シロカ SC-A221とSC-A211の違いを比較 サーバーやフィルターや価格は?

キッチン家電

「シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ」が、豆挽きからドリップまで全自動で、カフェで飲むようなおいしいコーヒーを淹れることができて、その上、オシャレなコンパクトサイズで置き場所に困らなくて最高!と大人気なんですよね。

そして、この大人気の「カフェばこ」シリーズの中でも価格の安い、シロカ SC-A221とSC-A211がはじめて全自動コーヒーメーカーを購入するという方におすすめ!と評価も上々なのですが、

このシロカ SC-A221とSC-A211のどちらを選んだらよいか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、このシロカ SC-A221とSC-A211の違いを比較してみました。

シロカ SC-A221とSC-A211の違い1 カラーが違う

シロカ SC-A221とSC-A211の違いとしてまず挙げられるのが、本体のカラーなんですね。

シロカ SC-A211のカラーはシルバーなんですね。

これに対して、シロカ SC-A221は、カフェばこシリーズの中で唯一2種類のカラーから選ぶことができて、ステンレスシルバータングステンブラックの2色となっています。

シロカ SC-A221とSC-A211の違い2 コーヒーの抽出量が違う

シロカ SC-A221とSC-A211の違いとして次に挙げられるのが、コーヒーの抽出量の違いなんですね。

シロカ SC-A211は、コーヒーの抽出量を1~2杯・3~4杯の2段階で調整することができます。ホットコーヒー2杯と4杯でミル時間を変えることで調整しています。

これに対して、シロカ SC-A221は、コーヒーの抽出量を1~4杯までの4段階で調整することができるんですね。

シロカ SC-A221とSC-A211の違い3 価格はどちらが安いか?

ここで、気になるシロカ SC-A221とSC-A211の価格を見てみましょう。

2020年12月16日現在、Amazonでは、シロカ SC-A211の価格が、9,980円。シロカ SC-A221の価格が、ステンレスシルバーが9,980円、タングステンブラックが8,980円となっています。

シロカ SC-A221は、タングステンブラックの方が1,000円安くなっているんですね。

シロカ SC-A221とSC-A211の共通点は?

シロカ SC-A221とSC-A211は、上記のような違いがありますが、この2つの機種は、カフェばこシリーズの中のベーシックモデルということで、共通点の方が多いんですよね。

・豆挽きからドリップまで全自動
・新ブレード搭載で粉の粒度がより均一になった
・コーヒー豆を自動で中細挽きに挽いてくれる
・“蒸らし”工程でコーヒー本来のおいしさを抽出
・ステンレスフィルターで豆の油分ごと抽出
・ガラスサーバーでコーヒーの抽出量が一目で分かる
・パーツを取り外せるのでお手入れも簡単
・コンパクトサイズで置き場所に困らない

このように、全自動でおいしいコーヒーを淹れることができるという点においてはほぼ同じ機能が備わっているんですね。

シロカ SC-A221とSC-A211 どちらを選んだらよいか?

それでは、シロカ SC-A221とSC-A211 どちらを選んだらよいでしょうか。

上記のシロカ SC-A221とSC-A211の共通点を踏まえた上で、さらに、

・カラーをステンレスシルバーとタングステンブラックの2色から選べる
・コーヒーの抽出量を1杯ごとに設定したい

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A221がおすすめです。

・カラーはシルバー1色でよい
・コーヒーの抽出量も2段階調整で十分
・少しでも価格が安い方がよい

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A211がおすすめです。

シロカ SC-A221のレビューや口コミ、評価は?
自宅でお店で飲むようなおいしいコーヒーを飲みたいけれど、コーヒー豆の挽き方やコーヒーの淹れ方などよく分からない・・・ と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そんな方におすすめなのが、コーヒー豆を挽くところからドリップすると...
シロカ SC-A211のレビューや口コミ、評価は?お手入れやフィルターは?
コーヒー豆を挽いて淹れ立てのおいしいコーヒーを自宅で飲みたい!と思いつつも我が家のキッチンは狭いから大きなコーヒーメーカーを置くのはムリ・・・ とあきらめている方もいるかもしれませんね。 そんな方におすすめなのが、コンパクトで置...

まとめ

というわけで、シロカ SC-A221とSC-A211の違いを比較してみましたが、上記のような違いを踏まえて、ご自分の好みのコーヒーメーカーを選ぶとよいのではないでしょうか。