一人暮らしにホットクックが超便利♪食費節約になる?炊飯も?デメリットは?メニューが少ない?サイズはどれ?作り置きする?

キッチン家電

一人暮らしの方にはホットクックが本当に便利なんですよね。

というのは、一人暮らしの方がホットクックを利用すると、

・食費を節約できる
・炊飯器が必要なくなる
・栄養のバランスがよくヘルシーでおいしい料理を簡単に作れる

というメリットがあるんですね。

そして、一人暮らし用に便利な小型モデルのKN-HW10G(1.0L)には、

1.自動調理で時間を有効活用できる
2.無水調理で食材の栄養素や旨みを逃がさない
3.予約調理で帰宅してすぐアツアツの料理を食べられる
4.2段調理で2品同時に調理できて時短になる
5.コンパクトサイズで置き場所に困らない

という5つの魅力的なメリットがあるんですよね。

ただし、小型モデルのKN-HW10G(1.0L)には、

1.メニュー数が少ない!?
2.かき混ぜ機能が弱い!?
3.容量が少ない!?

というデメリットもあるんですね。

ですから、これらのデメリットを考慮して、ホットクックのサイズを選ぶとよいですね。

今回は、ホットクック 1.0L KN-HW10Gでできること、メリットとデメリット、一人暮らしの方に最適なホットクックのサイズの選び方などについて詳しくレビューしてみました。

一人暮らしにはホットクックはいらない!?食費の節約になる?

一人暮らしにはホットクックはいらない!?食費の節約になる?

ホットクックはとても便利な自動調理鍋なのですが、一人暮らしの方の中には、

・キッチンが狭くて置き場所に困る
・使った後の洗い物が増えて面倒

ということで、「やっぱり、ホットクックいらないなぁ・・・」なんて思っている方もいるかもしれませんね。

でも、実は、一人暮らしの方こそ、ホットクックはとても便利なものなんですよね。

というのは、一人暮らしであまり自炊をしないという方の中には、

・外食をする
・コンビニでお惣菜を買う
・ウーバーイーツを利用する

ということで、1か月の食費代が5万円を超えるという方も多いんですね。

そんな方がホットクックで自炊するようになると、毎月の食費を約半分以上節約することができるようになるんですよね。

そして、ホットクックでは一人暮らし用に1.0Lサイズの小型モデルが販売されるようになったので、狭いキッチンでも置くことができるようになったんですね。

また、このヘルシオ ホットクック 1.0LモデルのKN-HW10Gでは、ご飯を3合まで炊くことができるので、ホットクックでご飯を炊くようにすれば、炊飯器も必要なくなり、キッチンの置き場所も確保しやすくなりますよね。

しかも、お料理が苦手な方でも、栄養のバランスがよくヘルシーでおいしい料理を簡単に作ることができるので、本当に助かるんですね。

このように、一人暮らしの方がホットクックを利用すると、

・食費を節約できる
・炊飯器が必要なくなる
・栄養のバランスがよくヘルシーでおいしい料理を簡単に作れる

というように、いいことずくめなんですよね。

ホットクック 1.0L KN-HW10Gでできることは?他のサイズの機種との比較表も♪

ホットクック 1.0L KN-HW10Gでできることは?

このように、一人暮らしの方にとても便利なホットクックなのですが、ここでは、ホットクック 1.0L KN-HW10Gで何をすることができるのか、他のサイズの機種と比較してみました。

型番 KN-HW10G(1.0L) KN-HW16G(1.6L) KN-HW24G(2.4L)
サイズ 幅22.0×奥行30.5×高さ24.0cm 幅33.0×奥行28.2×高さ24.0cm 幅34.5×奥行30.5×高さ25.6cm
重さ 約3.7㎏ 約5.0㎏ 約5.8㎏
量の目安 1~2人用 2~4人用 2~6人用
メニュー集掲載数 86(自動:70, 手動:16) 140(自動:129, 手動:11) 145(自動:133, 手動:12)
予約メニュー数 17(15時間まで) 40(15時間まで) 42(15時間まで)
煮詰め機能
保温 〇(75℃・最大12時間) 〇(75℃・最大12時間) 〇(75℃・最大12時間)
温め直し
無水調理
低温調理 〇(35℃~90℃) 〇(35℃~90℃) 〇(35℃~90℃)
炒める
蒸す
炊飯 〇(3合まで) 〇(3合まで) 〇(5合まで)
2段調理
まぜ技ユニット 1本 2本 2本
カラー ブラック・ホワイト ブラック・ホワイト レッド・ホワイト
無線LAN機能
音声発話機能

ホットクック KN-HW10G(1.0L)とKN-HW16G(1.6L)・KN-HW24G(2.4L)を比べると、

・サイズ
・量の目安
・メニュー集掲載数
・予約メニュー数
・まぜ技ユニット

これらの点で大きな違いがあるんですね。

やはり、KN-HW10G(1.0L)は他の2機種と比べると、本体の幅が10cm以上狭いところが大きな違いですよね。

かなりコンパクトサイズになっているので、キッチンにも置きやすくてよいですね。

また、KN-HW10G(1.0L)は、メニュー集掲載のレシピ数が少ないのが難点かなと感じる方も多いかもしれませんね。

ただ、COCORO KITCHENでレシピ数は増やすことができるので、この点はあまり心配しなくても大丈夫ですよ。

ホットクック 1.0L KN-HW10Gのメリットは?

ホットクック 1.0L KN-HW10Gのメリットは?

ここで、ホットクック 1.0L KN-HW10Gのメリットを見てみましょう。

1.自動調理で時間を有効活用できる
2.無水調理で食材の栄養素や旨みを逃がさない
3.予約調理で帰宅してすぐアツアツの料理を食べられる
4.2段調理で2品同時に調理できて時短になる
5.コンパクトサイズで置き場所に困らない

一人暮らしでお料理を作るのが苦手な方でも、ホットクック 1.0L KN-HW10Gなら、食材をセットすれば、あとはほったらかしで料理を作ってくれるんですね。

これなら、自炊をしたことがない方でも失敗することなくおいしい料理を作ることができるので助かりますよね。

そして、料理を作っている間は、お風呂に入ったり、洗濯物をたたんだりして他の家事をすることができるので、時間を有効活用することができるところが本当に素晴らしいんですね。

また、食材の栄養素や旨みを逃がすことなくギュッと閉じ込めてヘルシーでおいしい料理を作ることができるんですよね。

ですから、外食や買ってきたお惣菜などの食事が中心だった方も、栄養のバランスがよい食生活をすることができるようになり、健康にもよく一石二鳥ですね。

そして、朝セットしたら夕方帰宅したときにアツアツの料理ができあがっているので、仕事で疲れて帰ってきてからご飯の支度をしなくてもよいので本当にうれしいですよね。

さらに、2段調理で

・飲茶セット(スープ+中華まん・シュウマイあたため)
・イタリアンセット(アクアパッツァ+ポテトサラダ)
・チーズフォンデュ(チーズ+蒸し野菜)
・酒の肴セット(肉豆腐+枝豆)
・牛どん(牛どんの具+冷凍ご飯あたため)
・炊飯&おかず(炊飯+かぼちゃの煮物)

というように、同時に2品作ることができるので、時短になって助かりますよね。

しかも、コンパクトサイズなので、狭いキッチンにも置くことができて置き場所に困らないところもよいですね。

ホットクック 1.0L KN-HW10Gのデメリットは?

ホットクック 1.0L KN-HW10Gのデメリットは?

このように、ホットクック 1.0L KN-HW10Gにはたくさんのメリットがあるのですが、「ちょっと不便だな・・・」というデメリットもあるんですね。

1.メニュー数が少ない!?
2.かき混ぜ機能が弱い!?
3.容量が少ない!?

やはり、ホットクック 1.0L KN-HW10Gで一番気になるデメリットは、メニュー集に掲載されているレシピ数が少ないという点ですよね。

KN-HW10G(1.0L):86(自動:70, 手動:16)   
KN-HW16G(1.6L):140(自動:129, 手動:11)   
KN-HW24G(2.4L):145(自動:133, 手動:12)

ということなので、ホットクック 1.0L KN-HW10Gのレシピ数が少ないんですね。

ただ、この点は、

・「COCORO KITCHEN」からレシピをダウンロードする
・オリジナルレシピの投稿サイト「ホットクック部」を見てみる

こうすることで、レシピ数を増やすこともできるんですよね。

また、メニュー集に載っていない料理でも、食材や加熱時間、混ぜ方などが似ているメニューがあれば、そのメニューキーを使ってうまく調理することもできるので、レシピ数が少ないという点はそれほど問題ではないかもしれませんね。

次に、ホットクック 1.0L KN-HW10Gは、他の機種と異なり、まぜ技ユニットが1本になっているんですね。

この点、メニューによっては、若干混ぜ具合が弱いかなという感じになることがあるんですよね。

とはいえ、それによってできあがった料理の味が劇的に変わるということもないので、許容範囲かなという気はしますね。

そして、やはり、ホットクック 1.0L KN-HW10Gでは、容量が少ないというデメリットがありますよね。

作ることができる料理の量が1~2人分ということなので、一人暮らしの方はこれで十分という方も多いかもしれませんね。

でも、一度にたくさん作って作り置きをしておきたいという方にとっては、少し容量が足りないかなという感じですよね。

一人暮らしのホットクック サイズはどれがいい?

一人暮らしのホットクック サイズはどれがいい?

このように、ホットクック 1.0L KN-HW10Gにはたくさんのメリットがあって、一人暮らしの方におすすめなのですが、上記のデメリットも考慮すると、どのサイズがベストなのかということになりますよね。

この点、サイズ選びが難しいところですが、一人暮らしの方は、1.0Lモデルか1.6Lモデルかということで悩むことが多いのではないでしょうか。

この点、

・コンパクトサイズのものがよい
・メニュー集掲載レシピ数は少なくてもよい
・予約メニューもそれほどたくさんなくてもよい
・若干かき混ぜ機能が弱いことがあってもOK
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、ホットクック 1.0L KN-HW10Gがおすすめです。

これに対して、

・作れる料理の量が1~2人分では少ない
・料理の作り置きもしたい
・メニュー集掲載レシピ数が多い方がよい
・予約メニューもたくさんある方がよい

このように思っている方には、ホットクック 1.6L KN-HW16Gがおすすめです。

ホットクック使わなくなった!?後悔した!?いらない!? 7つのデメリット レシピまずい?炒め物苦手?時短にならない?置き場所困る?
ヘルシオ ホットクックには、付属レシピがまずい・サイズが大きくて置き場所に困る・炒め物料理が苦手・意外と時短にならない・サイズ選びが難しい・お手入れが面倒くさい・価格が高いという7つのデメリットがあるんですね。でも、それよりも、魅力的なメリットがたくさんあるんですよね。
ホットクックとクックフォーミーの違いを比較 どっちがおすすめ?無水調理か圧力調理か?時短レシピ数は?予約調理は?低温調理は?
ホットクックとクックフォーミーは、無水自動調理鍋 or 電気圧力鍋, かき混ぜ機能があるか? 時短レシピの数, 予約調理や低温調理ができるか?サイズ・容量・重さの違い, お手入れのしやすさの違い, 価格の違いという7つの違いがあるんですね。今回は、シャープ ヘルシオ ホットクック KN-HW24Gとティファール クックフォーミーエクスプレス CY8521JPの7つの違いについて詳しくレビューしてみました。

【知らないと損する!?】Amazonでホットクックを安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、ホットクックをよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、一人暮らしの方にはホットクックが本当に便利なんですよね。

一人暮らしの方がホットクックを利用すると、

・食費を節約できる
・炊飯器が必要なくなる
・栄養のバランスがよくヘルシーでおいしい料理を簡単に作れる

というように、いいことずくめなんですよね。

そして、一人暮らし用に便利な小型モデルのKN-HW10G(1.0L)には、

1.自動調理で時間を有効活用できる
2.無水調理で食材の栄養素や旨みを逃がさない
3.予約調理で帰宅してすぐアツアツの料理を食べられる
4.2段調理で2品同時に調理できて時短になる
5.コンパクトサイズで置き場所に困らない

という5つのメリットがあるんですね。

ただし、

1.メニュー数が少ない!?
2.かき混ぜ機能が弱い!?
3.容量が少ない!?

というデメリットもあるので、それを考慮のうえ、ホットクックのサイズを選ぶようにするとよいでしょう。

・コンパクトサイズのものがよい
・メニュー集掲載レシピ数は少なくてもよい
・予約メニューもそれほどたくさんなくてもよい
・若干かき混ぜ機能が弱いことがあってもOK
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方は、ホットクック 1.0L KN-HW10Gを選ぶとよいですね。

これに対して、

・作れる料理の量が1~2人分では少ない
・料理の作り置きもしたい
・メニュー集掲載レシピ数が多い方がよい
・予約メニューもたくさんある方がよい

このように思っている方は、ホットクック 1.6L KN-HW16Gを選ぶとよいですね。

タイトルとURLをコピーしました