KAT-B130とKAM-S130の違い タイガー オーブントースター やきたてを比較 断熱Wガラス構造か?サイズや重さは?

アイキャッチ キッチン家電

タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いを比較してみました。

やきたて KAT-B130とKAM-S130は、KAT-B130が上位モデルKAM-S130が下位モデルという位置づけになっているんですね。

そして、2つのオーブントースターは、

1.断熱Wガラス構造か?
2.サイズや重さの違い
3.カラーの違い
4.価格の違い

という4つの点で違いがあるんですね。

また、この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、

・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

という共通点があるんですね。

ですから、どっちのオーブントースターがおすすめかと言うと、これらの共通点を踏まえた上で、

・断熱Wガラス構造になっている方がよい

このように考えている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130がおすすめです。

・断熱Wガラス構造でなくてもよい
・サイズが小さく重さも軽い方がよい
・カラーをグロスレッドとマットブラックの2色から選べる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように考えている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAM-S130がおすすめです。

今回は、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の4つの違いや共通点について詳しくレビューしてみました。

KAT-B130とKAM-S130の違い1 断熱Wガラス構造か?

KAT-B130とKAM-S130の違い1 断熱Wガラス構造か?

タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いとして、まず挙げられるのが、断熱Wガラス構造かという点なんですね。

やきたて KAT-B130は、断熱Wガラス構造になっているんですね。

この断熱Wガラス構造は、タイガーが長年築き上げてきた、魔法瓶の断熱技術からヒントを得て、オーブントースターに応用されたものなんですよね。

ガラスを2重構造にすることで、熱を中に閉じ込め、広い庫内の熱を均一に保ち、料理を素早くおいしく仕上げることができるというわけなんです。

従来の製品とKAT-B130の外部温度を比較

ここで、従来の製品とKAT-B130の外部温度を比較してみると、KAT-B130では庫内の熱が外に逃げにくくなっていることが分かりますね。

トーストの水分蒸発率を約8.9%削減

そして、やきたて KAT-B130は、従来の製品と比較すると、この断熱Wガラス構造により、トーストの水分蒸発率を約8.9%削減することができるようになったんですね。

これにより、トーストの水分をしっとりと保つことができるようになったので、水分を逃さず、外はサクッと中はしっとりとしたトーストを焼き上げることができるようになったんですよね。

これに対して、やきたて KAM-S130は、断熱Wガラス構造ではないんですね。

ですから、トーストのしっとり感は、やきたて KAT-B130の方が強いと言えるでしょう。

外はサクッと、中はしっとりふわっとアツアツのトーストを焼き上げたいという方は、やきたて KAT-B130を選んでみるとよいかもしれませんね。

KAT-B130とKAM-S130の違い2 サイズや重さの違い

KAT-B130とKAM-S130の違い2 サイズや重さの違い

次に、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いとして、サイズや重さの違いという点も挙げられますね。

KAT-B130 KAM-S130
本体サイズ 幅37.7×奥行34.5×高さ24.5cm 幅35.1×奥行33.0×高さ22.5cm
庫内有効寸法 幅32.5×奥行26.0×高さ10.0cm 幅30.0×奥行26.5×高さ9.0cm
重さ 4.7㎏ 3.7kg

やきたて KAM-S130の方が、コンパクトサイズで重さを1㎏ほど軽くなっているんですね。

やはり、やきたて KAT-B130は断熱Wガラス構造になっているので、その分重さも重くなっているんですね。

また、やきたて KAT-B130とKAM-S130はどちらも

・トーストを同時に3枚焼ける
・25cmのピザを丸ごと焼ける
・グラタン皿を同時に2枚焼ける

ということになっているので、この点も考慮に入れてみるとよいですね。

KAT-B130とKAM-S130の違い3 カラーの違い

KAT-B130とKAM-S130の違い3 カラーの違い

また、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いとして、カラーの違いという点も挙げられますね。

KAT-B130:マットブラック
KAM-S130:グロスレッド・マットブラック

やきたて KAM-S130は、グロスレッドとマットブラックの2色から選べるようになっているんですね。

タイガー TIGER オーブントースター マットブラック KAM-S130-KM[トースター 小型 おしゃれ KAMS130]

KAT-B130とKAM-S130の違い4 価格の違い

KAT-B130とKAM-S130の違い4 価格の違い

そして、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いとして、価格の違いという点も挙げられますね。

2022年3月26日現在、やきたて KAT-B130とKAM-S130の価格は、

KAT-B130-KM(マットブラック) 8,982円(Amazon)
KAM-S130-RG(グロスレッド) 6,480円(楽天市場)
KAM-S130-KM(マットブラック) 6,480円(楽天市場)

となっています。

やきたて KAM-S130の方が価格が安くなっているんですね。

タイガー オーブントースター KAT-B130とKAM-S130の共通点は?

KAT-B130とKAM-S130の共通点は?

さて、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いを見てきましたが、この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、共通点も多いんですよね。

・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

これらの点が、タイガー オーブントースター <やきたて>シリーズの特長と言えますね。

タイガー オーブントースター KAT-B130とKAM-S130 どっちがおすすめ?

KAT-B130とKAM-S130 どっちがおすすめ?

それでは、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130、どっちを選んだらよいでしょうか。

上記の2つのオーブントースターの共通点を踏まえた上で、

・断熱Wガラス構造になっている方がよい

このように思っている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130がおすすめです。

・断熱Wガラス構造でなくてもよい
・サイズが小さく重さも軽い方がよい
・カラーをグロスレッドとマットブラックの2色から選べる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAM-S130がおすすめです。

KAT-A130とKAT-B130の違い タイガー オーブントースターを比較 コンベクション機能搭載か?オートメニューは?
やきたて KAT-A130とKAT-B130は、 KAT-A130が上位モデル、KAT-B130が下位モデルという位置づけになっているんですね。そして、コンベクション機能搭載か?オートメニュー搭載か?焼き色を選べるか?タイマー機能の違い・サイズや重さの違い・カラーの違い・価格の違いという7つの点で違いがあるんですね。
KAM-S130とKAM-R130の違い タイガー トースターの口コミは?どっちがおすすめ?温度調節やタイマーは?カラーや価格は?
タイガー やきたて KAM-S130とKAM-R130は、KAM-S130が上位モデル、KAM-R130が下位モデルとなっているんですね。そして、2つのオーブントースターは、温度調節が無段階か?タイマーは何分までか?調理トレイはシリコン加工か?カラーの違い・価格の違いという5つの点で違いがあるんですね。今回は、KAM-S130とKAM-R130の5つの違いや共通点、口コミなどについて詳しくレビューしてみました。

【知らないと損する!?】Amazonでタイガー やきたて KAT-B130とKAM-S130を安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、タイガー やきたて KAT-B130とKAM-S130をよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130とKAM-S130の違いを比較してみました。

この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、

・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

という共通点があるんですね。

ですから、これらの共通点を踏まえた上で、

・断熱Wガラス構造になっている方がよい

このように思っている方は、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130を選んでみるとよいのではないでしょうか。

これに対して、

・断熱Wガラス構造でなくてもよい
・サイズが小さく重さも軽い方がよい
・カラーをグロスレッドとマットブラックの2色から選べる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方は、タイガー オーブントースター やきたて KAM-S130を選んでみるとよいのではないでしょうか。

タイガー TIGER オーブントースター マットブラック KAM-S130-KM[トースター 小型 おしゃれ KAMS130]
タイトルとURLをコピーしました