KAT-A130とKAT-B130の違い タイガー オーブントースターを比較 コンベクション機能搭載か?オートメニューは?

アイキャッチ キッチン家電

タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いを比較してみました。

やきたて KAT-A130とKAT-B130は、 KAT-A130が上位モデルKAT-B130が下位モデルという位置づけになっているんですね。

そして、この2つのオーブントースターは、

1.コンベクション機能搭載か?
2.オートメニュー搭載か?
3.焼き色を選べるか?
4.タイマー機能の違い
5.サイズや重さの違い
6.カラーの違い
7.価格の違い

という7つの点で違いがあるんですね。

また、この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、

・断熱Wガラス構造で熱を閉じ込め焼きムラなく中までしっかり加熱する
・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

という共通点があるんですね。

ですから、どっちのオーブントースターがおすすめかと言うと、これらの共通点を踏まえた上で、

・コンベクション機能を搭載している方がよい
・オートメニューを搭載している方がよい
・焼き色を選べる方がよい
・タイマー機能はデジタル表示で10分までは30秒刻みの方がよい
・カラーはマットホワイトがよい

このように考えている方には、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130がおすすめです。

これに対して、

・コンベクション機能を搭載していなくてもよい
・オートメニューを搭載していなくてもよい
・サイズが小さくて重さも軽い方がよい
・カラーはマットブラックがよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように考えている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130がおすすめです。

今回は、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の7つの違いや共通点について詳しくレビューしてみました。

KAT-A130とKAT-B130の違い1 コンベクション機能搭載か?

KAT-A130とKAT-B130の違い1 コンベクション機能搭載か?

タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、まず挙げられるのが、コンベクション機能を搭載しているかという点なんですね。

やきたて KAT-A130熱風コンベクションにより、ヒーターから発する熱を庫内全体に循環させて加熱ムラを抑えることができるんですよね。

コンベクションオーブンとは、ヒーターから発する熱をファンを使って庫内全体に循環させて、その熱で食材を包み込んで加熱ムラなく芯まで効率よく加熱することができるというものなんですね。

ですから、やきたて KAT-A130では、ヒーターから発する熱をファンを使ってコンベクション(対流)させることによって、通常のオーブントースターよりも、焼きムラを抑えてふっくらと仕上げることができるというわけなんです。

また、このコンベクション機能は揚げ物の温め直しやチルド食品の温めでも威力を発揮するんですよね。

唐揚げやコロッケなどの揚げ物は、衣がサクサクで中身がアツアツに温まって、まるで揚げたてのような食感が復活するんですね。

そして、チルド食品も、グラタンは中までアツアツにおいしく温まりますし、ピザはサクッとふんわりおいしく焼き上がるんですよね。

このように、やきたて KAT-A130のコンベクション機能は、トーストをおいしく焼き上げるだけでなく、揚げ物の温め直しやチルド食品の温めでも大活躍してくれるんですよ~

これに対して、やきたて KAT-B130ではコンベクション機能を搭載していないんですね。

ですから、コンベクションオーブンを使ってみたいなと思っている方は、やきたて KAT-A130を選んでみるとよいのではないでしょうか。

KAT-A130とKAT-B130の違い2 オートメニュー搭載か?

KAT-A130とKAT-B130の違い2 オートメニュー搭載か?

次に、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、オートメニューを搭載しているかという点が挙げられますね。

やきたて KAT-A130は、7つのオートメニューを搭載しているんですね。

・トースト(常温・冷凍)
・フライあたため(常温・冷凍)
・パンあたため
・ピザ
・グラタン
・こんがり上火
・もち

この7つのオートメニューがとても便利なんですよね。

「トースト」メニューでは、常温か冷凍か、トーストの枚数を1~3枚まで選ぶことができるんですね。

これらを選んだあとは、自動で温度と時間を設定してくれるので、温度調節が難しい冷凍食パンも、とてもよい具合に焦げ目を付いてパリッとふっくら焼き上がるんですよね。

コンベクション機能付きで、熱風循環させて庫内の温度を均一に保つことができるので、トーストも焼きムラができず、こんがりとキレイな焼き上がりになるんですね。

また、「フライあたため」メニューが素晴らしいんですね。

この「フライあたため」メニューは常温か冷凍か選ぶことができる点が優れものなんですよね。

とくに、冷凍フライあたためメニューでは、一定の温度リズムで温める常温フライあたためメニューとは異なり、マイコンによる細かなヒーター制御で、温め始めは焦がさない温度で食材の中心まで解凍して、その後温度を上げて表面をサクッと温めるようになっているんですね。

こうすることで、食材の中までアツアツ、外はサクサクとした焼き上がりになるというわけなんですね。

コロッケが絶品に仕上がるんですよ~

衣はカリッとした食感で、芯までアツアツに温まって、まるで揚げたてのようになるんですよね。

唐揚げも程よく油が落ちてヘルシーに仕上がりました。

コンベクションオーブンで加熱ムラを抑えてふっくらと仕上げることができるので、揚げ物の温め直しが得意というのも納得ですよね。

そして、「パンあたため」メニューでは、クロワッサンも焦がさずにサクサクに温めることができるんですね。

通常のトースターでクロワッサンを温めようとすると、パンの表面が焦げてしまって、上手に温めることができないことが多いんですよね。

でも、この「パンあたため」メニューでは、ボタンを押すだけで、後は自動で、クロワッサンを焦がすことなく、表面はサクサクで、中はアツアツふっくらと温めてくれるんですね。

また、クロワッサンだけでなく、フランスパンも、表面はパリッと中はふわっと、上手に温めてくれるのでとても使い勝手がいいんですよね。

お惣菜パンも、焼きたてのように、カリッとふんわり中までしっかり温まって、絶品に仕上がりますよ~

これに対して、やきたて KAT-B130では、オートメニューを搭載していないんですね。

また、コンベクション機能も搭載していないので、やきたて KAT-A130と同じように、トーストを焼いたり、揚げ物の温め直しをしたりすることはちょっと難しいかもしれません。

ですから、コンベクション機能やオートメニュー機能を試してみたいという方は、やきたて KAT-A130を選んでみた方がよいかもしれませんね。

KAT-A130とKAT-B130の違い3 焼き色を選べるか?

KAT-A130とKAT-B130の違い3 焼き色を選べるか?

また、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、焼き色を選べるかという点も挙げられますね。

やきたて KAT-A130では、パンあたため以外の6つのオートメニューで“焼き色”を選ぶことができるんですね。

“焼き色”は1~5までの5段階から選べるようになっているので、メニューに合わせて、自分の好みの“焼き色”を選んでみるとよいですね。

ちょっと地味かもしれませんが、焼き上がりに微妙な違いがあってよいですよ。

KAT-A130とKAT-B130の違い4 タイマー機能の違い

KAT-A130とKAT-B130の違い4 タイマー機能の違い

そして、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、タイマー機能の違いという点も挙げられますね。

ちょっと地味な違いなのですが、やきたて KAT-A130とやきたて KAT-B130では、タイマー機能が微妙に異なるんですよね。

最大30分までのロングタイマー機能という点では同じなのですが、

やきたて KAT-A130では、

・デジタル表示
・10分までは30秒刻み・10~30分までは1分刻み

という点で微妙に変わっているんですね。

細かいことのようですが、30秒刻みで細かく時間設定できるようになったので、食材の焼き加減を細かく調節することができてよいですね。

KAT-A130とKAT-B130の違い5 サイズや重さの違い

KAT-A130とKAT-B130の違い5 サイズや重さの違い

タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、サイズや重さの違いという点も挙げられますね。

KAT-A130 KAT-B130
本体サイズ 幅37.7×奥行38.5×高さ24.5cm 幅37.7×奥行34.5×高さ24.5cm
庫内有効寸法 幅32.5×奥行26.0×高さ10.0cm 幅32.5×奥行26.0×高さ10.0cm
重さ 5.4㎏ 4.7㎏

庫内有効寸法は変わらないのですが、やきたて KAT-A130では、コンベクション機能で庫内の熱を循環させるファンが本体後方に付いているため、奥行が4cm深くなっているんですね。

また、重さも0.7㎏重くなっているんですよね。

ですから、もしかしたらキッチンの棚に収まらない可能性もあるので、購入前にキッチンでの置き場所を確保しておいた方がよいですね。

KAT-A130とKAT-B130の違い6 カラーの違い

KAT-A130とKAT-B130の違い6 カラーの違い

また、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、カラーの違いという点も挙げられますね。

KAT-A130:マットホワイト
KAT-B130:マットブラック

それぞれ1色しかないので、キッチン家電のカラーを統一したいという方は、チェックしておいた方がよいですね。

KAT-A130とKAT-B130の違い7 価格の違い

KAT-A130とKAT-B130の違い7 価格の違い

そして、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いとして、価格の違いという点も挙げられますね。

2022年1月22日現在、Amazonでの価格は、

KAT-A130-WM(マットホワイト) 14,200円
KAT-B130-KM(マットブラック) 9,491円

となっています。

やきたて KAT-B130の方が価格が安くなっているんですね。

タイガー オーブントースター KAT-A130とKAT-B130の共通点は?

KAT-A130とKAT-B130の共通点は?

さて、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いを見てきましたが、

この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、共通点も多いんですよね。

・断熱Wガラス構造で熱を閉じ込め焼きムラなく中までしっかり加熱する
・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

これらの点が、タイガー オーブントースター <やきたて>シリーズの特長と言えますね。

タイガー オーブントースター KAT-A130とKAT-B130 どっちがおすすめ?

KAT-A130とKAT-B130 どっちがおすすめ?

それでは、タイガー オーブントースター KAT-A130とKAT-B130、どっちを選んだらよいでしょうか。

上記の2つのオーブントースターの共通点を踏まえた上で、

・コンベクション機能を搭載している方がよい
・オートメニューを搭載している方がよい
・焼き色を選べる方がよい
・タイマー機能はデジタル表示で10分までは30秒刻みの方がよい
・カラーはマットホワイトがよい

このように思っている方には、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130がおすすめです。

・コンベクション機能を搭載していなくてもよい
・オートメニューを搭載していなくてもよい
・サイズが小さくて重さも軽い方がよい
・カラーはマットブラックがよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130がおすすめです。

タイガー KAT-A130のレビューと口コミ 熱風コンベクションと断熱Wガラス♪トーストが素早く焼ける♪7つのオートメニューが秀逸♪
タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130には、熱風コンベクションで焼きムラなし・断熱Wガラスで熱を閉じこめ均一に保つ・黒遠赤ヒーターで中までしっかり加熱する・トースト3枚が素早く焼き上がる・7つのオートメニューで本格料理も簡単・無段階温度調節とタイマー機能で料理の幅が広がる・パーツを外して丸洗いできるからお手入れも簡単という特長があるんですね。
KAT-B130とKAM-S130の違い タイガー オーブントースター やきたてを比較 断熱Wガラス構造か?サイズや重さは?
タイガー やきたて KAT-B130とKAM-S130は、KAT-B130が上位モデル、KAM-S130が下位モデルという位置づけになっているんですね。そして、断熱Wガラス構造か?サイズや重さの違い・カラーの違い・価格の違いという4つの点で違いがあるんですね。

【知らないと損する!?】Amazonでタイガー やきたて KAT-A130とKAT-B130を安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、タイガー やきたて KAT-A130とKAT-B130をよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130とオーブントースター やきたて KAT-B130の違いを比較してみました。

この2つのオーブントースターは、同じタイガーの<やきたて>シリーズということで、

・断熱Wガラス構造で熱を閉じ込め焼きムラなく中までしっかり加熱する
・黒遠赤ヒーターで表面はカリッとこんがり中までしっかり加熱する
・ハイパワー1300Wのトリプルヒーターを搭載
・「ガルバニウム鋼板」採用で熱反射率が高く食材に効率よく熱が伝わる
・ワイド庫内で食パンを3枚同時に、25cmピザも丸ごと焼ける
・80℃~250℃までの無段階温度調節で多彩な料理を作れる
・最大30分までのロングタイマー機能でグラタンや焼き芋も作りやすい
・波型深皿調理トレイでフレンチトーストも簡単に作れる
・ネット状焼きアミでパンもお餅も焼きムラを抑えて焼き上げる
・焼きアミが大きく前にせり出すので熱々の料理も取り出しやすい
・パンくずトレイや焼きアミを取り外して丸洗いすることができる
・深皿調理トレイはシリコン加工で食材がこびりつきにくくお手入れも簡単

という共通点があるんですね。

ですから、これらの共通点を踏まえた上で、

・コンベクション機能を搭載している方がよい
・オートメニューを搭載している方がよい
・焼き色を選べる方がよい
・タイマー機能はデジタル表示で10分までは30秒刻みの方がよい
・カラーはマットホワイトがよい

このように思っている方は、タイガー コンベクションオーブン&トースター やきたて KAT-A130を選んでみるとよいのではないでしょうか。

これに対して、

・コンベクション機能を搭載していなくてもよい
・オートメニューを搭載していなくてもよい
・サイズが小さくて重さも軽い方がよい
・カラーはマットブラックがよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方は、タイガー オーブントースター やきたて KAT-B130を選んでみるとよいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました