ホットクックと象印電気圧力鍋煮込み自慢EL-MB30の違いを比較してみました!

豚の角煮 キッチン家電

最近では、ほったらかしで調理ができる!と自動調理鍋が大人気なんですね。

その中でも人気なのが、「シャープ ヘルシオ ホットクック」と「象印 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30」なのですが、この2つのうち、どちらを購入したらよいのかと悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、この人気の自動調理鍋「シャープ ヘルシオ ホットクック」と「象印 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30」の違いを比較してみました。

Amazonシャープ ヘルシオ ホットクックの詳細をAmazonで見る

楽天市場シャープ ヘルシオ ホットクックの楽天での最安値を見る

Amazon象印 煮込み自慢 EL-MB30の詳細をAmazonで見る

楽天市場象印 煮込み自慢 EL-MB30の楽天での最安値を見る

ホットクックと象印煮込み自慢の違いその1 無水自動調理鍋 or 電気圧力鍋

まず、「シャープ ヘルシオ ホットクック」と「象印 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30」の一番の違いは、ホットクックは無水自動調理鍋で、象印煮込み自慢は電気圧力鍋というところなのではないでしょうか。

基本的に、ホットクックは、水を加えないで自動調理する鍋というコンセプトの基に、食材の栄養素と旨みをギュッと閉じこめて、ヘルシーでおいしい料理を自動調理することができるというものなんですね。

これに対して、象印煮込み自慢は、象印独自の圧力調理方法「可変圧力」「一定圧力」を使い分けて、具材をやわらかく煮込み、具材をかき混ぜなくても中までしっかりと味を染み込ませ、煮崩れしない煮物や煮込み料理を誰でも簡単に自動調理することができるというものなんです。

ですから、ホットクックと象印煮込み自慢の最大の違いは、「圧力調理」をするか否かという点になりますね。

そして、ホットクックと象印煮込み自慢の共通点としては、

・プリセットメニューで自動調理ができる
・無水調理ができる
・予約調理ができる
・低温調理ができる

というものがありますね。

一般的に、電気圧力鍋と言うと、「無水調理」「予約調理」「低温調理」機能を搭載していないものが多いのですが、象印煮込み自慢 EL-MB30は、これらの機能を搭載しているので、この点では、ホットクックとあまり違いがないと言えるかもしれません。

煮物や煮込み料理は象印煮込み自慢の方がおいしい!

このように、機能面から見ると、ホットクックと象印煮込み自慢は、圧力調理をするか否かという点を除けば、それほど違いはないのですが、

実際に、肉じゃが、豚バラ大根の煮物、かぼちゃの煮物、たこの煮物などの料理を作ってみると、象印煮込み自慢の方が、やはり、「煮込み自慢」と言うだけあって、じゃがいもはホクホクで食感もよく、大根はトロトロで味の染み込み具合もよく、おいしく仕上がる感じがします。

ただ、この点は、感じ方に個人差がありますので、絶対にそうだ!とは言い切れませんが・・・

ホットクックと象印煮込み自慢の違いその2 かき混ぜ機能があるか?

また、「シャープ ヘルシオ ホットクック」と「象印 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30」の違いで大きいのが、かき混ぜ機能が付いているかどうかということではないでしょうか。

ホットクックの大きな特徴として、調理するメニューに合わせて、最適なタイミングで自動で具材をかき混ぜる「まぜ技ユニット」というものが搭載されているんですね。

具材に均一に味がなじむように、調理の途中で、鍋の蓋を開けてかき混ぜるのが面倒だなと思う方にとっては、それを絶妙のタイミングで自動でやってくれるというこの機能はとても便利ですよね。

とは言え、象印煮込み自慢も、「可変圧力」で、圧力をかけてから一気に圧力を抜くことによって、鍋の中で大きな対流を起こし、落としぶたをしたり、具材をかき混ぜなくても、具材に出汁をかけながら調理するのと同様の効果を実現することができるので、調理の途中でかき混ぜなくても具材にしっかりと味を染み込ませることができるんですね。

ですから、具材に味を染み込ませるという点では、それほど違いがないとも言えるかもしれませんね。

ただ、カレーなどのルーを入れて調理をした場合に、象印煮込み自慢だと、小さなルーの塊が残ってしまうことがあります。まぁ、その後で、軽くかき混ぜてあげればとくに問題はないのですが、それすら面倒だという方は、自動でかき混ぜてくれるホットクックの方が楽だと感じるかもしれません。

ホットクックと象印煮込み自慢の違いその3 大きさやサイズ、容量、重さは?

さて、ここで、いよいよ自動調理鍋を購入するということになった場合に、意外にも考慮すべき重要なことが、大きさやサイズ、容量、重さなんですね。

実際にお店で自動調理鍋を見てみるとわかると思いますが、ホットクックも象印煮込み自慢も、どちらも結構大きいですし、重いんですね。

ホットクックの容量は、1.6Lと2.4Lのものがあります。家族が多くて、1.6Lだと量が少ないなと思う方は、2.4Lのものを選んだ方がよいかもしれませんね。

これに対して、象印煮込み自慢 EL-MB30の容量は、1.5Lとなっています。4人家族の方の中には、ちょっと量が少ないなと感じる方もいるかもしれません。

また、ホットクック1.6Lのサイズは、幅36.4×奥行28×高さ22.4cmで、重さが5.2kg、2.4Lのサイズは、幅39.5×奥行30.5×高さ24.9cmで、重さが6.5kgとなっています。

これに対して、象印煮込み自慢 EL-MB30のサイズは、幅29.0×奥行37.5×高さ25.0cmで、重さが7.0kgとなっています。

これらの点を考慮してみると、象印煮込み自慢 EL-MB30の方は、奥行きが結構あるので、棚に収納するという場合には、かなり奥行きのある棚でないと収納することができないかもしれませんし、使用する度に、電気圧力鍋を出し入れするという場合には、7.0kgという重さも考慮した方がよいですね。

比較的キッチンが広くて置く場所に困らないという場合は問題ありませんが、置く場所が限られているという場合には、このサイズや重さも考慮した方がよいでしょう。

ホットクックと象印煮込み自慢の違いその4 熱源は?消費電力は?

そして、ホットクックと象印煮込み自慢は、その熱源や消費電力にも違いがあります。

ホットクックの熱源は、ホットクック内の底にあるヒーターで内鍋を加熱する方式で、消費電力は、1.6Lのもので600W、2.4Lのもので800Wとなっています。

これに対して、象印煮込み自慢 EL-MB30の熱源は、IH式で内鍋自体を発熱させる方式で、消費電力は、1200Wとなっています。

ですから、象印煮込み自慢 EL-MB30の方が、炊飯器や電子レンジなどの他のキッチン家電と併用すると、ブレーカーが落ちてしまう可能性があるので、注意が必要かもしれません。

ホットクックと象印煮込み自慢の違いその5 内鍋ごと冷蔵庫に保存できるか?

また、ちょっとしたことかもしれませんが、ホットクックには、保存に便利な専用の蓋が付属しているので、料理が残った場合に、保存専用の蓋をして内鍋ごと冷蔵庫に保存することができます。

そして、この「保存専用ふた」は、持ち手部分が平らに設計されていて、密閉容器など他の容器を上に重ねることができるので、スッキリと冷蔵庫に収納することができて便利ですね。

まとめ

というわけで、「シャープ ヘルシオ ホットクック」と「象印 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30」の違いを見てきましたが、

・圧力調理をしたい場合には、象印煮込み自慢 EL-MB30の方がよい。
・煮物や煮込み料理は、どちらかと言うと、象印煮込み自慢 EL-MB30の方がおいしい。
・自動で具材をかき混ぜてほしい場合には、ホットクックの方がよい。
・容量を比較すると、ホットクックは1.6Lと2.4L。象印煮込み自慢は1.5L。
・サイズを比較すると、象印煮込み自慢 EL-MB30は、奥行が37.5cmと大きい。
・重さを比較すると、ホットクックは5.2kgと6.5kg。象印煮込み自慢は7.0kg。
・消費電力を比較すると、ホットクックは600Wと800W。象印煮込み自慢は1200W。
・ホットクックは、保存専用の蓋をすれば内鍋ごと冷蔵庫に保存できる。

ということを考慮して、ご自分に合った自動調理鍋を選ぶようにするとよいのではないでしょうか。

Amazonシャープ ヘルシオ ホットクックの詳細をAmazonで見る

楽天市場シャープ ヘルシオ ホットクックの楽天での最安値を見る

Amazon象印 煮込み自慢 EL-MB30の詳細をAmazonで見る

楽天市場象印 煮込み自慢 EL-MB30の楽天での最安値を見る