ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違いを比較 煮詰めと好みの設定加熱

キッチン家電

ヘルシオ ホットクックは、

「朝セットしておけば、家に帰ってきたときにはアツアツの料理が待っている!」
「ほったらかしで自動調理してくれるから、その時間にほかの家事ができる!」

など、大好評なんですよね。

でも、このヘルシオ ホットクック、毎年のように新しい機種が発売されていて、どれを買ったらよいのか分からない・・・

と悩んでいる方も多いんですよね。

そこで、今回は、2017年発売のホットクック KN-HW24Cと2019年発売のホットクック KN-HW24Eの違いを比較してみました。

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違い1 煮詰め機能があるか?

2017年発売のホットクック KN-HW24Cは、フタを開けたまま食材を加熱することができなかったんですね。

それが、2019年発売のホットクック KN-HW24Eには、普通の鍋と同じようにフタを開けて食材を加熱することができる「煮詰め」機能が搭載されたんです。

この「煮詰め」機能は、2018年発売のホットクック KN-HW16D(1.6L)ではじめて搭載されたもので、2.4Lタイプのホットクックには搭載されていなかったんですね。

ですから、今回、2.4Lタイプのホットクック KN-HW24Eに搭載されたことでさらに便利になりましたね。

カレーの最後の仕上げにもう少し煮詰めたいというときや、ぶり大根などの仕上げに照りを出したいというときに、とても便利な機能なんですよね。

この「煮詰め」機能を使うと、料理の仕上がりに違いが出ますね^^

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違い2 好みの設定加熱ができるか?

また、ホットクック KN-HW24Eは、好みの設定加熱ができるようになったんですね。

ホットクック KN-HW24Eでは、火加減・混ぜ方・加熱時間を選べるようになり、より手動調理の幅が広がって、普通の鍋で調理しているような感覚で使えるようになったんです。

火加減は、強火・中火・弱火の3つから選ぶことができるようになりました。

混ぜ方は、まぜない・たまにまぜる・よくまぜる・高速でまぜるの4つから選ぶことができます。

そして、この後で、加熱時間の設定をするようになっているんですね。

このように、作る料理ごとに火加減・混ぜ方・加熱時間の設定を変えることができるので、より自分好みの料理の仕上がりになりうれしいですよね^^

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違い3 ヘルシオデリのQRコードがあるか?

ホットクック KN-HW24Eでは、本体液晶画面に料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」のQRコードが表示されるので、簡単に「ヘルシオデリ」を頼むことができてとても便利なんですよね。

この「ヘルシオデリ」は、料理に必要な食材がすべてセットになっていて、すべて下準備済みなので、あとはホットクックにセットしてボタンを押せば、ほったらかしでおいしい料理ができあがってしまうというとても便利なサービスなんですね。

有名シェフやレストランが監修したちょっとおしゃれな「シェフコース」と、晩ご飯の定番おかずの「デイリーコース」から選ぶことができるのもうれしいですよね。

料理の材料を自分で買いに行く必要もないですし、肉や野菜の下準備をする必要もないので、本当に楽ちんでおいしい料理を食べることができるので、とても助かりますよね。

また、「今日は特別な日だから、おしゃれなシェフコースでちょっと贅沢しちゃおうかな」という風に、自宅で手軽にちょっとおしゃれな食事を楽しむこともできちゃうんですよね^^

ホットクック KN-HW24Eでは、そんな便利な「ヘルシオデリ」を簡単に頼むことができるようになったんですね。

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違い4 カラーを選べるか?

ホットクック KN-HW24Cの本体カラーは、レッドだけなんですね。

これに対して、ホットクック KN-HW24Eの本体カラーは、レッドホワイトの2色となっています。

キッチンに置いてある調理家電をホワイトで統一しているという方は、ホットクック KN-HW24Eでホワイトを選べるようになったことはうれしいですよね。

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの違い5 価格はどちらが安いか?

ここで、気になるホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの価格を見てみましょう。

2020年12月14日現在、Amazonでは、ホットクック KN-HW24Cの価格が、39,800円。ホットクック KN-HW24Eの価格は、KN-HW24E-R(レッド)が49,750円KN-HW24E-W(ホワイト)が51,500円となっています。

ホットクック KN-HW24Cの方が1万円くらい安くなっていますね。

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの共通点は?

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eは、上記のような違いがありますが、基本的な機能は共通点が多いんですよね。

・ほったらかしで自動調理ができる
・まぜ技ユニットがものすごい優れもの
・無水調理で素材の栄養素を逃がさず旨味を凝縮
・予約調理で帰宅時にアツアツ料理を食べられる
・お手入れが簡単(食洗機を使える)

これらの点はホットクックの特長と言えるものですが、どちらの機種もこの便利さを備えているんですね。

ホットクック KN-HW24CとKN-HW24E どちらを選んだらよいか?

それでは、ホットクック KN-HW24CとKN-HW24E、どちらを選んだらよいでしょうか。

上記のホットクック KN-HW24CとKN-HW24Eの共通点を踏まえた上で、さらに、

・食材をしっかり煮詰めて照りを出したい
・火加減・混ぜ方・加熱時間を自分好みに細かく調整したい
・QRコードで簡単にヘルシオデリを頼みたい
・本体カラーはホワイトがよい

このような方には、ホットクック KN-HW24Eがおすすめです。

・煮詰め機能は付いていなくてもよい
・火加減・混ぜ方・加熱時間を自分好みに細かく設定できなくてもよい
・ヘルシオデリはあまり頼まないと思う
・本体カラーはレッドだけでもよい
・なるべく価格が安い方がよい

このような方には、ホットクック KN-HW24Cがおすすめです。

ホットクック KN-HW24Eのレビューや口コミは?無水調理でおいしさ凝縮!
最近では、共働き家庭も多いですから、仕事と家事の両立が大変!と思っている方も多いのではないでしょうか。 そんな方に、ほったらかしで料理ができる!と大人気なのが、電気調理鍋なんですね。 中でも、「シャープ ヘルシオ ホットクック」...
ホットクック KN-HW24FとKN-HW24Eの違いを比較 低温調理が簡単に♪
ほったらかしで自動調理できるから、その時間を他のことに費やすことができて効率的!と電気調理鍋のホットクックが大人気なんですよね。 ですから、ホットクックに興味があって購入しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。 でも、...

まとめ

というわけで、2017年発売のホットクック KN-HW24Cと2019年発売のホットクック KN-HW24Eの違いを比較してみましたが、

大まかに見ると、

・煮詰め機能が付いている方がよいか
・火加減・混ぜ方・加熱時間を自分好みに細かく調整したいかどうか
・QRコードで簡単にヘルシオデリを頼める方がよいか
・本体カラーをレッドとホワイトから選べる方がよいか
・価格が安い方がよいか

このような点を考慮して、ご自分の好みに合ったホットクックを選べばよいのではないでしょうか。