シロカ SC-A351とSC-A371の違いを比較 サーバーは?価格は?

キッチン家電

最近では、コーヒーの豆を挽くところからコーヒーの抽出まで全自動で行なってくれるコーヒーメーカーが大人気なんですよね。

その中でも、シロカのカフェばこは人気が高いのですが、このカフェばこを購入しようと思っている方の中で、シロカ SC-A351とSC-A371の違いは何なのかなと思っている方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、このシロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の違いを比較してみました。

シロカ SC-A351とSC-A371の違い1 カラーが違う

シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の違いとしてまず挙げられるのが、本体のカラーなんですね。

シロカ カフェばこ SC-A351のカラーはシルバーになっています。

これに対して、シロカ カフェばこSC-A371のカラーはブラックになっていますね。

どちらのカラーもスタイリッシュでおしゃれですよね。

お部屋のインテリアに合わせたカラーを選んでみるのもよいかもしれませんね。

シロカ SC-A351とSC-A371の違い2 ステンレスサーバーか?

次に、シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の違いとして挙げられるのが、サーバーの種類ですね。

シロカ カフェばこ SC-A351ガラスサーバーSC-A371ステンレスサーバーになっています。

ガラスサーバーは中が見えるので、コーヒーの容量を確認しやすいというメリットがありますが、ちょっと油断すると壊れやすいというデメリットがあります。

これに対して、ステンレスサーバーは壊れにくく、保温性が高いというメリットがありますが、サーバーの中が見えないのでコーヒーの容量が分かりにくいというデメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットを検討して、選んでみるとよいのではないでしょうか。

シロカ SC-A351とSC-A371の違い3 価格はどちらが安いか?

ここで、気になるシロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の価格を見てみましょう。

2020年12月16日現在、Amazonでは、シロカ SC-A351の価格が、16,280円。シロカ SC-A371の価格が、18,480円となっています。

シロカ カフェばこ SC-A351の方が2,200円安くなっていますね。

できるだけ価格が安い方がよいという方は、シロカ カフェばこ SC-A351を選んでみるとよいかもしれませんね。

シロカ SC-A351とSC-A371の共通点は?

シロカ SC-A351とSC-A371は、上記のような違いがありますが、基本的な機能は共通点が多いんですよね。

・コーヒー豆を挽くところからドリップまで全自動
・蒸らし機能でコーヒー本来のおいしさを抽出できる
・ステンレスフィルターでコーヒーオイルまで抽出できる
・給水タンクが着脱式
・タイマー機能を搭載
・お手入れも簡単

これらの点はシロカ カフェばこの特長と言えるもので、どちらの機種もこの便利さを備えているんですね。

シロカ SC-A351とSC-A371 どちらを選んだらよいか?

それでは、シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371、どちらを選んだらよいでしょうか。

上記のシロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の共通点を踏まえた上で、さらに、

・カラーはシルバーがよい
・コーヒーの容量が一目で分かる
・価格が安い

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A351がおすすめです。

・カラーはブラックがよい
・サーバーは壊れにくいものがよい
・なるべくコーヒーが冷めにくい方がよい

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、シロカ SC-A371がおすすめです。

シロカ カフェばこ SC-A371のレビューや口コミ、評価は?
最近、自宅で手軽にカフェで飲むようなおいしいコーヒーが飲める!と全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。 その中でも、とくに評判がよいのが、シロカ カフェばこ SC-A371なんですね。 そこで、今回は、このシロカ カフェば...
シロカ カフェばこ SC-A351のレビューや口コミ、評判は?
最近では、自宅でテレワーク中においしいコーヒーを飲みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 そんな方に、手軽にお店のようなおいしいコーヒーを飲むことができるということで全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。 その中...

まとめ

というわけで、シロカ カフェばこ SC-A351とSC-A371の違いを比較してみましたが、

大まかに見ると、

・カラーはシルバーとブラックのどちらがよいか
・コーヒーの容量が一目で分かるガラスサーバーがよいか
・コーヒーが冷めにくく壊れにくいステンレスサーバーがよいか
・価格が安い方がよいか

このような点を考慮して、ご自分の好みのコーヒーメーカーを選ぶとよいのではないでしょうか。