パナソニック SR-MP300のレビューや口コミ、評価は?

キッチン家電

最近は、共働き家庭も多いので、

「仕事から帰って来て晩ご飯の準備をするのが大変・・・」
「夕ご飯は時短でチャチャっと作りたい!」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に大好評なのが、電気圧力調理なべなんですね。

この電気圧力なべですが、最近ではますます便利になって、圧力調理だけではなく、自動調理や無水調理、低温調理なんかもできちゃうものも多いんですよね。

そこで、今回は、時短調理ができる!と大人気のパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300のレビューや口コミについてまとめてみました。

パナソニック SR-MP300は圧力調理で時短調理ができる

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、火を使わずに圧力調理ができるんですね。

圧力調理をすると、

1.短時間で素材がやわらかくなる。
2.素材が煮崩れしにくくなる。
3.素材の栄養を逃しにくい。

というメリットがあるんですよね。

圧力鍋は、圧力をかけることで沸点が上昇するので、時短調理が可能になるんですね。

豚の角煮は、普通なべだと約180分の調理時間ですが、電気圧力なべだと約60分となり、約3分の1に短縮することができます。

黒豆は、普通なべだと約240分の調理時間ですが、電気圧力なべだと約60分となり、約4分の1に短縮することができます。

このように、短時間で料理を作ることができるので、仕事から帰って来てから料理を始めても、十分晩ご飯の時間に間に合い助かりますよね。

でも、はじめて圧力鍋を使うという方の中には、

「圧力鍋が爆発したらどうしよう。ちょっと怖いな・・・」

と思っている方もいるかもしれませんね。

この点、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は自動で火加減の調整をしてくれるんですね。

ですから、火加減を気にして鍋のそばを離れずにいる必要もなく、火加減の調整に失敗してしまうということもないのでとても安心して使えるんですね。

そして、圧力調理の場合、1.7気圧なので小魚は骨までやわらかくなるんですよね。

パナソニック SR-MP300は自動調理で予約調理もできる

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、7つのメニューを自動調理することができるんですね。

1.カレー
2.肉じゃが
3.角煮
4.ヘルシースープ
5.玄米
6.黒豆
7.甘酒

料理の材料を鍋に入れて、番号を選んでボタンを押すだけで、あとはおまかせで料理ができあがるのを待つだけなんですね。

これなら、料理をするのが苦手という方でも簡単においしい料理が作れちゃいますね。

さらに、予約調理もできるので、朝仕事に行く前に材料を準備して鍋に入れてセットしておけば、家に帰って来て晩ご飯の時間にはちゃんとおいしい料理ができあがっているんですね。

仕事が忙しくてご飯を作るのが大変という方にとってはとてもありがたい機能ですよね。

通常、予約調理と言うと、食材が腐敗してしまわないかという心配があるのですが、

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、調理開始直後に、まず食材を一度加熱し味をしみ込ませた後、そのまま食材が腐敗しない温度帯をキープして、最後に加熱して料理を仕上げる仕組みになっているので、食材が腐敗してしまうという心配はないんですね。

これなら安心して予約調理をすることができますね。

パナソニック SR-MP300は無水調理で栄養と旨味を逃しにくい

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、無水調理をすることができるんですね。

無水調理は、水に溶けやすいビタミンやミネラルなどの栄養素を逃しにくく、素材の旨味をギュッと凝縮することができるので、通常の調理法よりもよりおいしく料理することができるというメリットがあるんですよね。

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300なら、この無水調理も簡単にできちゃうのでとても便利なんですね。

無水調理で作る「白菜と豚バラのミルフィーユ豆乳煮込み」「本格スパイスのキーマカレー」は、絶品ですね。

野菜の甘みが濃厚で、お肉もやわらかくてホロホロなんですよ^^

パナソニック SR-MP300は低温調理で茶碗蒸しも簡単

パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、低温調理をすることができるんですね。70℃85℃の2つの温度を使い分けることができます。

高温で調理すると、加熱することによって素材が収縮し脱水や凝固が起こりやすくなるんですが、低温調理することにより、その脱水や凝固を防ぐことができ、やわらかくジューシーに仕上げることができるというメリットがあるんですね。

フライパンやオーブンで調理する場合には、食材の中まで火を通すためには外側をさらに高温で加熱しないといけないので、肉や魚などは表面を焼きすぎて硬くなり、栄養や旨味を含んだ汁が外に出てしまうんですよね。

この点、低温調理では、外側と中心部の温度差が少ないので、素材全体を最適な状態にすることができ、栄養や旨味を逃さずに、やわらかくジューシーに仕上げることができるんですね。

低温調理は、「温度×時間」の管理が重要なのですが、難しい温度調節もパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300なら、簡単にできてしまうのでとても便利なんですね。

「ローストビーフ」「ローストポーク」「茶碗蒸し」「パンプディング」「プリン」などもとても簡単に作れますよ。

パナソニック SR-MP300は豊富なレシピ集付き

このように、このようにとても便利なパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300なんですが、

「使いこなせなかったらどうしよう・・・」

と思う方もいるかもしれませんね。

でも、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は豊富なレシピ集付きなので、レシピを見ながら材料を準備すれば、あとはボタンを押すだけで、料理のできあがりを待つだけなので誰でも簡単に使うことができます。

「肉・魚」「野菜・スープ」「デザート」など、毎日の調理に役立つメニューがたくさんありとても助かりますよ。

パナソニック SR-MP300はコンパクトサイズで省スペース

また、電気圧力なべというと、大きくて場所をとるというイメージがありますが、

このパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300はコンパクトサイズで省スペースなんですね。

本体サイズが、幅29.2cm×奥行27.8cm×高さ27.0cmということで、本当にコンパクトなので、狭いキッチンでも置くことができて、その上、上記のような機能を備えているという優れものなんですよね。

これぐらいコンパクトサイズなら、一人暮らしでキッチンが狭いという方でも置き場所に困らないのではないでしょうか。

パナソニック SR-MP300はお手入れも簡単

とは言え、料理をした後のお手入れが大変だと、どれだけ便利なものでも使う頻度が徐々に少なくなってしまいますが、

このパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300は、お手入れもとても簡単なんですね。

使用後に、鍋とフタ、フタに付いているパッキン、おもり、ノズルを洗う必要がありますが、鍋はフッ素加工なので汚れも落ちやすく洗うのもとても楽です。

フタの裏側は凸凹が多いのでよく洗う必要がありますが、それも慣れてしまえばそれほど手間ではありませんね。

フタのパッキン部分も取り外せるのでお手入れがしやすいです。

パナソニック SR-MP300の価格は?

それでは、気になるパナソニック 電気圧力なべ SR-MP300の価格を見てみましょう。

2020年12月13日現在、Amazonでは、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300の価格は、23,300円となっています。

パナソニック SR-MP300のスペック(仕様)

サイズ:幅29.2cm×奥行27.8cm×高さ27.0cm
重さ:3.6kg
満水容量:3.0L
調理容量:2.0L
加熱方式:マイコン式
最高圧力:70kPa
消費電力:700W
圧力調理:〇
煮込み調理:〇
無水調理:〇
低温調理:〇(2段階温度設定)
自動調理:〇(7メニュー)
予約調理:〇(自動調理の一部のみ)
保温機能:〇(予約時のみ自動)
ふた開閉検知機能:〇
温度過昇防止機能:〇

パナソニック SR-MP300の口コミは?

ここで、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300の口コミを見てみましょう。

・豚の角煮が信じられないくらいトロトロになります。
これ一台でほんとに何でもできて大満足です。
価格もお手軽価格でお買い得ですね。・コンロで使う圧力鍋とは別物ですね。コンパクトサイズでお手入れが
簡単なところもとてもよいです。忙しいときでもボタンを押して
あとはほったらかしで料理ができあがるのでとても助かりますね。

・手軽に甘酒が作れるようになってうれしいです。
サンマも骨までやわらかくできました。

・タコと里芋の煮物がやわらかく美味しく仕上がりました。
筑前煮も美味しくいただきました。買ってよかったです。

・料理が苦手な私でも料理上手になった気分です。
仕事から疲れて帰ってきても簡単に料理ができるので重宝しています。

・大きさもコンパクトで使い勝手もよく便利です。
肉じゃがのじゃがいもが煮崩れしなくてとてもおいしいです。
ミートソースもおいしくできて子供たちも大喜びでした。

・ガスで使う圧力鍋と違って、火加減を見る必要がないので、
調理をしている間に他の火事をすることができて本当に助かります。
フタを取り外して洗えるのでお手入れも楽でよいですね。

・はじめての圧力鍋でしたがこれにして大正解でした。
置く場所も取らず、容量もそこそこあり、洗うのも簡単で言うことなし。
少ない水で調理できるので、素材のうまみを逃がさず、
とてもやわらかく仕上がります。

・ラタトゥイユ・おでん・ピリ辛よだれ鶏・筑前煮・かぼちゃの煮物を
作ってみましたが、全部おいしかったです。
操作も簡単で、お手入れも楽チン、レシピが豊富なところもよいです。

 

パナソニック SR-MP300のメリット・デメリットは?

さて、このように大好評のパナソニック SR-MP300ですが、良い点も悪い点もあるんですね。

パナソニック SR-MP300のデメリットとは?

まずは、パナソニック SR-MP300のデメリットを見てみましょう。

・自動・予約調理できるメニューが少ない
・低温調理は70℃と85℃の2段階の温度設定しかできない

パナソニック SR-MP300は自動調理できるメニューが7つしかないので、ちょっと少ないかなと感じる方もいるかもしれませんね。

でも、手動調理とは言っても設定方法はとても簡単なんですね。

基本的には、材料を準備して、調理モードを選んで時間を設定してスタートボタンを押すだけですから、それほど難しいこともないんですよね。

慣れてくれば、手動調理であることにはそれほど困らないのではないでしょうか。

ただ、低温調理の温度設定は70℃と85℃の2段階設定のみなので、1℃刻みで細かく設定して、温度と時間の管理をしたいと思っている方にはちょっと物足りないかもしれませんね。

パナソニック SR-MP300のメリットとは?

次に、パナソニック SR-MP300のメリットを見てみましょう。

・圧力調理で時短調理ができる
・定番料理の自動・予約調理ができる
・無水調理で素材の旨味が凝縮する
・2段階温度設定だが低温調理もできる
・コンパクトサイズで省スペース
・お手入れが簡単
・お手頃価格

このように、パナソニック SR-MP300のメリットはとても多く、電気調理鍋としては非常に優秀だと思います。

そして、何よりもこれだけ便利な電気調理鍋なのに、価格が25,000円以下というのは、ものすごくコスパがよいのではないでしょうか。

はじめて電気調理鍋を購入するという方におすすめですね。

パナソニック SR-MP300とホットクックの違いを比較 圧力鍋 or 自動調理
最近では、仕事から帰ってきて、それから晩ご飯の準備をするのが大変という方に、電気調理鍋がとても便利!と大人気なんですよね。 ですから、これから電気調理鍋を購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 とは言え、いろいろな...

まとめ

というわけで、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300のレビューや口コミ、評価を見てきましたが、

・圧力調理ができる
・自動調理ができる
・無水調理ができる
・低温調理ができる
・レシピ集が付いている
・コンパクトサイズで省スペース
・お手入れが簡単
・お手頃価格

このような電気圧力なべを探しているという方は、パナソニック 電気圧力なべ SR-MP300を試してみるとよいのではないでしょうか。