ブルーノ トースターとバルミューダを比較 どっちがおすすめ?焼き方モードの違いは?2枚・4枚焼き?自動モードは?パン以外も作れる?

ブルーノ トースターとバルミューダを比較 キッチン家電

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いを比較してみました。

この2つのオーブントースターは、

1.焼き方モードの違い
2.自動モードを搭載しているか?
3.2枚焼きか4枚焼きか?
4.パン以外の料理を作れるか?
5.温度やタイマーの違い
6.サイズや重さの違い
7.お手入れのしやすさの違い
8.価格の違い

という8つの違いがあるんですね。

そして、どっちのオーブントースターがおすすめかと言うと、

・スチームモードとコンベクションモードを使い分けてパンを焼いてみたい
・コンベクションモード・ノーマルモードを使い分けていろいろな料理を作りたい
・トーストを同時に4枚焼ける方がよい
・温度を細かく設定できる方がよい
・タイマーの時間を長く設定できる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように考えている方には、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067がおすすめです。

・トーストだけでなくいろいろなパンをおいしく焼き上げたい
・パンの特性に合わせて自動で焼き方や温度を設定してくれる方がよい
・トーストは2枚同時に焼ければよい
・できるだけサイズが小さい方がよい

このように考えている方には、バルミューダ ザ・トースター K05Aがおすすめです。

今回は、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いについて詳しくレビューしてみました。

\コンベクションモードで料理の幅も広がる♪/
\4つの自動モードでパンの特性に合わせて焼き上げる♪/

ブルーノとバルミューダの比較1 焼き方モードの違い

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、まず挙げられるのが、焼き方モードの違いという点なんですね。

ブルーノには3つの焼き方モードがある

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067には、

・スチームモード
・コンベクションモード
・ノーマルモード

という3つの焼き方モードがあるんです。

このうち、パンを焼き上げるモードは、スチームモードとコンベクションモードの2つになっていて、

・スチームモード:常温の食パン・フランスパン・バターロール
・コンベクションモード:冷凍の食パン・カレーパン・クロワッサン・ピザ(冷蔵・冷凍)

というように、パンの種類によって、焼き方モードを変えるようになっているんですね。

スチームモードでは、5mlの水を入れて焼くことで、薄い水蒸気の膜で食パンの表面を包み込み、水分を逃がさず一気に高温で焼き上げることができるんですね。

こうすることで、焼いた後でも食パンの中の水分が保たれたままなので、外はサクッと中はモッチリふわふわな食感のトーストを焼き上げることができるというわけなんですよね。

コンベクションモードでは、ヒーターの熱をファンで庫内に循環させることで、均一な熱で食材を包み込むことができるんですね。

こうすることで、食材全体に均一に熱が加わり、外はカリッと中はふっくらジューシーに焼きムラなく仕上げることができるというわけなんですよね。

バルミューダのスチームテクノロジーと細やかな温度制御

これに対して、バルミューダ ザ・トースター K05Aは、スチームテクノロジー細やかな温度制御により焼き上げる方法なんですね。

トースターの上部の給水口に5ccの水を入れて庫内にスチーム(水蒸気)を充満させて、上下に1本ずつ搭載されたヒーターのON/OFFを切替ながら細やかな温度制御をしながら焼き上げるんです。

60℃・160℃・220℃という3つの温度帯を細かく制御しながら焼き上げていくんですね。

1.60℃前後:パンの中のやわらかさと風味がよみがえる(デンプンのα化)
2.160℃前後:パンの表面がきつね色に色づき始める
3.220℃前後:焦げつき(炭化)が始まる

最後に強火(220℃前後)で一気に焼き上げるというのが、カリっとこんがり香ばしく焼き上げるコツなんですね。

こうすることで、表面はカリッとサクサク、中はしっとりモチモチ熱々のおいしいパンが焼けるというわけなんです。

ということで、ブルーノとバルミューダの焼き方モードを比較すると、

・ブルーノ:スチームモードとコンベクションモードを使い分ける
・バルミューダ:スチームテクノロジーと細やかな温度制御により焼き上げる

ということになっているんですね。

ブルーノとバルミューダの比較2 自動モードを搭載しているか?

自動モードを搭載しているか?

次に、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、自動モードを搭載しているかという点が挙げられますね。

この点、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067は、3つの焼き方モードを選ぶようになっているんですが、温度や時間は自動ではなく自分で設定するようになっているんですね。

これに対して、バルミューダ ザ・トースター K05Aは、

トースト 表面はサクッとした食感で、裏面は香りが引き立つ焼き加減に仕上げるために、焼き上げ時に上面のヒーターを強くして焼き上げる。
チーズトースト チーズやパンにのせた具材にもしっかり火が通る焼き加減にするために、焼き始めから上面のヒーターを強くして焼き上げる。
フランスパン 表面はパリッとした食感、中は水分を閉じ込めふっくらやわらかく仕上げるために、上下の強さは変えず一定の温度で焼き上げる。
クロワッサン 生地を焦がすことなく、サクッとした食感、中までしっかり温めるために、庫内の温度を高く保ちながら、上面は弱く焼き上げる。

という4つの自動モードを搭載しているんですね。

この4つのモードでは、それぞれのパンの特性に合わせた焼き方や温度を自動で設定してくれるので、あとは時間を設定するだけで、味・香り・食感を最大限に引き出すことができるんですよね。

この4つの自動モードが素晴らしくて、どのパンも本当においしく焼き上げることができるんですよ~

トーストモードでは、こんがりと焼き目を付けて焼き上げるので、トースト以外にも、横半分にスライスしたベーグルやイングリッシュマフィンをカリッと焼き上げるのにも最適なんですよね。

そして、チーズトーストモードでは、上下ヒーターの細かな温度制御により、下面は焼きすぎて焦がさないようにコントロールされていて、上面は強火でしっかり火を通しておいしそうに焦げ目を付けることができるので、チーズトーストだけでなく、調理前に具材をのせたパンを焼くのに最適なんですね。

トーストモードとの大きな違いは、上火が強めなところですね。

最後に220℃で焼く時間が他のモードと比べると長めになっているので、上に載せた具材にしっかり火を通すことができるのが特長なんですよね。

また、フランスパンモードで焼いたフランスパンをスライスしてみると、フワッと小麦の香りが漂い、表面はパリッとした歯切れのよい食感で、中はふっくらふんわりとして最高なんですよね。

表面に焼き色を付けず、中までしっかり温めることができるので、フランスパンだけでなく、ロールパンやコッペパン、マフィンを焼き立てのようにふっくらと温めることができるんですよ。

そして、クロワッサンモードで焼いたクロワッサンは、クロワッサン本来のおいしさであるフワッと香り立つバターとサクサクとしたパイ生地の食感を楽しむことができるんですね。

中までしっかり温め、表面をサクッと仕上げることができるので、クロワッサンだけでなく、デニッシュ系やスコーンをカリっと焼き上げたいときや、メロンパンやカレーパンのリベイクなどに最適なんですよね。

フランスパンモードとクロワッサンモードは両方とも、表面に焦げ目が付かない温度帯で食材を焼くのが特長なんですね。

両者の違いとしては、クロワッサンモードでは、最後の20秒くらいで温度を10℃ほど上げて、表面をサクッと仕上がることができるんですね。

これに対して、フランスパンモードでは、最後に温度を上げるということはしないで、絶妙な食感と香りを出すのが特長となっているんですよね。

このように、バルミューダ ザ・トースター K05Aでは、4つの自動モードを使い分けて、それぞれのパンの特性に合わせた最適な焼き方で、味・香り・食感を最大限に引き出すことができるというわけなんですね。

それぞれのパンに合わせて自分で温度設定をする必要がなく、自動で絶妙な焼き加減で焼いてくれるのはうれしいですよね♪

ブルーノとバルミューダの比較3 2枚焼きか4枚焼きか?

2枚焼きか4枚焼きか?

また、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、2枚焼きか4枚焼きかという点が挙げられますね。

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067は、スリムな外観なんですが、庫内は広々としているので、トーストを4枚同時に焼くことができるんですね。

忙しい朝に、家族4人分のトーストを同時に焼くことができるのは助かりますよね~

これに対して、バルミューダ ザ・トースター K05Aは、コンパクトサイズであまり庫内の奥行がないので、トーストは同時に2枚しか焼けないんですね。

ですから、どうしても4枚同時にトーストを焼きたいという方は、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067を選んだ方がよいかもしれませんね。

\コンベクションモードで料理の幅も広がる♪/
\4つの自動モードでパンの特性に合わせて焼き上げる♪/

ブルーノとバルミューダの比較4 パン以外の料理を作れるか?

パン以外の料理を作れるか?

そして、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、パン以外の料理を作れるかという点も挙げられますね。

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067でパン以外の料理を作るときには、

・コンベクションモード
・ノーマルモード

の焼き方モードが大活躍するんですね。

コンベクションモードでは、ヒーターの熱をファンで庫内に循環させることで、均一な熱で食材を包み込むことができるので、食材全体に均一に熱が加わり、肉や魚の旨みを閉じ込め、ふっくらジューシーに焼きムラなく仕上げることができるんですよね。

予熱なしで焼くことができるのでスイーツ作りにもとても便利ですし、その上、ノンフライ調理まで幅広い料理に対応することができるんですね。

グリルチキンやバスク風チーズケーキも手軽に作ることができるんですよ。

また、天ぷらや唐揚げなど揚げ物の温め直しも得意で、まるで揚げ立てのように表面はサクッと中までアツアツに仕上がるんですね。

そして、ノーマルモードは、グラタンやピザ、切り餅など食材の表面にこんがり焼き目を付けたい料理を作るのに最適なんですよね。

トマトペンネグラタンやパエリアもこんがりおいしく焼き上げることができるんですよ。

このように、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067は、コンベクションモードとノーマルモードを使い分けて、いろいろな料理を作ることができるんですよね。

これに対して、バルミューダ ザ・トースター K05Aにも、スチーム機能を使わないクラシックモードがあるんですね。

クラシックモードは、スチームを使わずに一定の温度で焼き上げる料理に適しているんですよね。

170℃・200℃・230℃の3つの温度設定をすることができ、庫内を一定の温度に保って焼き続けることができるので、いろいろな料理を作ることができるんですね。

170℃:クッキー・ブラウニーなどの焼き菓子や天ぷら、から揚げなどの温め直し
200℃:熱々のグラタン・スコーンなど中までじっくり火を通す調理に
230℃:焼き餅など強い火力でさっと焼き目を付ける調理・きんぴらごぼうのような炒め蒸す料理に

予熱なしで簡単にオーブン料理を作ることができるのでとても便利なんですよね。

このように、どちらのオーブントースターもパン以外の料理を作ることができるんですね。

ただ、強いて言えば、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067の方が、コンベクション機能を搭載している分、料理の幅が広がるかなという感じがしますね。

ブルーノとバルミューダの比較5 温度やタイマーの違い

温度やタイマーの違い

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、温度やタイマーの違いという点も挙げられますね。

ブルーノ BOE067  バルミューダ K05A
温度 90~250℃(10℃刻み) 170℃・200℃・230℃の3段階のみ
タイマー 最大30分まで 最大15分まで(5分までは30秒刻み・5~10分までは1分刻み)

となっているんですね。

ブルーノ BOE067の方が、温度を細かく設定できて、タイマーの時間も長く設定できるので、いろいろなオーブン料理を作るときに便利ですね。

ブルーノとバルミューダの比較6 サイズや重さの違い

サイズや重さの違い

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、サイズや重さの違いという点も挙げられますね。

ブルーノ BOE067 バルミューダ K05A
本体サイズ 幅35.0×奥行37.0×高さ22.5cm 幅35.7×奥行32.1×高さ20.9cm
庫内有効内寸 幅28.0×奥行26.0×高さ8.0cm 幅26.0×奥行16.5×高さ7.5cm
重さ 約4.8㎏ 約4.4㎏

バルミューダ ザ・トースター K05Aの方がコンパクトサイズになっているんですね。

また、購入前するときは、

・ブルーノ BOE067 :4枚焼き
・バルミューダ K05A:2枚焼き

ということも考慮した方がよいですね。

ブルーノとバルミューダの比較7 お手入れのしやすさの違い

お手入れのしやすさの違い

また、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、お手入れのしやすさの違いという点も挙げられますね。

ブルーノとバルミューダのトースターはどちらもパンくずトレイと焼き網を取り外して洗うことができるので、お手入れがしやすいんですよね。

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067は、スチームで焼き上げるという性質上、給水口の給水カップを洗う必要があるんですね。

でも、この水入れは簡単に取り外して洗うことができますし、シリコン製なので汚れも落ちやすくお手入れも簡単なのでそれほど面倒なことはありません。

また、ベイキングトレイもササッと簡単に洗うことができるんですよね。

これに対して、バルミューダ ザ・トースター K05Aもスチーム機能付きで水を入れて焼くという点は同じですが、

・給水パイプ
・ボイラーカバー

これらを取り外して洗う必要があるんですね。

この点が、ちょっと面倒だなと感じる方もいるかもしれませんね。

とはいえ、慣れてくればお手入れのしやすさはそれほど変わらないかなという感じですね。

\コンベクションモードで料理の幅も広がる♪/
\4つの自動モードでパンの特性に合わせて焼き上げる♪/

ブルーノとバルミューダの比較8 価格の違い

価格の違い

そして、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いとして、価格の違いという点も挙げられますね。

2022年7月29日現在、Amazonでは、

ブルーノ BOE067-GRG(グレージュ) 12,000円
ブルーノ BOE067-BK(ブラック) 12,000円
ブルーノ BOE067-BGY(ブルーグレー) 13,350円
バルミューダ K05A-BK(ブラック) 26,300円
バルミューダ K05A-WH(ホワイト) 25,980円
バルミューダ K05A-BG(ベージュ) 25,980円

となっています。

ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067の方が価格が1万円ちょっと安くなっているんですね。

スチームでトーストを焼いてみたいけれどバルミューダはちょっと高いなと感じている方が、ブルーノを購入することが多いようですね。

また、ブルーノにはバルミューダに搭載されていないコンベクション機能が搭載されているという点も購入を決めるポイントとなっているようですね。

ブルーノとバルミューダのトースター どっちがおすすめ?

ブルーノとバルミューダのトースター どっちがおすすめ?

それでは、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05A、どっちを選んだらよいでしょうか。

・スチームモードとコンベクションモードを使い分けてパンを焼いてみたい
・コンベクションモード・ノーマルモードを使い分けていろいろな料理を作りたい
・トーストを同時に4枚焼ける方がよい
・温度を細かく設定できる方がよい
・タイマーの時間を長く設定できる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067がおすすめです。

・トーストだけでなくいろいろなパンをおいしく焼き上げたい
・パンの特性に合わせて自動で焼き方や温度を設定してくれる方がよい
・トーストは2枚同時に焼ければよい
・できるだけサイズが小さい方がよい

このように思っている方には、バルミューダ ザ・トースター K05Aがおすすめです。

ブルーノ トースターのデメリット 庫内サイズの高さが低くて焦げる?サイズが大きい?設定温度が不満?タイマーのつまみを回しにくい?
ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067には、サイズが大きくて置き場所に困る・庫内サイズの高さが低いので焦げやすい・タイマーのつまみを回しにくい・最低設定温度が90℃なので低温調理ができないという4つのデメリットがあるんですね。
バルミューダ トースターのデメリット 高いだけ?小さい?時間がかかる?お手入れが面倒?パン以外の料理が苦手?メリットは?
バルミューダ トースター K05Aには、サイズが小さくて食パン2枚しか焼けない・庫内の高さが低いので高さのあるパンは焼けない・トーストを焼くのに時間がかかる・パン以外の料理は苦手・パーツが多くてお手入れが面倒・価格が高いという6つのデメリットがあるんですね。でも、それを補って余りある魅力的なメリットがあるんですよね。

【知らないと損する!?】Amazonでブルーノとバルミューダのトースターを安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、ブルーノとバルミューダのトースターをよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

amazon charge

まとめ

というわけで、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067とバルミューダ ザ・トースター K05Aの違いを比較してみました。

どちらもスチーム機能でトーストを焼くことができるのですが、

・スチームモードとコンベクションモードを使い分けてパンを焼いてみたい
・コンベクションモード・ノーマルモードを使い分けていろいろな料理を作りたい
・トーストを同時に4枚焼ける方がよい
・温度を細かく設定できる方がよい
・タイマーの時間を長く設定できる方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

というように、スチーム機能だけでなくコンベクション機能を使ってパンを焼いてみたいと思っている方や、コンベクションオーブンで温度やタイマーを細かく設定していろいろな料理を作ってみたいと思っている方や、忙しい朝にトーストを同時に4枚焼きたいと思っている方は、ブルーノ スチーム&ベイク トースター BOE067がおすすめです。

これに対して、

・トーストだけでなくいろいろなパンをおいしく焼き上げたい
・パンの特性に合わせて自動で焼き方や温度を設定してくれる方がよい
・トーストは2枚同時に焼ければよい
・できるだけサイズが小さい方がよい

というように、具材をいろいろと載せたパンを焼いてみたいと思っている方や、とにかくいろいろなパンをおいしく食べたいと思っている方は、バルミューダ ザ・トースター K05Aがおすすめです。

\コンベクションモードで料理の幅も広がる♪/
\4つの自動モードでパンの特性に合わせて焼き上げる♪/
タイトルとURLをコピーしました