレビューや評判、特徴や性能などを見てきましたが、「サクふわトースト」コースが秀逸ですね。

そして、この価格で、サクふわトーストを味わうことができるだけでなく、ビッグ&ワイド庫内で同時に食パンを4枚焼くことができますし、25cmのピザも丸ごと焼くことができますし、便利なマイコン自動コース搭載で、ボタンを押すだけで失敗することなく、いつもおいしい仕上がりになる点もとても便利でよいですね。

トーストが大好きで、ぜひサクふわトーストを食べてみたいという方は、一度この象印 こんがり倶楽部 ET-GM30を試してみるとよいかもしれませんね。