siroca(シロカ)SC-C122のレビューや評価、口コミは?お手入れは簡単?

コーヒー5 キッチン家電

最近、本体にミルを内蔵し、コーヒー豆の挽きからドリップまで自動でしてくれる全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。

その中でも、siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、とても評判がいいんですね。

そこで、今回は、このsiroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122のレビューや評価、口コミなどをまとめてみました。

siroca(シロカ)SC-C122は本格派コーン式ミルで豆の粒度も均一に

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、本格派「コーン式(コニカル式)ミル」を採用しているという点でポイントが高いですよね。

他の全自動コーヒーメーカーは、プロペラ式のミルを採用しているものが多く、次に、フラットカッター式(臼式)のミルを採用しているものが多いかなという感じなんですね。

コーヒーの味は、このミル機能に大きく影響されますが、これらのミル機能の欠点として、プロペラ式のミルは、コーヒー豆の粒度が均一になりにくく、抽出したときにムラが出やすくなりますし、フラットカッター式(臼式)のミルは、コーヒー豆を粉にするときに、臼を噛み合わせることにより発生する摩擦熱により、コーヒーの香りが飛んでしまう可能性があります。

この点、この「コーン式(コニカル式)ミル」は、従来のミルの方式よりも、コーヒー豆の粒度を均一に挽くことができ、摩擦熱も少ないため、コーヒーの香りも飛びにくく、雑味も出にくいので、より香り高いすっきりとおいしいコーヒーを淹れることができるようになっているんですね。

このように、ミルの方式として、「コーン式(コニカル式)ミル」はとても優れていて、本格派と呼べるものなんですが、この価格帯で販売されている全自動コーヒーメーカーの中では、なかなか見当たらないんですよね。

ですから、この価格帯でお手軽に、この「コーン式(コニカル式)ミル」で挽いたコーヒーを飲んでみたいという方は、このsiroca(シロカ)SC-C122を選んでみるとよいかもしれませんね。

siroca(シロカ)SC-C122は豆の粒度が無段階調節 淹れ方も2種類

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、コーヒー豆の粒度を「粗挽き~中挽き~細挽き」まで無段階で選ぶことができるんですね。

同じコーヒー豆でも挽き方によって、いろいろな味を楽しめますし、また、コーヒー豆の種類によって挽き方を変えてみるのも楽しいですね。

いろいろと試してみて、自分好みのコーヒーの挽き方を探してみるとよいかもしれませんね。

また、siroca(シロカ)SC-C122は、コーヒーの淹れ方も、「マイルド」と「リッチ」の2種類から選ぶことができるようになっているんですね。

「マイルド」は、コーヒー粉の蒸らし時間を短めにして、あっさりした味わいのコーヒーを淹れることができ、「リッチ」は、コーヒー粉の蒸らし時間をたっぷり取って、濃くしっかりした味わいのコーヒーを淹れることができます。

このように、コーヒー豆の挽き方とコーヒーの淹れ方をいろいろと組み合わせれば、自分好みのコーヒーの味を探すことができてとてもよいですね。

siroca(シロカ)SC-C122はタイマー予約機能でモーニングコーヒー

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、タイマー予約機能を搭載しているので、夜寝る前にセットしておけば、朝目覚めたときには淹れ立てのコーヒーを飲むことができてとても便利なんですね。

朝、香ばしいコーヒーの香りに誘われて目覚めるというのもよいものですよね。

とは言え、実際には、コーヒーの香りが漂ってくる前にミルの音で目覚めるのが現実なんですがw

それでも、このタイマー予約機能はいろいろと便利で、モーニングコーヒーだけでなく、あらかじめセットしておけば、お昼のブレイクタイムにもすぐに挽き立て・淹れ立てのコーヒーを飲むことができますし、仕事から帰ってきてほっと一息つきたいなというときにも重宝しますね。

siroca(シロカ)SC-C122はステンレスフィルターでコク深い味わい

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、ドリップにステンレスフィルターを採用しているんですね。

紙フィルターの場合には、コーヒー豆の油分が紙の繊維質によってほとんど濾されてしまうため、このコーヒー豆の油分に含まれるコクまで失ってしまうのですが、ステンレスフィルターの場合には、このコーヒー豆の油分ごと抽出されるので、コク深い味わいになるんですね。

ただ、使用後はその都度洗浄する必要があるので、紙フィルターよりも、お手入れがちょっと面倒ですが、その分、紙フィルターを購入するコストがかからないというメリットもありますね。

また、siroca(シロカ)SC-C122は、ステンレスフィルターだけでなく、紙フィルターも使うことができるので、その日の気分でフィルターを選んで、違う味のコーヒーを楽しむこともできてとてもよいですね。

siroca(シロカ)SC-C122は真空二重ステンレスサーバーで高い保温力

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、コーヒーサーバーを真空二重ステンレス構造にしているので、保温機能を搭載していなくても、淹れ立てのコーヒーが冷めにくくてとてもよいですね。

ヒーターで温める保温機能の場合は、コーヒーが煮詰まりおいしくなくなってしまうのですが、この真空二重ステンレスサーバーは、そのままで高い保温力を持つので、コーヒーが煮詰まることなく、温かいままのコーヒーをおいしく飲めるというところがよいですね。

siroca(シロカ)SC-C122はコーヒー豆の自動計量で手間いらず

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、一度に約100gまで入れられる豆容器にコーヒー豆を入れておけば、コーヒーのカップ数に応じて自動計量してくれるので、とても便利なんですね。

コーヒーを淹れる度に、何杯分とコーヒー豆を量って入れる必要がないのでとても楽なんですね。

また、siroca(シロカ)SC-C122は、コーヒー豆から自動でコーヒーを淹れられるのはもちろんのこと、コーヒー粉からでも自動でコーヒーを淹れることができます。

siroca(シロカ)SC-C122はパーツが取り外せてお手入れも簡単

siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122は、豆容器のフタ・挽き目調節ダイヤル・給水タンク・バスケット・コーヒーサーバーなどのパーツを取り外して丸洗いすることができるので、お手入れも簡単でとてもよいですね。

ミルの部分は、コーヒー粉のカスを付属のお手入れブラシで掃除する必要がありますが、それもそれほど大変というわけではないので許容範囲ですね。

siroca(シロカ) コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122のスペック(仕様)

サイズ:幅16.0cm×奥行27.0cm×高さ39.0cm
重さ:4.0kg
容量:最大4杯まで(約540ml)。マグカップは2杯まで。
消費電力:750W
ミルの方式:コーン式(コニカル式)
豆の挽き分け:細挽きから粗挽きまで無段階
フィルター:ステンレスフィルター
サーバー:ステンレス製
蒸らし機能:○
保温機能:×
タイマー機能:○
浄水機能:×
給水タンクの着脱:○

パナソニックコーヒーメーカーNC-A57とシロカSC-C122の違いを比較
最近、全自動コーヒーメーカーが便利だと大人気なんですが、その中でも人気の高いパナソニックコーヒーメーカーNC-A57とシロカSC-C122のどちらを選んだらよいかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、この両者の違いを比較してみました。
siroca(シロカ)SC-C111 SC-C121 SC-C122の違いを比較 どれがいい?
siroca(シロカ)のSC-Cシリーズは、SC-C111・SC-C121・SC-C122の3種類のものがあるので、どれを選んだらよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は、これら3つのコーヒーメーカーの違いを比較してみました。

まとめ

というわけで、siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122のレビューや評価、口コミなどを見てきましたが、

・本格派コーン式ミルで豆の粒度も均一になる
・豆の粒度が無段階調節でき淹れ方も2種類から選べる
・タイマー予約機能でモーニングコーヒーを楽しめる
・ステンレスフィルターでコク深い味わいを堪能できる
・真空二重ステンレスサーバーの高い保温力でコーヒーが冷めにくい
・コーヒー豆の自動計量で手間いらず
・パーツが取り外せてお手入れも簡単

このような全自動コーヒーメーカーを探しているという方は、siroca(シロカ)コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122を試してみるとよいかもしれませんね。