ホットサンドメーカー ブルーノとレコルトの違いを比較 プレート外せる?

BOE043_RPS-2 キッチン家電

最近、カフェで食べるようなおいしいホットサンドをお家でも簡単に作りたい!という方も多く、ホットサンドメーカーが大人気なんですよね。

その中でも、スイッチONで簡単においしいホットサンドが焼き上がる電気式のホットサンドメーカーが注目されているんですね。

とは言え、この電気式ホットサンドメーカーもいろんなメーカーから販売されているので、どれを選んだらよいのかわからない・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、この電気式ホットサンドメーカーの中でもとくに人気の高い、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いを比較してみました。

ブルーノとレコルトの違い1 厚焼きサンドを作れるか?

ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いとして、まず挙げられるのが、厚焼きサンドイッチを作ることができるかどうかということなんですね。

この点、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043は、大きめのプレートで、食パンの耳を切ることなくそのままセットして、耳までカリっと焼き上げることはできるのですが、挟むことができる食パンは8枚切りと10枚切りのパンなんですね。

そして、具材もそれほどたっぷりと挟むことはできず、分厚いホットサンドを作るのには適していないんです。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2は、厚さ最大5cmの厚焼きサンドイッチを作ることができるんですね。

6枚切りの食パンを使って、具材をたくさん挟むことができるので、ボリューム満点の“萌え断サンド”を作ることができるんですよね。

レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2で厚焼きサンドを作ることができる秘密は、厚さに応じて調節できる5段階のハンドルロックにあるんですね。

パンや具材の厚みに合わせて、このハンドルロックを1~5段階で調節することができるので、ボリューム満点の分厚いサンドイッチを作る場合でも、優しく挟んでしっかりプレスして、カリっと香ばしく焼き上げることができるんです。

しかも、耳までしっかりとプレスできるので、たっぷり挟んだ具材がこぼれにくく、キレイにカットできるので、分厚く見栄えのよい“萌え断サンド”を作ることができちゃうんですね。

ゆで卵やハンバーグなども丸ごと挟めちゃうなんてスゴいですよね~。

見た目もキレイな具材たっぷりの“萌え断サンド”を作りたい!という方には、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2がおすすめですよ。

ブルーノとレコルトの違い2 タイマー機能が付いているか?

ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いとして、次に挙げられるのが、タイマー機能が付いているかどうかということなんですね。

この点、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043は、最大10分のタイマー付きなんですよね。

プレートに食パンを置いて具材をのせてから、タイマーをセットすれば、あとは、ホットサンドが焼き上がるのを待つだけなので、オーブントースターでトーストを焼く感覚で使うことができて、忙しい朝に本当に便利なんですね。

このタイマー機能の便利な点は、時間を測る手間がかからないというだけではなく、同じ時間を設定すれば、いつも同じ焼き加減で焼き上がるので、「あ~、今日は焼きすぎちゃった~!」という失敗をすることもないということですよね。

一度よい焼き加減で焼くことができたら、次も同じ焼き加減でおいしいホットサンドを作ることができるので、誰でも簡単に作ることができるんですね。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2は、タイマー機能が付いていないんですね。

とは言え、2分半の予熱をしている間に食パンと具材の準備をして、予熱ランプが消えたら、プレートに食パンと具材をセットして、その後2分半待つだけなので、それほど不便ということもないかもしれませんね。

ブルーノとレコルトの違い3 プレートを取り外して洗えるか?

また、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いとして挙げられるのが、プレートを取り外して洗えるかどうかという点ですね。

この点、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043は、プレートを取り外して洗えるんですね。

上下一つずつ付いているレバーをスライドすれば、プレートを簡単に取り外せるので、あとは、台所用中性洗剤を使って、スポンジなどで軽く洗えば、はみ出してしまった具材の汚れなども簡単に落とすことができるんです。

プレート表面には焦げつき防止加工が施されているので、元々具材がこびりつきにくくお手入れ楽チンなので、プレートをいつも清潔に保つができてとてもよいですよね。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2は、プレートを取り外して洗うことができないんですね。

でも、使用後にプレートを冷ましてから、トングなどを使って、濡らしたキッチンペーパーで上下のプレートの表面を拭き取るだけで汚れが落ちキレイになるんですよね。

そして、プレートはノンスティック加工が施されていて、食材がこびりつきにくくなっているので、仮にチーズなどがこぼれてしまった場合でも、サっと拭き取れば簡単に汚れを落とすことができるので、それほど不便ということもないかもしれませんね。

ブルーノとレコルトの違い4 オプションプレートがあるか?

そして、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いとして、別売りのオプションプレートがあるかどうかという点が挙げられますね。

この点、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043は、別売りのオプションプレートがあるんですね。

ですから、このオプションプレートを使って、ホットサンド以外の料理を作ることもできるんです。

・ワッフルプレート
・ミニタルトプレート
・おさかなプレート
・プチガトープレート
・ドーナツプレート

これらのオプションプレートを使えば、毎日の朝ごはんだけでなく、休日のブランチやパーティーなど、さまざまな場面で活躍してくれること間違いなし!ですよね。

ワッフルプレートには華やかで細かな模様が付いているので、見た目が華やかでキレイなおいしいワッフルをお家で簡単に作ることができるんです。

ホットケーキミックスを使えば、さらに手間が省けて手軽にワッフルを作ることができますね。

また、おさかなプレートとホットケーキミックスを使えば、本当に簡単においしいたい焼きを作ることができるんです。

小豆だけでなく、チョコレートを入れてみたり、サンドイッチの具材を入れてみたり、いろいろとアレンジしてみるのも楽しいですよね。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2には、オプションプレートがないんですね。

ですから、ホットサンドだけでなく、ワッフルやたい焼き、ドーナツなども作ってみたい!という方は、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043がおすすめですよ。

ブルーノとレコルトの違い5 生地を流し込む料理を作れるか?

また、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いとして、生地を流し込む料理(パンケーキなど)を作れるかどうかという点が挙げられますね。

この点、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043は、生地を流し込む料理を作ることができるんですね。

ですから、前述のオプションプレートとホットケーキミックスを使えば、簡単にワッフルやたい焼き、ドーナツなどを作ることができるんですよね。

また、オプションプレートを使わなくても、ホットサンド用プレートで、お好み焼きなんかも作ることができるんですよ。

お好み焼きの具材を混ぜて、プレートにこんもりと生地を流し込み、タイマーを8分にセットして焼いてみたら、カリっとおいしく焼き上がりました。

ホットサンドメーカーでお好み焼きを焼くと、上下のプレートで挟んで加熱することができるので、丁度よい具合にカリっと焼き上がるんですね。

それと、一定の火加減でタイマーをセットできるので、焼き加減をチェックする必要もなくとても便利なんですよね。

これは、意外とよいですよ~。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2は、生地を流し込む料理を作ることはできないんですね。

ですから、ワッフルやたい焼き、ドーナツ、お好み焼きなど、生地を流し込む料理を作ってみたい!という方は、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043がおすすめですよ。

ホットサンドメーカー ブルーノとレコルトの違い6 価格は?

それでは、気になるブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の価格を見てみましょう。

2021年4月25日現在、Amazonでは、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043の価格は、BOE043-RD(レッド)が6,600円BOE043-WH(ホワイト)が6,600円となっています。

これに対して、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の価格は、4,950円となっています。

若干、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の価格の方が安くなっているんですね。

ホットサンドメーカー ブルーノとレコルトの共通点は?

さて、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いを見てきましたが、この2つのホットサンドメーカーには共通点もあるんですね。

・パンの耳を切らずにそのままカリっと焼き上げる
・コンパクトに縦置き収納できる

両者の最大の共通点は、食パンの耳を切らずにそのままホットサンドを作ることができて、なおかつ、耳までカリっとおいしく焼き上げることができるという点ですね。

他のホットサンドメーカーでは、わざわざ食パンの耳を切ってからでないとホットサンドを作れないものもあるんですよね。

これだと、準備をするのにひと手間かかりますし、食パンの耳を切ってしまうので、分量的に物足りなさを感じる方もいるかもしれませんね。

でも、ブルーノとレコルトのホットサンドメーカーは、どちらも耳を切らずにそのまま焼けるので、忙しい朝に手間をかけずにチャチャっと作れますし、耳まで食べられるのでお腹もいっぱいになってよいですよね。

しかも、耳がカリカリでおいしいんですよ~。

また、どちらのホットサンドメーカーも、使用後にはコードを巻き付けて、コンパクトに縦置き収納できるので、置き場所にも困らずとても助かりますね。

ホットサンドメーカー ブルーノとレコルト どちらを選んだらよいか?

それでは、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2、どちらを選んだらよいでしょうか。

・たっぷり具材を挟んだ厚焼きサンドを作れる
・できるだけ価格が安い方がよい

このようなホットサンドメーカーを探しているという方には、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2がおすすめです。

・タイマー機能が付いている
・プレートを取り外して洗える
・別売りのオプションプレートがある
・生地を流し込む料理を作れる

このようなホットサンドメーカーを探しているという方には、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043がおすすめです。

ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043のレビューや口コミ、評価は?
食パンに具材をのせてスイッチONするだけで簡単にホットサンドを作ることができる電気式のホットサンドメーカーが人気なんですね。そこで、今回は、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043のレビューや口コミ、評価や、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。
レコルト プレスサンドメーカー RPS-2のレビューや口コミ、評価は?
レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2は、具材をいっぱい挟んで“萌え断サンド”が作れる!と大好評なんですね。そこで、今回は、この厚焼きサンドを作れると大人気のレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2のレビューや口コミ、評価や、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。

まとめ

というわけで、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043とレコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2の違いを比較してみました。

どちらもおいしいホットサンドを作ることができますが、

・たっぷり具材を挟んだ“萌え断サンド”を作ってみたい

と思っている方は、レコルト プレスサンドメーカー プラッド RPS-2を選んだ方がよいですね。

これに対して、

・タイマー機能が付いている方がよい
・プレートを取り外して洗える方がよい
・別売りのオプションプレートがあった方がよい
・生地を流し込む料理を作りたい

と思っている方は、ブルーノ ホットサンドメーカー BOE043を選んだ方がよいですね。

そして、前述のような違いや共通点を踏まえて、ご自分に合ったホットサンドメーカーを選ぶようにするとよいのではないでしょうか。