シロカ カフェばこ SC-A351のレビューや口コミ、評判は?

アイキャッチ キッチン家電

最近では、自宅でテレワーク中においしいコーヒーを飲みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、手軽にお店のようなおいしいコーヒーを飲むことができるということで全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。

その中で口コミの評価が高いのが、シロカ カフェばこ SC-A351なんですね。

そこで、今回は、このシロカ カフェばこ SC-A351のレビューや口コミ、評判についてまとめてみました。

シロカ カフェばこ SC-A351は豆挽きからドリップまで全自動

シロカ カフェばこ SC-A351は、焙煎した豆を挽くところからドリップ(抽出)まで、全自動で行ってくれるコーヒーメーカーなんです。

コーヒーを淹れる工程としては、

1.コーヒー豆をセットして、ミルで挽く。
2.コーヒー粉にお湯を注いで蒸らす。
3.コーヒーをドリップ(抽出)する。

このような手順を全自動で行ってくれるので、誰でも手軽においしいコーヒーを淹れることができるというわけなんですね。

自宅でテレワークをしながら、挽き立てのコーヒーの香りを楽しめるというのは最高に贅沢なのではないでしょうか。

このシロカ カフェばこ SC-A351では、コーヒーをおいしくドリップするために、コーヒーのカップ数に応じた「中細挽き」を自動で行ってくれるので、いつでも変わらない安定したおいしさを味わうことができるんです。

全自動でいつも同じ味のコーヒーを淹れてくれるので、仕事の合間に一息ついてリラックスするのに最高ですね。

ちなみに、シロカ カフェばこ SC-A351は、コーヒー粉からもドリップすることができます。

シロカ カフェばこ SC-A351は蒸らし機能でおいしさUP

シロカ カフェばこ SC-A351には、蒸らし機能が搭載されいます。

コーヒー豆は油脂分を含んでいるため、豆を挽いた後、そのコーヒー粉に全部のお湯を一度に注いでしまうと、水分を弾いてしまい味がなじまないのですが、最初に少量のお湯を注いでじっくり蒸らすと、コーヒー粉の油脂と水分がなじんで、粉全体にお湯が行き渡り、浸透しやすくなるんですね。

そこで、シロカ カフェばこ SC-A351では、豆を挽いた後、“蒸らし”の工程を入れることで、コーヒー本来のおいしさを抽出し、カフェで飲むような味わい深いコーヒーを淹れられるようにしたわけなんです。

シロカ SC-A351はステンレスフィルターでコーヒーオイルまで抽出

シロカ カフェばこ SC-A351は、ステンレスフィルターを採用しています。

ステンレスフィルターは、コーヒー豆の油分まで抽出することができるので、コーヒーの香りが広がり、複雑な酸味、コク深い味わいを楽しむことができるんです。

濃い目のコーヒーが好きな方にはピッタリですね。

また、使用後は洗って繰り返し使うことができるので、コストがかからず経済的というメリットもあるんですよね。

シロカ SC-A351はガラスサーバーなのでコーヒーの分量が一目で分かる

シロカ カフェばこ SC-A351は、ガラスサーバーを採用しています。

サーバーの中身が見えるので、「ホット」「マグカップ」「アイス」の目盛りで、淹れ立てのコーヒーの分量が一目で分かりとても便利なんですよね。

ホットコーヒーだけではなく、アイスコーヒーを淹れることもできるんですね。

豆の挽き方は同じですが、給水タンクにアイスコーヒー用の目盛りがあるので、それに合わせて水の容量を変えれば、アイスコーヒーを淹れることができるようになっています。

コーヒーの抽出後に、氷を入れたグラスにコーヒーを移して冷やせばアイスコーヒーのできあがりです。

シロカ カフェばこ SC-A351は着脱式給水タンク

シロカ カフェばこ SC-A351は、給水タンクが着脱式になっているので、楽に給水をすることができますし、使用後の水洗いも隅々まで簡単にできて、とても便利です。

そして、本体の蓋、ミル付きバスケット、ステンレスフィルター、ガラスサーバー、給水タンクを取り外して、簡単に丸洗いできるので、お掃除も簡単でよいですね。

シロカ カフェばこ SC-A351はタイマー機能を搭載

さらに、シロカ カフェばこ SC-A351は、タイマー機能も搭載されています。

ですから、夜寝る前にタイマーをセットしておけば、朝の忙しい時間に淹れ立てのコーヒーの香りで目覚めることができてとても便利なんですよね。

忙しい朝には、とても重宝する機能ですよね。

コーヒーを抽出した後は、自動で30分間保温され、その後電源が落ちるようになっているので安心ですね。

シロカ カフェばこ SC-A351の価格は?

それでは、気になるシロカ カフェばこ SC-A351の価格を見てみましょう。

2021年11月5日現在、Amazonでは、シロカ カフェばこ SC-A351の価格は、15,180円となっています。

シロカ カフェばこ SC-A351のスペック(仕様)

サイズ 幅16.2cm×奥行28cm×高さ26.4cm
重さ 2.7kg
容量 約4杯分(550ml)
消費電力 600W
ミルの方式 プロペラ式
豆の挽き方 中細挽き
フィルター ステンレスフィルター
サーバー ガラス製
蒸らし機能
保温機能 ○(30分)
タイマー機能
給水タンクの着脱
SC-A351とSC-A371の違い シロカ カフェばこを比較 カラーは?ステンレスサーバーか?価格は?どっちがおすすめ?
シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371は、カラー・サーバーがガラス製かステンレス製か?価格という3つの点で違いがあるんですね。今回は、シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351とSC-A371の3つの違いや共通点について詳しくレビューしてみました。
シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A221の違いを比較 給水タンクは着脱式?タイマー機能は?サイズは?価格は?
シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A221の違いを比較してみると、デジタルかダイヤル式か?カラーの違い・給水タンクが着脱式か?タイマー機能を搭載しているか?サイズの違い・価格の違い、これらの6つの点で違いがあるんですね。今回は、シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A221の6つの違いや共通点など、詳しくレビューしてみました。

シロカ カフェばこ SC-A351の口コミは?

ここで、シロカ カフェばこ SC-A351の口コミを見てみましょう。

・簡単においしいコーヒーを飲むことができます。パーツを取り外して丸洗いできるのでとても便利ですし、コスパも最高です。

・コーヒーを淹れるのも掃除も簡単で使い勝手がよいです。コンパクトなデザインで置き場所に困らないのもよいですね。

・全自動なのでとても便利。淹れ立てのコーヒーの香りも最高。

・購入して大正解でした。とてもおすすめです。

・ステンレスフィルターなので、濃い目のコーヒーが好きな自分にはピッタリでした。

・タイマー付きなので、夜セットしておけば、朝の忙しい時間にコーヒーのよい香りで起きられて大満足です。

・旧機種と比べて、音も静かになったし、給水タンクが着脱式になり、便利になった。タイマー機能と保温機能もよくなった。ステンレスフィルターでコストがかからないのも助かる。

・オシャレなデザインで、おいしいコーヒーを飲めるので言うことなし。コクのあるおいしいコーヒーを飲める。

・コーヒー豆のカスが残り味に雑味が加わるので、毎回洗う必要がありますが、慣れれば問題ないです。とても使い勝手がよく、重宝しています。

 

【知らないと損する!?】Amazonでシロカ カフェばこ SC-A351を安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、シロカ カフェばこ SC-A351をよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、シロカ カフェばこ SC-A351のレビューや口コミ、評判を見てきましたが、

・コーヒー豆を挽くところからドリップまで全自動
・蒸らし機能でコーヒー本来のおいしさを抽出できる
・ステンレスフィルターでコーヒーオイルまで抽出できる
・コーヒーの分量が一目で分かるガラスサーバーを採用
・給水タンクが着脱式
・タイマー機能を搭載

このようなコーヒーメーカーを探しているという方は、シロカ カフェばこ SC-A351を試してみるとよいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました