電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミ デメリットをレビュー♪

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミ デメリットをレビュー♪ キッチン家電

最近では、電気圧力鍋が便利でとてもよいと大人気なんですよね。

その中でも、コスパ最高!と評価が高いのが、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30なんですね。

とくに、はじめて電気圧力鍋を購入するという方に、この電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30が人気のようです。

そこで、今回は、この電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミとともにデメリットもレビューしてみたいと思います。

購入する際の参考になればうれしいです^^

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミは?

ワンダーシェフ OEDC30の口コミ

それでは、早速、人気の電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミを見てみましょう。

火加減調節の必要がなくほったらかしで料理ができる♪

ほったらかしで料理ができる

・火加減の調整をしなくてよいので鍋につきっきちでいる必要がなく、その時間にほかの家事をしたりして有効に時間を活用できるのでとても便利ですね。

・火の消し忘れの心配がないので安心して使えます。

・加熱と加圧の調整を自動でしてくれるので、失敗することなくおいしい料理が作れます。

・とくに難しいことをする必要もなく、大根の煮物が味が染み染みでやわらかく仕上がって、とても美味しかったです。家族にも大好評でした^^

・手間なしでおいしい料理が作れるのがすばらしい。

・調理中にほかのことができるのが最高です。

・材料を切って入れるだけであっという間にできるのでとても便利です。ガスコンロの前にずっと立っている必要がないので本当に助かります。

ボタンを押すだけで簡単に自動調理できる♪

ボタンを押すだけで簡単に自動調理できる

・プリセットメニューはあまり多くはないですが、ある程度のものは作れるので満足しています。

・ボタンを押したあとは、ほったらかしで料理を作ってくれる点がホントにポイント高いです。肉じゃか、豚の角煮、もつ煮を作ってみましたが、やわらかく煮込むことができておいしかったです。

・付属のレシピ集を見て作ってみたけどとてもおいしかった。ほかにもネットで探したレシピを参考にして作ってみたり、自分の好きなように設定できるので、慣れてきたらいろいろ簡単に調理できてとても便利です。

蒸気の噴出音がないので音が静か♪

・圧力鍋特有のシューッという音がしなくて、本当に静かです。

・蒸気のうるさい音がしなくてびっくり。蒸気を閉じ込めて料理するからなんですね。こうすると、素材の栄養と旨味も閉じ込めることができるんですって。お肉や野菜がおいしくなるはずだわ。

追加熱機能・保温機能が便利♪

追加熱機能・保温機能が便利

・追加熱機能が付いていて、煮詰めたり温め直しをしたりできるのがとてもよいです。

・保温もできるので、寝る前に仕込みをして朝食べることができて重宝しています。

・圧力調理以外にも、味噌汁を作るときに追加熱機能がとても便利です。

・保温機能が付いているので、夜遅く帰ってきた子どもが後からご飯を食べるときにもアツアツの料理を食べることができるのでよかったです。

スロー調理・無水調理もできる♪

スロー調理・無水調理もできる

・とろ火機能も付いているところがとても気に入っています。おでんを作ってみたら、大根や牛すじ肉もホロホロとやわらかく煮込むことができてとっても美味しかったです。
 
・スロー調理でしっくりコトコト煮込んだロールキャベツが美味しすぎました。

・無水調理もできるので、ミネストローネを作ってみました。野菜の水分だけで調理するので、野菜の旨味が凝縮して、野菜そのものの旨味をたっぷり味わうことができてとてもおいしかったです。簡単でおいしいので何回も作ってしまいました。

操作が簡単で使いやすい♪

・操作はとても簡単ですが、はじめて使う前には取扱説明書を読んでおいた方がよいです。

・材料のセットから調理開始までとてもシンプルでよいですね。

・レシピ集も分かりやすいし、とても使いやすいです。

パーツを取り外して洗えるのでお手入れも簡単♪

パーツを取り外して洗えるのでお手入れも簡単

・洗わなければならないパーツも少ないし、取り外して洗えるのでお手入れが簡単で助かります。

・お手入れしなければならい部品が少ないのでとても簡単です。

・内鍋はフッ素加工されていて汚れが落ちやすいので、洗うのも簡単でよいです。

・内鍋がコーティングされているのでとても洗いやすいです。フタはパッキンや圧力重りなどを洗う必要がありますが、これはガス式でも同じなのでそれほど大変ではありません。パッキンも簡単に取り外しできます。

コスパ最高♪

・こんなにいろいろな機能がついて便利なのに、この価格というのはコスパ最高ですね。

・電気圧力鍋でこの値段はすごいですよね。はじめて電気圧力鍋を買うという人にはとてもよいです。

・使い方も簡単でほったらかしで料理ができるし、ほかにもいろいろと機能が付いていてとても便利。なのに、この価格というのは本当にすごいです。買ってよかったです。

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30のデメリットは?

ワンダーシェフ OEDC30のデメリット

このように大好評の電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30なんですが、それでも、ちょっと残念だなと感じるようなデメリットもあるんですね。

ここでは、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30のデメリット見てみましょう。

自動調理できるメニューが少ない

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30のデメリットとして、自動調理できるメニューが少ないという点が挙げられますね。

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30では、ボタン1つでちょうどよい加熱・加圧を設定してくれるオートメニューキーは、

・白米
・玄米
・発芽玄米
・カレー
・肉じゃが
・ポトフ
・魚
・豆類

8種類となっているんですね。

ですから、他のメーカーの電気圧力鍋と比べると、ちょっと少ないなと感じる方もいるかもしれませんね。

でも、オートメニューキー以外の料理を作る場合でも、お好みキーで圧力をかける時間を設定し、キーを押すだけでほったらかしで料理を作ってくれるので、慣れてしまえば、とくに問題なく使えるのではないでしょうか。

予約調理はできない

次に、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30のデメリットとして、予約調理ができないという点が挙げられますね。

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30に搭載されている予約タイマーは、調理物の腐敗を避けるために、炊飯のみ使用できるようになっているんですね。

ですから、出かける前に材料をセットして、帰ってきたらすぐにアツアツの料理を食べることができるということを期待している方は、ちょっとガッカリしてしまうかもしれませんね。

でも、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30には保温機能が搭載されていて、料理ができあがったら自動で食べごろの70度前後で保温してくれるので、この保温機能を上手に活用してみるとよいのではないでしょうか。

実は時短調理にはならない

また、電気圧力鍋と言うと、よく時短家電として紹介されることが多いのですが、実は、電気圧力鍋は時短調理をする調理家電ではないんですよね。

と言うのも、例えば、おでんを作る場合、レシピ集には「圧力時間4分」と書いてあるので、スイッチを押してから“4分”でおでんができあがると思われがちですが、実はそうではないんです。

実際には、「圧力調理が始まるまで」「圧力調理」「圧力が抜けるまで」という具合に、トータルで40分くらいかかってしまうんですよね。

それなら、自分で普通の鍋でおでんを作った方が早いんじゃないの?って思ってしまいますよね^^

でも、実は、そうなんですねw

ですから、「電気圧力鍋は、料理が完成するまでの時間を短縮(時短)できる」と思っていると、ガッカリしてしまうかもしれませんね。

あくまでも、電気圧力鍋の便利な点は、材料を鍋に入れてボタンを押したあとは、火加減を調節必要もなく、ほったらかしで料理ができあがるのを待つだけという点にあるんですね。

そして、キッチンで作業する時間を短縮できるので、その時間は、ほかのことをする時間に当てることができるということなんですよね。

つまり、電気圧力鍋は、料理ができあがるまでの時間を“時短”できるということではなく、キッチンで作業する時間を“時短”できるということなんですね。

このことを理解しておかないと、購入したあとにガッカリしてしまうことになるかもしれませんね。

とは言え、料理ができあがる時間から逆算して準備を始めて、ボタンを押したあとは、ほかのことをして有効に時間を使うようにすれば、とても便利な調理家電であることは間違いないですよ♪

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の価格は?

ワンダーシェフ OEDC30の価格

それでは、気になる電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の価格を見てみましょう。

2021年8月29日現在、Amazonでは、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の価格は、10,400円となっています。

これに対して、楽天市場では、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の価格は、8,227円となっていますね。

若干、楽天市場の方が安くなっているようです。

それにしても、これだけ便利な機能が搭載されていて、この価格というのはかなりコスパがよいですよね♪

電気圧力鍋をはじめて購入するという方におすすめです^^

電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30のスペック(仕様)

サイズ:幅30.4×奥行27.0×高さ27.8cm
内釜寸法:直径18.0×深さ11.5cm
重量:3.7kg
白米最大炊量:4合
容量:最高水位線 2L
豆るい線:1L
作動圧力:70kpa
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:750W
コード長さ:1.3m
自動調理:〇(オートメニューキー8種類)
無水調理:×
スロー調理:〇
予約調理:×(炊飯のみタイマー機能)
保温機能:〇
付属品:取扱説明書、クッキングブック(24レシピ)、掃除ピン、計量カップ

まとめ

というわけで、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30の口コミやデメリットなどをレビューしてきましたが、

・火加減調節の必要がなくほったらかしで料理ができる
・ボタンを押すだけで簡単に自動調理できる
・蒸気の噴出音がないので音が静か
・追加熱機能・保温機能が便利
・スロー調理・無水調理もできる
・操作が簡単で使いやすい
・パーツを取り外して洗えるのでお手入れも簡単
・コスパ最高!

というように、大好評の口コミが多いですね。

とは言え、

・自動調理できるメニューが少ない
・予約調理はできない
・実は時短調理にはならない

というデメリットもあるのですが、上記の魅力的な口コミや、電気圧力鍋で圧倒的に安い価格であることを考えると、このデメリットを補って余りある魅力の方が多いのではないでしょうか。

ですから、電気圧力鍋 ワンダーシェフ OEDC30に興味があるという方は一度試してみるとよいかもしれませんね。