シロカ SC-A221とSC-A351の違いを比較 給水タンクは着脱式?価格は?

キッチン家電

最近、自宅でもカフェで飲むようなおいしいコーヒーを飲みたい!ということで、全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。

その中でも、「シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ」シリーズが人気なんですね。

とは言え、はじめて「シロカ(siroca) 全自動コーヒーメーカー カフェばこ」を購入しようと思っている方の中には、これらの機種の違いがイマイチよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、この「カフェばこ」シリーズの中で人気のシロカ SC-A221とSC-A351の違いを比較してみました。

シロカ SC-A221とSC-A351の違い1 デジタルかダイヤル式か?

シロカ SC-A221とSC-A351の違いとしてまず挙げられるのが、その操作方法なんですね。

シロカ SC-A221ダイヤル方式で、使い方もシンプルなので、誰でも簡単に使うことができるんですね。

 

これに対して、シロカ SC-A351デジタルディスプレイで、オシャレな外観になっています。

また、カラーバリエーションにも違いがありますね。

シロカ SC-A351のカラーはシルバーのみですが、シロカ SC-A221は「カフェばこ」シリーズの中でも唯一2種類のカラーの中から選ぶことができるようになっていて、ステンレスシルバータングステンブラックの2色となっています。

シロカ SC-A221とSC-A351の違い2 給水タンクが着脱式か?

シロカ SC-A221とSC-A351の違いとして次に挙げられるのが、給水タンクが着脱式かどうかという点ですね。

シロカ SC-A221は給水タンクを取り外すことができないので、給水したり掃除をするときにちょっと不便かなと感じる人もいるようです。

これに対して、シロカ SC-A351は、給水タンクが着脱式になっているので、給水をするのも楽ですし、使用後の水洗いも隅々まで簡単にできて、とても便利ですね。

シロカ SC-A221とSC-A351の違い3 タイマー機能を搭載しているか?

さらに、シロカ SC-A221とSC-A351の違いとして挙げられるのが、タイマー機能を搭載しているかどうかという点ですね。

シロカ SC-A221はタイマー機能を搭載していません。

これに対して、シロカ SC-A351タイマー機能を搭載しているので、夜寝る前にタイマーをセットしておけば、朝の忙しい時間に淹れ立てのコーヒーの香りで目覚めることができてとても便利なんですね。

シロカ SC-A221とSC-A351の違い4 サイズはどちらが大きいか?

シロカ SC-A221とSC-A351はどちらもコンパクトサイズでオシャレなデザインが人気なんですが、若干大きさが異なるんですね。

シロカ SC-A221の本体サイズは、幅17.3cm×奥行22cm×高さ27cmとなっています。

これに対して、シロカ SC-A351の本体サイズは、幅16.2cm×奥行28cm×高さ26.4cmとなっています。

両者を比べてみると、シロカ SC-A351の方が幅が約1cm小さくなっていますが、奥行は6cm大きくなっていますね。

これは、給水タンクが着脱式になったためだと思われますが、購入する際にはこのサイズの違いも考慮した方がよいですね。

あらかじめキッチンのどこにコーヒーメーカーをを設置するかということを考えておいた方がよいでしょう。

シロカ SC-A221とSC-A351の違い5 価格はどちらが安いか?

ここで、気になるシロカ SC-A221とSC-A351の価格を見てみましょう。

2020年11月28日現在、Amazonでは、シロカ SC-A221の価格は、ステンレスシルバー9,980円タングステンブラック8,980円。シロカ SC-A351の価格が、16,280円となっています。

シロカ SC-A221はカラーによって価格が異なるんですね。タングステンブラックの方が、1,000円安くなっています。

シロカ SC-A221のレビューや口コミ、評価は?
自宅でお店で飲むようなおいしいコーヒーを飲みたいけれど、コーヒー豆の挽き方やコーヒーの淹れ方などよく分からない・・・ と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そんな方におすすめなのが、コーヒー豆を挽くところからドリップすると...
シロカ カフェばこ SC-A351のレビューや口コミ、評判は?
最近では、自宅でテレワーク中においしいコーヒーを飲みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 そんな方に、手軽にお店のようなおいしいコーヒーを飲むことができるということで全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。 その中...

シロカ SC-A221とSC-A351の共通点は?

シロカ SC-A221とSC-A351は、上記のような違いがありますが、この2つの機種は、同じカフェばこシリーズということで、共通点の方が多いんですよね。

・豆挽きからドリップまで全自動
・新ブレード搭載で粉の粒度がより均一になった
・コーヒー豆を自動で中細挽きに挽いてくれる
・蒸らし機能でコーヒー本来のおいしさを抽出
・ステンレスフィルターで豆の油分ごと抽出
・ガラスサーバーでコーヒーの抽出量が一目で分かる
・パーツを取り外せるのでお手入れも簡単

このように、2つの機種はともに全自動でおいしいコーヒーを淹れることができるカフェばこシリーズの特徴を備えているんですね。

シロカ SC-A221とSC-A351 どちらを選んだらよいか?

それでは、シロカ SC-A221とSC-A351、どちらを選んだらよいでしょうか。

上記のシロカ SC-A221とSC-A351の共通点を踏まえた上で、さらに、

・操作方法がダイヤル式で簡単な方がよい
・カラーをステンレスシルバーとタングステンブラックの2色から選べる
・少しでも価格が安い方がよい

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A221がおすすめです。

・デジタルディスプレイでオシャレなデザインの方がよい
・給水タンクが着脱式の方がよい
・タイマー機能を搭載している方がよい

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A351がおすすめです。

まとめ

というわけで、シロカ SC-A221とSC-A351の違いを比較してみましたが、上記のような違いを踏まえて、ご自分の好みのコーヒーメーカーを選ぶとよいのではないでしょうか。