ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋の違いを比較 圧力調理できる?かき混ぜ機能ある?スマホ連携機能ある?お手入れは?

アイキャッチ キッチン家電

ヘルシオ ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いを比較してみました。

ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4には、

1.圧力調理ができるか?
2.自動かき混ぜ機能があるか?
3.低温・発酵調理の温度調節や時間設定の違い
4.スマホ連携機能があるか?
5.サイズ・重さ・容量の違い
6.お手入れのしやすさの違い
7.価格に違い

という7つの違いがあるんですね。

ここで、大まかな違いを見てみると、

それでは、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4、どっちがおすすめかと言うと、

・圧力調理はできなくてもよい
・自動でかき混ぜでくれる方がよい
・なるべく調理の手間を省きたい
・低温・発酵調理の温度を1℃単位で設定したい
・スマホ連携機能がある方がよい
・レシピが増える方がよい
・パーツを食洗機で洗える方がよい

このように考えている方には、ホットクック KN-HW24Gがおすすめです。

・圧力調理で時短調理をしたい
・煮込み料理をおいしく作りたい
・低温・発酵調理の温度は5℃単位で設定できればよい
・スマホ連携機能はなくてもよい
・パーツを食洗機で洗えなくても大丈夫
・価格が安い方がよい

このように考えている方には、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4がおすすめです。

今回は、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の7つの違いや共通する機能や特徴について詳しくレビューしてみました。

比較1 圧力調理ができるか?

比較1 圧力調理ができるか?

ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとしてまず挙げられるのが、圧力調理ができるかという点なんですね。

この点、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4は圧力調理をすることができるんですね。

圧力をかけて高温で加熱することができるので、普通の鍋よりも短時間で調理することができ、時短調理をすることができるんですよね。

例えば、牛すじの煮込みを作るときの調理時間は、

・普通の鍋:2時間45分
・アイリスオーヤマ PMPC-MA4:1時間

となり、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4では、調理時間を約60%もカットすることができるんですね。

これに対して、ホットクック KN-HW24Gは圧力鍋ではないので、圧力調理をすることができないんですよね。

ホットクックは自動調理鍋で、調理の手間を省くことで時短調理を目指すもので、そもそも電気圧力鍋とは調理方法が異なるんですね。

とはいえ、ホットクック KN-HW24Gで牛すじの煮込みを作ってみると、調理時間は1時間30分となるんですよね。

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4よりは時間がかかりますが、普通の鍋で作るよりも圧倒的に時短調理になるんですね。

このように、 ホットクック KN-HW24Gでは圧力調理をすることはできないのですが、いろんな料理をかなり時短調理することができるんですよね。

実は時短効果はホットクックの勝ち!?

ここで、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の調理時間を比較してみました。

ホットクック KN-HW24G アイリスオーヤマ PMPC-MA4
豚の角煮 1時間30分 1時間
肉じゃが 35分 59分
さんまの甘露煮 2時間30分 1時間15分
さばのみそ煮 25分 55分
ぶり大根 40分 55分
かぼちゃの煮物 20分 51分
筑前煮 35分 1時間
カレー 45分 1時間5分
クリームシチュー 45分 58分
黒豆 3時間 1時間5分

ホットクック KN-HW24Gで豚の角煮を作る場合には、油抜きの工程があるので若干時間がかかるんですよね。

とはいえ、それ以外の料理では、食材を切って鍋に入れてボタンを押したらあとはほったらかしで調理してくれるので、ほんとに手間がかからず楽チンなんですね。

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4では、肉じゃが・カレー・シチューなど、圧力調理終了後に蓋を開けたまま、「手動メニュー」⇒「なべモード」⇒「火力5」を選択し、ひと煮立ちさせるという工程が必要になる料理も多いんですよね。

調理開始のボタンを押してからすべてほったらかしで調理が完了するというわけではないので、その点ちょっと手間がかかるかなという感じがしますね。

こうしてみると、ホットクック KN-HW24Gは圧力調理はできないのですが、それにもかかわらずかなり時短調理ができるんですよね。

とはいえ、さんまの甘露煮や黒豆は、さすがに圧力調理ができるアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の方が調理時間が圧倒的に短くて済みますね^^

このように、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4は圧力調理ができるとは言うものも、それほど時短調理にならないのかなという感じなんですよね。

この点、同じ電気圧力鍋であるクックフォーミーの方が時短効果が高いので、圧力調理で時短調理をしたいという方は、クックフォーミーを選んでみるとよいかもしれませんね。

クックフォーミー エクスプレス CY8521JPの調理時間は、

・豚の角煮:30分
・肉じゃが:20分

ということで、かなり時短効果が高いんですよね。

クックフォーミーはいらない!? 6つのデメリットや不満 失敗?後悔?置き場所に困る?お手入れ面倒?吹きこぼれ掃除?予約調理できない?
クックフォーミー エクスプレスには、サイズが大きくて置き場所に困る・パーツが多くてお手入れが面倒・蒸気の噴出や吹きこぼれに要注意・予約調理できない・意外に調理時間がかかる・価格が高いという6つのデメリットがあるんですね。でも、それよりもたくさんの魅力的なメリットがあるんですよね。

比較2 自動かき混ぜ機能があるか?

比較2 自動かき混ぜ機能があるか?

次に、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、かき混ぜ機能があるかという点が挙げられますね。

この点、ホットクック KN-HW24Gは自動かき混ぜ機能を搭載しているんですよね。

ホットクックの「まぜ技ユニット」は、調理の途中で加熱の進行に合わせて自動で食材をかき混ぜてくれるので、焦げつきを防ぎ、少なめの調味料でも中までしっかり味をしみ込ませることができるんですね。

また、この「まぜ技ユニット」は、ただ適当にワシャワシャとかき混ぜるというわけではなくて、作る料理によってそれぞれ的確な混ぜ方をしてくれるんですよね。

そして、新型のホットクック KN-HW24Gでは、この「まぜ技ユニット」が進化して、最大回転スピードが約2倍にアップしたので、ホイップクリームやアイスクリームなどの泡立てる調理も簡単にできるようになったんですよね。

これで、お菓子作りもさらに簡単になりますよ~

また、この「まぜ技ユニット」によるかき混ぜ機能は、これまでは加熱時のみに活用されていたのですが、新モデルでは、加熱前後の準備や仕上げの段階でも活用されるようになったんですね。

これにより、食材をつぶしたり卵を溶きほぐしたりする作業もできるようになって、ホットクックで調理できる範囲が広がったので、より一層ほったらかしで調理することができるようになったんですよね。

とくに、ポテトサラダやポテトコロッケの具をほったらかしで調理できるというのが本当に便利なんですよ~

ポテトサラダやポテトコロッケって、それほど手が込んでいなくて簡単な料理のように思われがちなんですが、実際に作ってみると、かなり面倒くさい料理なんですよね。

それが、このまぜ技ユニットで、とくに面倒くさい「じゃがいもをつぶす」作業を自動でやってくれるので、本当に楽に料理を作れちゃうんですね。

これは本当に助かるんですよね。

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4では自動かき混ぜ機能は搭載されていないんですね。

ですから、カレーを作るときには、具材をセットして圧力調理をした後、蓋を開けて細かく砕いておいたカレールーを入れて手動で混ぜ溶かす必要があるんですよね。

そして、その後に、蓋を開けたまま、「手動メニュー」⇒「なべモード」⇒「火力5」で全体にとろみがつくまで加熱する必要もあるんですね。

この点、ホットクック KN-HW24Gでは、最初から具材とカレールーを一緒に入れてボタンを押すだけで、あとはできあがるのを待つだけなんですね。

そして、具材が煮崩れしないように、「まぜ技ユニット」が適度な力でかき混ぜてくれるので、じゃがいもも煮崩れせずにホクホクとおいしく仕上がるんですね。

このように、ほったらかしで自動でかき混ぜまでしてくれる方がいいなと思う方は、ホットクック KN-HW24Gを選んでみるとよいかもしれませんね。

比較3 低温・発酵調理の温度調節や時間設定の違い

比較3 低温・発酵調理の温度調節や時間設定の違い

また、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、低温・発酵調理の時間・温度設定の違いが挙げられますね。

ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4はどちらも低温・発酵調理をすることができるのですが、その温度調節や時間設定に違いがあるんですね。

型番 ホットクック KN-HW24G アイリスオーヤマ PMPC-MA4
温度調節 35~90℃ 35~65℃まで1℃単位 30~70℃の間で5℃単位
65~90℃まで5℃単位
時間設定 16時間まで 1時間まで1分単位 14時間まで 1~10分まで1分単位
10~30分まで5分単位
以降1時間単位 30分~1時間まで10分単位
1時間~14時間まで30分単位

この点、ホットクック KN-HW24Gは、35~65℃まで1℃単位で設定できるので、細かい温度設定をして低温・発酵調理をしたいという方にはとても便利なんですよね。

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4は、30~70℃まで5℃単位で設定できるんですね。

他の電気圧力鍋では細かい温度設定ができないものも多いので、これでもかなり高機能と言えるんですよね。

そして、代表的な低温・発酵調理メニューは、

・ローストビーフ
・とりハム
・ヨーグルト
・甘酒
・塩麴
・温泉卵

など、自動調理メニューになっていて自動で温度や時間を設定してくれるので、それほど細かい温度設定にこだわらないという場合には、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4でも十分な機能を備えていると言えるかもしれませんね。

とはいえ、やはり1℃単位で細かい温度設定をしたいという場合はホットクック KN-HW24Gを選んだ方がよいですね。

また、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4では70℃までしか温度設定できないので、それ以上の温度設定ができないのが不便だなと感じる方もいるかもしれませんね。

この点は、低温・発酵調理メニューではなく、温度調理メニューを選ぶと、70~100℃まで5℃単位で温度設定をすることができるので、そちらのメニューを活用してみるとよいかもしれませんね。

比較4 スマホ連携機能があるか?

比較4 スマホ連携機能があるか?

そして、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、スマホ連携機能があるかという点が挙げられますね。

この点、ホットクック KN-HW24Gではスマホ連携機能があるんですよね。

Wi-Fiルーター経由でクラウドサービス『COCORO KITCHEN』に繋ぐと、本体に搭載されているメニューのほかにも、「COCORO KITCHEN レシピサービス」から新しいメニューをダウンロードすることができるんですね。

「COCORO KITCHEN レシピサービス」からレシピを選んでホットクックに送信すれば、あとは、材料を入れてボタンを押すだけでほったらかしで調理することができるんですよね。

本体に搭載されているメニューだけでなく、新しいメニューをどんどん追加することができるのはうれしいですね^^

また、外出先から予約調理の時間を変更することもできるんですね。

帰宅時間が予定よりも遅くなってしまったというときに便利な機能なんですよね。

そして、レシピを決めたら、そのレシピに使う材料から簡単に買い物リストを作成することができるので、必要なものだけさっと買うことができるんですね。

効率的に買い物をすることができるので、買い物も時間も短縮することができるんですよね。

このほかにも便利な機能がたくさんあるので本当に助かるんですよ~

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4ではスマホ連携機能がないんですよね。

とはいえ、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4はかなりお手頃価格で購入することができるので、これらの便利機能まで要求するのはちょっと酷かなという感じはしますねw

比較5 サイズ・重さ・容量の違い

比較5 サイズ・重さ・容量の違い

さらに、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、サイズ・重さ・容量の違いという点も挙げられますね。

型番 ホットクック KN-HW24G アイリスオーヤマ PMPC-MA4
サイズ 幅34.5×奥行30.5×高さ25.6cm 幅32.0×奥行33.4×高さ23.2cm
重さ 5.8㎏ 4.5㎏
調理容量 2.4L(満水容量4.7L) 2.6L(満水容量4.0L)

ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ PMPC-MA4、どちらもかなりサイズが大きいので、購入前にキッチンの置き場所を確保しておいた方がよいですね。

アイデア次第でいろんな場所に置くことができるので、ご自分のキッチンを見回して置き場所を探してみるとよいのではないでしょうか。

ホットクックの置き場所はどこがいい?キッチンボード?ワゴン?コンロの上?調理台?蒸気は大丈夫?容量別サイズや重さも比較
ホットクックの置き場所として、1.キッチンの棚・キッチンボード 2.キッチンワゴン・ラック 3.調理台 4.キッチンカウンター 5.IH・コンロの上 6.収納棚の中などに置いているという方が多いんですね。今回は、ホットクックの置き場所ごとのメリットとデメリット、ホットクックの置き場所で気を付けること、ホットクックの容量別のサイズや重さの比較などについて詳しくレビューしてみました。

それでも、どうしても置き場所を確保することができないという方は、これよりも小さいサイズのものを選んでみるという選択肢もありますね。

型番 ホットクック KN-HW16G ホットクック KN-HW10G アイリスオーヤマ PMPC-MA2
サイズ 幅33.0×奥行28.2×高さ24.0cm 幅22.0×奥行30.5×高さ24.0cm 幅28.2×奥行28.6×高さ21.3cm
重さ 5.0㎏ 3.7㎏ 3.6㎏
調理容量 1.6L(満水容量3.4L) 1.0L(満水容量2.0L) 1.4L(満水容量2.2L)

比較6 お手入れのしやすさの違い

比較6 お手入れのしやすさの違い

また、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、お手入れのしやすさの違いという点も挙げられますね。

この点、ホットクックを使用した後の洗い物のパーツは、

・内鍋
・内蓋
・つゆ受け
・蒸気口カバー
・まぜ技ユニット
・蒸しトレイ

6つになります。

ただし、

・まぜ技ユニット
・蒸しトレイ

この2つのパーツは、使用したときだけ洗えばOKです。

また、内鍋以外のパーツは、食洗機で洗っても大丈夫なので、食洗機を使える場合には、それほど面倒ではないかもしれませんね。

そして、食洗機を使用できなくても、内蓋・つゆ受け・蒸気口カバーの3つのパーツは、それほど汚れないので、ササッと水洗いするだけでも大丈夫なので、そんなに面倒なこともありません。

内鍋は手洗いする必要があるのですが、フッ素コーティング加工が施されているので、食材がこびりつきにくく洗いやすくなっているので助かるんですよね。

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の洗い物のパーツは、

・内鍋
・ふた
・ふたパッキン
・蒸気水受け
・おもり
・調圧弁
・調圧弁キャップ
・圧力表示ピン
・蒸しプレート
・ガラスふた

10個になるんですね。

ただし、

・蒸しプレート
・ガラスふた

この2つのパーツは、使用したときだけ洗えばOKです。

とはいえ、細かいパーツのお手入れが必要ですし、食洗機で洗うこともできないので、ちょっと面倒だなと感じる方もいるかもしれませんね。

とはいえ、それぞれのパーツを洗う手間はそれほどかからないので、慣れれば大丈夫ですよ。

そして、ニオイの強い料理を作ったときは、お手入れモードで30分間煮沸洗浄することができるので、ニオイも気にならなくなってとてもよいですね。

比較7 価格の違い

比較7 価格の違い

そして、ホットクック KN-HW24Gアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いとして、価格の違いという点も挙げられますね。

2022年6月6日現在、Amazonでの価格は、

ホットクック KN-HW24G-R(レッド) 62,900円
ホットクック KN-HW24G-W(ホワイト) 61,380円
アイリスオーヤマ PMPC-MA4 17,800円

となっています。

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4は、電気圧力鍋の中では圧倒的に価格が安いんですよね。

それにもかかわらず、1台7役の高機能なので、コスパも最高なんですね^^

ですから、はじめて電気圧力鍋を購入するという方におすすめなんですよね。

これに対して、ホットクックは価格が高いので購入をあきらめるという方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、旧型のホットクック KN-HW24Fの購入を検討してみるとよいかもしれませんね。

ホットクック KN-HW24Fもスマホ連携機能を搭載していますし、ホットクック KN-HW24Gと機能的にそれほど違いがないので、旧モデルでも十分という方は、少し価格が安い旧モデルのKN-HW24Fを購入するというのもアリかと思います。

ホットクック KN-HW24GとKN-HW24Fの違い 最新機種を比較 サイズが違う?まぜ技ユニットが進化?2段同時調理できる?
ホットクック KN-HW24GとKN-HW24Fには、1. サイズの違い 横幅がコンパクトに♪ 2. まぜ技ユニットの進化 ポテトサラダもほったらかしに♪ 3. 2段同時調理できるか? 4. 価格の違いという4つの違いがあるんですね。今回は、ホットクック KN-HW24GとKN-HW24Fの4つの違いや2つの新機能、共通する機能や特徴について詳しくレビューしてみました。

ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋の共通点は?

ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋の共通点は?

このように、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4には7つの違いがあるのですが、同じ電気調理鍋ということで共通点も多いんですね。

・自動調理ができる
・予約調理ができる
・無水調理ができる
・蒸し調理ができる
・低温・発酵調理ができる
・手動調理も簡単

というように、どちらも電気調理鍋の便利な機能を備えていると言えるんですよね。

ただ、ホットクック KN-HW24Gは無水自動調理鍋というのが大きな特長なので、無水調理で作る料理では野菜など素材の旨みが凝縮しておいしく仕上がるんですね。

これに対して、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4は圧力調理が得意なので、大きめに切った野菜などの食材もやわらかくおいしく仕上がり煮込み料理に最適なんですよね。

また、一般的な電気圧力鍋では、予約調理・無水調理・低温調理をできないものも多いので、それらのすべてをすることができるアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4はかなり使い勝手がよいものとなっているんですね。

ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 どっちがおすすめ?

ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 どっちがおすすめ?

それでは、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4、どっちを選んだらよいのでしょうか。

上記のホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の共通点を踏まえたうえで、

・圧力調理はできなくてもよい
・自動でかき混ぜでくれる方がよい
・なるべく調理の手間を省きたい
・低温・発酵調理の温度を1℃単位で設定したい
・スマホ連携機能がある方がよい
・レシピが増える方がよい
・パーツを食洗機で洗える方がよい

このように思っている方には、ホットクック KN-HW24Gがおすすめです。

・圧力調理で時短調理をしたい
・煮込み料理をおいしく作りたい
・低温・発酵調理の温度は5℃単位で設定できればよい
・スマホ連携機能はなくてもよい
・パーツを食洗機で洗えなくても大丈夫
・価格が安い方がよい

このように思っている方には、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4がおすすめです。

ホットクック使わなくなった!?買って後悔!?いらない!? 7つのデメリット レシピまずい?炒め物苦手?時短にならない?置き場所困る?
ヘルシオ ホットクックには、付属レシピがまずい・サイズが大きくて置き場所に困る・炒め物料理が苦手・意外と時短にならない・サイズ選びが難しい・お手入れが面倒くさい・価格が高いという7つのデメリットがあるんですね。でも、それよりも、魅力的なメリットがたくさんあるんですよね。
アイリスオーヤマ 電気圧力鍋のデメリット めんどくさい!?調理に時間かかる!?排気密封が手動!?炒め調理必要!?お手入れ面倒!?
アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 4L PMPC-MA4には、意外と調理に時間がかかり時短にならない・排気や密封を手動で行う必要がある・炒め調理が必要なレシピがある・細かいパーツのお手入れが面倒・スイーツのレシピが少ないという5つのデメリットがあるんですね。

【知らないと損する!?】Amazonでホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋を安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、ホットクックとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋をよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4の違いを比較してみました。

ホットクック KN-HW24Gとアイリスオーヤマ PMPC-MA4には、

1.圧力調理ができるか?
2.自動かき混ぜ機能があるか?
3.低温・発酵調理の温度調節や時間設定の違い
4.スマホ連携機能があるか?
5.サイズ・重さ・容量の違い
6.お手入れのしやすさの違い
7.価格に違い

という7つの違いがあるのですが、

同じ電気調理鍋ということで、

・自動調理ができる
・予約調理ができる
・無水調理ができる
・蒸し調理ができる
・低温・発酵調理ができる
・手動調理も簡単

という共通する機能や特徴があるんですね。

これらを踏まえたうえで、どっちを選んだらよいかと言うと、

・圧力調理はできなくてもよい
・自動でかき混ぜでくれる方がよい
・なるべく調理の手間を省きたい
・低温・発酵調理の温度を1℃単位で設定したい
・スマホ連携機能がある方がよい
・レシピが増える方がよい
・パーツを食洗機で洗える方がよい

というように、なるべく調理の手間を省いてほったらかしで料理を作りたいと思っている方は、ホットクック KN-HW24Gを選んだ方がよいですね。

・圧力調理で時短調理をしたい
・煮込み料理をおいしく作りたい
・低温・発酵調理の温度は5℃単位で設定できればよい
・スマホ連携機能はなくてもよい
・パーツを食洗機で洗えなくても大丈夫
・価格が安い方がよい

というように、一通りの機能を備えていてコスパがよい電気調理鍋を探しているという方は、アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PMPC-MA4を選んだ方がよいですね。

タイトルとURLをコピーしました