象印 オーブントースター EQ-JA22とET-GM30の違いを比較

アイキャッチ キッチン家電

表面がサクッと中がふわっとおいしいトーストが焼ける!と、象印 オーブントースター こんがり倶楽部が大人気なんですね。

とはいえ、この象印 オーブントースター こんがり倶楽部にもいくつか種類があって、その中でも、EQ-JA22とET-GM30の違いがよくわからない・・・と思っている方も多いかもしれませんね。

そこで、今回は、この象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いを比較してみました。

象印 EQ-JA22とET-GM30の違い1 サイズや重さは?

サイズや重さは?

象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いとして、まず挙げられるのが、そのサイズや重さですね。

EQ-JA22 ET-GM30
外形寸法 幅33.5×奥行29.0×高さ26.0cm 幅39.5×奥行34.5×高さ22.5cm
庫内寸法 幅27.0×奥行23.5×高さ11.0cm 幅27.0×奥行29.5×高さ9.0cm
トレー内寸 25.5×20.0cm 25.5×25.5cm
重さ 4.7㎏ 5.0㎏

EQ-JA22の方が、高さは外形寸法が3.5cm、庫内寸法が2.0cm大きいですが、ET-GM30の方が、外形寸法が幅6.0cm・奥行5.5cm、庫内寸法が奥行6cmほど大きくなっていますね。

ですから、キッチンに置くときは、ET-GM30方が幅6.0cm・奥行5.5cmほど大きくなるので、その分のスペースを確保できるかどうか確認する必要がありますね。

そして、大きさに比べると重さはそれほど差がないのでこの点はあまり問題ないかもしれませんね。

トーストを4枚・25cmのピザを丸ごと焼けるか?

トーストを4枚・25cmのピザを丸ごと焼けるか?

このように、象印 EQ-JA22とET-GM30のサイズは一回りほど違うので、同時に焼けるトーストの枚数や丸ごと焼けるピザの大きさも異なってくるんですね。

EQ-JA22 ET-GM30
トーストの枚数 2枚 4枚
ピザの大きさ 直径20cm 直径25cm

ET-GM30は、トーストを同時に4枚、直径25cmのピザを丸ごと焼くことができるんですね。

これに対して、EQ-JA22は、トーストを同時に2枚、直径20cmのピザを丸ごと焼くことができます。

ですから、朝の忙しいときに、家族4人分のトーストを同時に焼きたいという場合には、ET-GM30を選んだ方がよいかもしれませんね。

象印 EQ-JA22とET-GM30の違い2 火力はどうか?

火力はどうか?

次に、象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いとして、火力の強さが挙げられますね。

EQ-JA22 ET-GM30
消費電力 1032W 1300W
ヒーターの本数 4本(上2本・下2本) 5本(上2本・下3本)

ET-GM30の方が、ヒーターの本数が5本、消費電力が1300Wということで火力が強いんですね。

ただし、ET-GM30で自動調理コースを選択した場合はコースにより消費電力が変わるんですね。

トースト3枚・4枚コースの場合は、消費電力が1100W(4本のヒーターがつき、下中央のヒーターはつかない)、その他の調理の場合は、消費電力が1300W(すべてのヒーターがつく)となっています。

ですから、ワット数とヒーターの本数だけを比較した場合は、ET-GM30の方が火力が強いということになりますね。

高火力スイッチヒーティング

でも、EQ-JA22には、高火力スイッチヒーティングが搭載されているんですね。

この高火力スイッチヒーティングは、上下ヒーターを交互に高火力で加熱することで、フライあたためやピザなど、調理するメニューに合わせて最適な温度で加熱するというものなんです。

従来のオーブントースターは、上下のヒーターで同時に加熱するので、食材の表面・裏面・中心の仕上がりに温度のムラができてしまうんですね。

ですから、表面の温度は高いのに、裏面の温度が低いままという具合に仕上がってしまうわけなんですね。

これに対して、EQ-JA22では、高火力スイッチヒーティングで、調理の始めは上ヒーターのみで加熱して、表面をこんがりと焼き上げて調理温度を上げていきます。

そして、調理の途中で、上ヒーターをOFFにして、今度は下ヒーターのみをONにして加熱します。

このように、上下のヒーターのON/OFFを繰り返して交互に加熱して、裏面がほどよく焼き上がってきたら、一度ヒーターをOFFにして加熱を休止して、表面と裏面の温度が同じくらいになるのを待ちます。

そして、表面の温度が少し下がり裏面の温度と同じくらいになったら、再び上下のヒーターのON/OFFを繰り返して交互に加熱して、表面と裏面の温度を同時に上げていき、最後に表面と裏面の温度をほぼ同じに上げて、料理を仕上げることができるんですね。

こうすることで、料理の表面と裏面が同じに温度に仕上がるので、料理に温度のムラができずに、おいしく仕上がるというわけなんですね。

このように、ヒーターの本数とワット数だけで比較すると、ET-GM30の方が火力が強くてよいように思われますが、EQ-JA22は高火力スイッチヒーティングを搭載していて、調理するメニューに合わせて最適な温度で加熱することができるので、単純に火力の強さだけでは比較できないかもしれませんね。

象印 EQ-JA22とET-GM30の違い3 自動調理機能は?

自動調理機能は?

そして、象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いとして、自動調理機能のメニューの違いが挙げられますね。

EQ-JA22 ET-GM30
自動調理メニュー トースト トースト
冷凍トースト 冷凍トースト
サクふわトースト サクふわトースト
サクサクフライあたため ピザ
窯焼き冷蔵ピザ 冷凍ピザ
窯焼き冷凍ピザ ロールパンあたため
窯焼き手作りピザ フライあたため
手作りパン 手作りパン

このように、自動調理機能のメニューに若干の違いがあるんですね。

EQ-JA22のサクサクフライあたためコースとET-GM30のあたためコースの違い

EQ-JA22のサクサクフライあたためコースとET-GM30のあたためコースの違い

ET-GM30の「ロールパンあたため」コースと「フライあたため」コースは、“あたため”キーを押して、ロールパンまたはフライを選ぶようになっているんですね。

“あたため”キーを押すごとに、“ロールパンあたため”ランプと“フライあたため”ランプが切り替わるようになっています。

ですから、「あたため」コースの中に、「ロールパンあたため」と「フライあたため」があるという感じですね。

これに対して、EQ-JA22の「サクサクフライあたため」コースは、「フライあたため」を選択したあと、

・コロッケ
・からあげ
・とんかつ

を選択して、その個数を選択することができます。

ですから、例えば、コロッケ1個とか、唐揚げ3個とか選んだら、あとは自動で、コロッケ1個あるいは唐揚げ3個を温めるのに最適な温度・時間まできっちり自動で設定して温めてくれるというわけなんですね。

これがすばらしいんですよね♪

アバウトな温度・時間設定で失敗するということがないのがよいですね。

しかも、コロッケも唐揚げも、表面がサクッサクで、中までしっかりアツアツで、まるで揚げたてのような食感になるんですよ~

ただ、EQ-JA22では、「ロールパンあたため」コースは自動調理機能に搭載されていないので、例えば、ロールパン3個を温める場合には、110℃で4~5分のタイマーをセットして温めることになりますね。

このように、“フライあたため”に関して、EQ-JA22とET-GM30を比較すると、コロッケ・からあげ・とんかつなどメニューごとにそれぞれ最適な温度・時間を自動で設定して温めてくれるということで、EQ-JA22の方が便利かなという感じですね。

EQ-JA22とET-GM30の自動調理機能ピザコースの違い

EQ-JA22とET-GM30の自動調理機能ピザコースの違い

ET-GM30では、冷蔵・冷凍ピザを自動調理メニューで温めることができるんですね。

まず「トースト/ピザ」キーを押してピザを選び、冷凍ピザの場合はここで「冷凍」キーを押して、次に「焼き色」キーを押して「淡・中・濃」を選び、ピザの大きさを指定すれば、あとは、自動で温めてくれるんです。

ここで、ET-GM30の調理時間の目安は次のようになりますね。

3インチ(直径約8cm)2枚の場合 冷蔵:4分
冷凍:8.5分
6インチ(直径約15cm)1枚の場合 冷蔵:4.5分
冷凍:11分
9インチ(直径約23cm)1枚の場合 冷蔵:6分
冷凍:14分

これに対して、EQ-JA22では、3種類のピザの自動調理メニューがあるんですね。

・窯焼き冷蔵ピザ
・窯焼き冷凍ピザ
・窯焼き手作りピザ

EQ-JA22の「ピザ」コースは、高火力スイッチヒーティングで調理をするので、これとマイコンの自動温度調整機能で、ピザの裏面までこんがりとしっかり焼き目が付き、窯焼きピザのように、表面はサクッと香ばしいピザに仕上げることができるんですよね。

ここで、EQ-JA22の調理時間の目安は次のようになっています。

3インチ(直径約8cm)2枚の場合 冷蔵:4~7分
冷凍:10~11分
6インチ(直径約15cm)1枚の場合 冷蔵:4.5~8分
冷凍:11~12分
9インチ(直径約23cm)1枚の場合 冷蔵:4.5~8分
冷凍:12~13分

そして、EQ-JA22では、手作りピザも作ることができるんですね。

予熱なしで、自家製マルゲリータも手軽に作ることができてとても便利なんですよね♪

このように、高火力スイッチヒーティングで、ピザの裏面までこんがりと窯焼きピザのように焼き上げたいという方は、EQ-JA22を選ぶとよいかもしれませんね。

また、手作りピザコースは、EQ-JA22にしか搭載されていないので、おうちで手軽においしい自家製ピザを作りたいという方は、EQ-JA22を選ぶとよいのではないでしょうか。

象印 EQ-JA22とET-GM30の違い4 価格は?

価格は?

それでは、気になる象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の価格を見てみましょう。

2021年10月5日現在、Amazonでは、象印 オーブントースター EQ-JA22の価格は、13,718円となっています。

これに対して、象印 オーブントースター ET-GM30の価格は、9,730円となっています。

象印 オーブントースター ET-GM30の方が、価格が安くなっていますね。

象印 オーブントースター EQ-JA22とET-GM30の共通点は?

EQ-JA22とET-GM30の共通点は?

さて、象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いを見てきましたが、この2つのオーブントースターには共通点もあるんですね。

・表面がサクッと中がふわっとおいしいトーストが焼き上がる
・冷凍パンも自動でおいしく焼き上がる
・マイコンで温度と焼き色を自動調整してくれる
・80℃~250℃の温度調節とタイマー機能を搭載
・ガラス扉まで取り外して掃除をすることができる

象印 オーブントースター EQ-JA22とET-GM30は、どちらも「サクふわトースト」コースを搭載しているので、表面がサクッと中がふわっとおいしいトーストを焼き上げることができるんですよね。

この象印 オーブントースター こんがり倶楽部の「サクふわトースト」では、本当に“サクサク”“ふわふわ”“モチモチ”“しっとり”を兼ね備えたおいしいトーストを焼きあげてくれるので、おいしいトーストを食べたいという方におすすめなんですね。

そして、他のオーブントースターと比較して、圧倒的にお掃除がしやすいという点もポイントが高いんですよね。

象印 オーブントースター EQ-JA22とET-GM30は、どちらもガラス扉を取り外して洗うことができるんですね。

これが本当に便利なんですよ~

ガラス扉は中央のレバーを倒すだけで簡単に外すことができて、扉と本体の間に落ちたパンくずもキレイに取り除くことができるんですよね。

また、フチまでキレイにできるので、本当にお掃除がしやすいんですね。

そして、庫内はフレームが少なくて広々しているので、焼き網を取り外せば、庫内の奥までスッと手が届いて、隅々までお掃除がしやすいんですよね。

パンくずトレイ・焼き網・庫内とガラス扉、全部隅々までキレイに掃除できるので、スッキリ清潔に保つことができてとてもよいです♪

これは本当にすばらしいです!!

象印 オーブントースター EQ-JA22とET-GM30 どっちを選んだらよいか?

EQ-JA22とET-GM30 どっちを選んだらよいか?

それでは、象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30、どっちを選んだらよいでしょうか。

・なるべくサイズが小さくて置き場所に困らない方がよい
・トーストは同時に2枚焼ければよい
・高火力スイッチヒーティングを試してみたい
・コロッケ・からあげ・とんかつを1個から自動で温めてほしい
・手作りピザを作ってみたい

このように思っている方には、象印 オーブントースター EQ-JA22がおすすめです。

これに対して、

・トーストを同時に4枚、25cmのピザを丸ごと焼きたい
・ヒーター5本、消費電力1300Wの方がよい
・手作りピザは作れなくてもよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、象印 オーブントースター ET-GM30がおすすめです。

象印 オーブントースター EQ-JA22-BAのレビューや口コミ、評価は?
サクサクふわふわのおいしいトーストを焼ける・ガラス扉まで取り外して掃除をすることができると大好評の象印 オーブントースター EQ-JA22-BAのレビューや口コミ、評価、特長や性能など気になる点についてまとめてみました。
象印 こんがり倶楽部 ET-GM30のレビューや口コミは?焼き芋やケーキも焼ける?
最近では、絶品のトーストが焼ける!というちょっと高価なオーブントースターが人気があって、その中でも、サクふわトーストが素晴らしすぎる!と大好評なのが、「象印 こんがり倶楽部 ET-GM30」なんですね。そこで、今回は、そのレビューや評価、特徴や性能など気になる点についてまとめてみました。

まとめ

というわけで、象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22とET-GM30の違いを比較してみましたが、

上記の2つのオーブントースターの共通点を踏まえつつ、

・なるべくサイズが小さくて置き場所に困らない方がよい
・トーストは同時に2枚焼ければよい
・高火力スイッチヒーティングを試してみたい
・コロッケ・からあげ・とんかつを1個から自動で温めてほしい
・手作りピザを作ってみたい

と思っている方は、象印 オーブントースター EQ-JA22を選んだ方がよいですね。

これに対して、

・トーストを同時に4枚、25cmのピザを丸ごと焼きたい
・ヒーター5本、消費電力1300Wの方がよい
・手作りピザは作れなくてもよい
・できるだけ価格が安い方がよい

と思っている方は、象印 オーブントースター ET-GM30を選んだ方がよいですね。