タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違いを比較 どっちを選んだらよいか?

アイキャッチ キッチン家電

最近は、サクッとおいしいトーストが焼けるオーブントースターが大人気なんですね。

そして、おうちでおいしいトーストを焼けるというだけでなく、いろいろと便利な機能が搭載されたオーブントースターが注目されているんですよね。

その中でも、タイガーと象印のオーブントースターはとても評判がいいんですね。

そこで、今回は、人気のタイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いを比較してみました。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い1 コンベクション機能を搭載しているか?

コンベクション機能を搭載しているか?

タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いとしてまず挙げられるのが、コンベクション機能を搭載しているかどうかという点ですね。

タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130は、その名の通り、コンベクション機能を搭載しているんですね。

コンベクションオーブンは、ヒーターから発する熱をファンを使って庫内全体に循環させて、食材を包み込んで加熱ムラなく調理することができるんです。

タイガー KAT-A130は、ヒーターから発する熱をファンを使ってコンベクション(対流)させることによって、通常のオーブントースターよりも、食材の焼きムラを抑えてふっくらと仕上げることができるんですね。

断熱Wガラス構造

しかも、断熱Wガラス構造になっているので、熱を中に閉じ込め、広い庫内の熱を均一に保ち、料理を素早くおいしく仕上げることができるんですよね。

そして、タイガー KAT-A130は、熱風コンベクション&断熱Wガラス構造によって、従来の製品よりも30秒早くトーストを焼き上げることができるだけでなく、トーストの水分蒸発率も約8.9%削減することができるようになったんですね。

ですから、トーストの水分をしっとりと閉じ込めて、表面はサクッと、中はアツアツでしっとりふわっとしたトーストを焼き上げることができるんですよ~

「サクふわトースト」コースを搭載

これに対して、象印 EQ-JA22は、コンベクション機能を搭載していないんですね。

でも、「サクふわトースト」コースを搭載しているんですよね。

この象印 EQ-JA22の「サクふわトースト」コースは、トーストを焼く途中で、トーストの表面に焦げ目が付かない中温の温度帯で焼く時間を長くして、サクッとした食感に焼ける層の厚みを増やし、最後に一気に火力を上げて、最大温度で表面にこんがりと焼き色をつけて焼き上げるというものなんですね。

この「サクふわトースト」コースが本当にスゴいんですよね♪

“サクサク”“モッチリ”“ふわふわ”“しっとり”のすべてを兼ね備えた食感なんですよ~

トーストは表面の焼きムラも少なめで、香ばしく甘みもあって、本当においしいんです。

というわけなので、コンベクションオーブンで料理をしたいという方は、タイガー KAT-A130を選んだ方がよいですね。

でも、トーストの焼き上がりを比較すると、象印 EQ-JA22の「サクふわトースト」コースで焼いたトーストは、“サクサク”“モッチリ”“ふわふわ”“しっとり”をすべて兼ね備えていて絶品になるので、おいしいトーストを食べたいという方は、象印 EQ-JA22を選んでみるのもよいかもしれませんね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い2 火力やヒーターの本数は?

タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いとして次に挙げられるのが、火力やヒーターの本数ですね。

KAT-A130 EQ-JA22
消費電力 1312W(ヒーター:1300W, ファン:12W) 1032W
ヒーターの本数 3本(上1本・下2本) 4本(上2本・下2本)

黒遠赤ヒーター

タイガー KAT-A130には、上1本・下2本のトリプルヒーターが搭載されているんですが、上のヒーターが黒遠赤ヒーターになっているんですね。

そして、この黒遠赤ヒーターは、従来の製品の遠赤ヒーターと比較すると、遠赤外線量が約5%アップしているんですよね。

ですから、タイガー KAT-A130では、上1本の黒遠赤ヒーターと下2本の遠赤ヒーターのトリプルヒーターによって、食材の内部も外側も効果的に加熱することができるようになっているので、こんがりふっくら、食材の芯までしっかりと温めることができるんですね。

しかも、ワット数が1312Wですから、かなりの高火力で加熱することができるんですよね。

これに対して、象印 EQ-JA22は、ヒーターの本数は4本となっていて、上2本が遠赤外線ヒーターになっているんですね。

そして、ワット数が1032Wということですから、タイガー KAT-A130と比較すると、火力が弱いのかなという感じですよね。

高火力スイッチヒーティング

でも、象印 EQ-JA22には、高火力スイッチヒーティングが搭載されているんですね。

この高火力スイッチヒーティングは、上下ヒーターを交互に高火力で加熱することで、フライあたためやピザなど、調理するメニューに合わせて最適な温度で加熱するというものなんです。

従来のオーブントースターは、上下のヒーターで同時に加熱するので、食材の表面・裏面・中心の仕上がりに温度のムラができてしまうんですよね。

この点、象印 EQ-JA22の高火力スイッチヒーティングでは、上下ヒーターを交互に高火力で加熱することで、料理の表面と裏面をほぼ同じ温度に仕上げることができるので、料理に温度のムラができずに、おいしく仕上がるというわけなんですね。

というわけで、タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の消費電力やヒーターの本数だけを単純に比較するだけでは、料理の仕上がりまでは比べられないかなという感じがしますね。

ですから、

・従来の製品よりも遠赤外線量が約5%アップした黒遠赤ヒーターで加熱してみたい

と思っている方は、タイガー KAT-A130を選んだ方がよいですが、

・高火力スイッチヒーティングで料理を表面と裏面の温度ムラをなくして仕上げたい

と思っている方は、象印 EQ-JA22を選んでみるとよいかもしれませんね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い3 トーストを同時に何枚焼けるか?

トーストを同時に何枚焼けるか?

そして、タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いとして、トーストを同時に何枚焼けるのかという点が挙げられますね。

KAT-A130 EQ-JA22
外形寸法 幅37.7×奥行38.5×高さ24.5cm 幅33.5×奥行29.0×高さ26.0cm
庫内寸法 幅32.5×奥行26.0×高さ10.0cm 幅27.0×奥行23.5×高さ11.0cm

タイガー KAT-A130は、幅約32.5cmのワイド&ビッグ庫内なので、トーストを同時に3枚直径25cmのピザも丸ごと焼けますし、グラタン皿も2皿同時に焼き上げることができるんですね。

ここで、メーカーの推奨のトーストの枚数は3枚となっているのですが、実はちょっと頑張れば、4枚並べて焼くこともできちゃうんですね。

ただ、やはりメーカーの推奨の枚数は3枚なので、4枚焼いたら焼きムラができるかもと思ったのですが、コンベクション機能のおかげで、庫内の温度も均一になるので、表も裏もそこそこキレイにこんがり焼き色が付いておいしそうに焼き上がりました。

とはいえ、トーストの焼き具合に強いこだわりがあるという方にはこの4枚焼きはおすすめできないかもしれません。

朝の忙しい時間に4人家族で、4枚同時に焼きたいという方は、4枚焼きにチャレンジしてみてもよいかもしれませんね。

これに対して、象印 EQ-JA22は、トーストを同時に2枚直径20cmのピザを丸ごと焼くことができるんですね。

ですから、トーストを同時に3枚(あるいは4枚)、直径25cmのピザを丸ごと焼きたいと思っている方は、タイガー KAT-A130を選んだ方がよいかもしれませんね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い4 自動調理機能は?

また、タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いとして、自動調理機能のコースが挙げられますね。

KAT-A130 EQ-JA22
トースト(常温・冷凍) トースト
フライあたため(常温・冷凍) 冷凍トースト
パンあたため サクふわトースト
ピザ サクサクフライあたため
グラタン 窯焼き冷蔵ピザ
こんがり上火 窯焼き冷凍ピザ
もち 窯焼き手作りピザ
手作りパン

象印 EQ-JA22の「サクふわトースト」コースが秀逸!

「サクふわトースト」コース

象印 EQ-JA22は、「サクふわトースト」コースを搭載しているんですね。

この「サクふわトースト」コースは、トーストを焼く途中で、トーストの表面に焦げ目が付かない中温の温度帯で焼く時間を長くして、サクッとした食感に焼ける層の厚みを増やし、最後に一気に火力を上げて、最大温度で表面にこんがりと焼き色をつけて焼き上げるというものなんです。

こうすることにより、トーストの表面はこんがりきつね色でサクッと、中身はモッチリふわっとした食感に焼き上がるんですね。

“サクサク”“モッチリ”“ふわふわ”“しっとり”のすべてを兼ね備えた食感の絶品トーストが焼き上がるんですよ~

ここで、タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22のトーストの焼き上がりを比較すると、やはり、象印 EQ-JA22に軍配が上がりますね♪

フライあたため機能の違い

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22は、どちらも自動調理メニューに「フライあたため」コースが搭載されているのですが、その内容が若干異なるんですね。

「フライあたため」コースは常温と冷凍を選ぶことができる

タイガー KAT-A130の「フライあたため」コースは、常温と冷凍を選ぶことができるんですね。

冷凍モードでは、マイコンによる細かなヒーター制御で、温め始めは焦がさない温度で食材の中心まで解凍して、その後温度を上げて表面をサクッと温めることができるんです。

この冷凍モードの「フライあたため」コースは、冷凍モードを選べば、あとは自動で温め時間を設定して上手に温めてくれるので本当に便利なんですね。

「サクサクフライあたため」コース

これに対して、象印 EQ-JA22の「サクサクフライあたため」コースは、

・からあげ
・コロッケ
・とんかつ

3つの専用コースを選ぶことができるんです。

しかも、個数で時間設定をしてくれるので、

例えば、コロッケ1個とか、唐揚げ3個とか選んだら、あとは自動で、コロッケ1個あるいは唐揚げ3個を温めるのに最適な温度・時間まできっちり自動で設定して温めてくれるというわけなんですね。

これがすばらしいんですよね♪

コロッケも唐揚げも、表面がサクッサクで、中までしっかりアツアツで、まるで揚げたてのような食感になるんですよ~

ただ、コロッケの温め直しだけを比較すると、タイガー KAT-A130もなかなか優れていて、表面はカリッと、中は芯までアツアツに温まって、象印 EQ-JA22と比べて甲乙つけがたいという感じですね。

唐揚げは、象印 EQ-JA22の方が、衣のカリッと感がよく出ていておいしいかな。

クロワッサンを焦がさずおいしく温められるか?

クロワッサンを焦がさずおいしく温められるか?

トースターでクロワッサンを温めようとすると、パンの表面が焦げてしまって、上手に温めることができないことが多いんですよね。

この点、タイガー KAT-A130には、「パンあたため」コースが搭載されていて、ボタンを押すだけで、後は自動で、クロワッサンを焦がすことなく、表面はサクサクで、中はアツアツふっくらおいしく仕上げてくれるんですね。

これに対して、象印 EQ-JA22は、クロワッサンの温め直しは、自動メニューに搭載されていないので、手動メニューで温めないといけないのですが、サクッと感が足りないかなという印象ですね。

「手作りピザ」「手作りパン」コースがあるか?

「手作りピザ」「手作りパン」コースがあるか?

象印 EQ-JA22は、

・窯焼き手作りピザ
・手作りパン

の自動調理コースを搭載しているんですね。

この点、タイガー KAT-A130では、「手作りピザ」「手作りパン」コースは搭載されていないので、手作りピザや手作りパンを作ってみたいという方は、象印 EQ-JA22を選んでみるとよいかもしれませんね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い5 お手入れは?

タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22のお手入れ方法はどうでしょうか。

パンくずトレイと焼き網を取り外して洗うことができる

タイガー KAT-A130は、パンくずトレイと焼き網を取り外して洗うことができるんですね。

また、深皿調理トレイの表面は、シリコン加工が施されていて、食材がこびりつきにくいので、使用後のお掃除も簡単で助かりますね。

そして、扉と庫内にドーム状のカバーが付いていてパンくずが入らない工夫がされているので、パンくずの掃除がしやすいところもポイントが高いですね。

ただ、焼き網の目が細かすぎるので、ちょっと洗うのが大変かなという感じがしますね。

ガラス扉を取り外して洗うことができる

これに対して、象印 EQ-JA22は、ガラス扉を取り外して洗うことができるんですね。

ガラス扉は中央のレバーを倒すだけで簡単に外すことができて、扉と本体の間に落ちたパンくずもキレイに取り除くことができるんですよね。

また、フチまでキレイにできるので、本当にお掃除がしやすいんです。

そして、庫内はフレームが少なくて広々しているので、焼き網を取り外せば、庫内の奥までスッと手が届いて、隅々までお掃除がしやすいんですよね。

パンくずトレイ・焼き網・庫内とガラス扉、全部隅々までキレイに掃除できるので、スッキリ清潔に保つことができてとてもよいです♪

お手入れのしやすさは、象印 EQ-JA22に軍配が上がりますね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の違い6 価格は?

価格は?

それでは、気になるタイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の価格を見てみましょう。

2021年10月10日現在、Amazonでは、タイガー KAT-A130の価格は、14,280円となっています。

これに対して、象印 EQ-JA22の価格は、12,730円となっています。

若干、象印 EQ-JA22の方が、価格が安くなっていますね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の共通点は?

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22の共通点は?

さて、タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いを見てきましたが、この2つのオーブントースターには共通点もあるんですね。

・表面がサクッと中がふわっとおいしいトーストが焼き上がる
・冷凍パンも自動でおいしく焼き上がる
・自動調理機能を搭載している
・80℃~250℃の温度調節とタイマー機能を搭載している

このように、どちらのオーブントースターも、おいしいトーストを焼くことができますし、冷凍パンも自動でおいしく焼き上げることができるんですよね。

また、自動調理機能も搭載していて便利ですし、80℃~250℃の温度調節とタイマー機能で、グラタンなどのオーブン料理はもちろんのこと、焼き芋やお菓子作りにも大活躍なんですね。

タイガー KAT-A130と象印 EQ-JA22 どっちを選んだらよいか?

どっちを選んだらよいか?

それでは、タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22、どっちを選んだらよいのでしょうか。

・熱風コンベクション&断熱Wガラス構造で素早くおいしい料理を作れる
・1312wの高火力と黒遠赤ヒーターで食材の芯までしっかり加熱できる
・トーストを同時に3枚・直径25cmのピザを丸ごと焼ける
・クロワッサンをサクッとふっくらアツアツに温められる

このようなオーブントースターを探しているという方には、タイガー KAT-A130がおすすめです。

これに対して、

・「サクふわトースト」でサクッとモッチリふわふわのトーストを焼ける
・高火力スイッチヒーティングで料理を表面と裏面の温度ムラなく仕上げられる
・「サクサクフライあたため」コースでからあげ・コロッケ・とんかつを自動で温められる
・手作りピザ・手作りパンを作ることができる
・ガラス扉を取り外して隅々までキレイに掃除することができる
・どちらかと言うと価格が安い

このようなオーブントースターを探しているという方には、象印 EQ-JA22がおすすめです。

タイガー オーブントースター KAT-A130のレビューや口コミ、評価は?
タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130の評価がとてもよいんですね。そこで、今回は、このタイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130のレビューや口コミ、評価、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。
象印 オーブントースター EQ-JA22-BAのレビューや口コミ、評価は?
サクサクふわふわのおいしいトーストを焼ける・ガラス扉まで取り外して掃除をすることができると大好評の象印 オーブントースター EQ-JA22-BAのレビューや口コミ、評価、特長や性能など気になる点についてまとめてみました。

まとめ

というわけで、タイガー コンベクションオーブン&トースター KAT-A130と象印 オーブントースター EQ-JA22の違いを比較してみましたが、

上記の2つのオーブントースターの共通点を踏まえつつ、

・熱風コンベクション&断熱Wガラス構造で素早くおいしい料理を作りたい
・1312wの高火力と黒遠赤ヒーターで食材の芯までしっかり加熱したい
・トーストを同時に3枚・直径25cmのピザを丸ごと焼きたい
・クロワッサンをサクッとふっくらアツアツに温めたい

と思っている方は、タイガー KAT-A130を選んだ方がよいですね。

これに対して、

・「サクふわトースト」でサクッとモッチリふわふわのトーストを焼き上げたい
・高火力スイッチヒーティングで料理を表面と裏面の温度ムラなく仕上げたい
・「サクサクフライあたため」コースでからあげ・コロッケ・とんかつを自動で温めたい
・手作りピザ・手作りパンを作りたい
・ガラス扉を取り外して隅々までキレイに掃除したい
・できるだけ価格が安い方がよい

と思っている方は、象印 EQ-JA22を選んだ方がよいですね。