パナソニック NC-R500-Tのレビューや口コミは?

キッチン家電

「カフェで飲むようなおいしいコーヒーを自宅で味わえたらいいな」と思っている方も多いのではないでしょうか。

とは言え、手動のミルは一度に挽けるコーヒー豆の量が少なくて時間もかかって大変だと感じる方もいるかもしれませんね。

そんな方に人気なのが電動ミルなんですね。

でも、

「ハンドドリップでお店で飲むようなおいしいコーヒーを淹れるのは難しい・・・」

そんな風に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、パナソニック コーヒーメーカー NC-R500-Tなんですね。

今回は、このパナソニック コーヒーメーカー NC-R500-Tのレビューや口コミについてまとめてみました。

パナソニック NC-R500-Tは粗挽き・中細挽きの挽き分けができる

パナソニック NC-R500-Tの優れた点として、まず、コーヒー豆の挽き分けができる点が挙げられますね。

粗挽き」と「中細挽き」の2種類の引き分けができます。

コーヒー豆は、細かく挽くと、苦味が強く濃い味になるので、濃い味で飲みたいときには「中細挽き」で、苦味が少なくすっきりとしたマイルドな味で飲みたいときには「粗挽き」で、というように2つの味を楽しむことができるんですね。

本体下部に「挽き分けミルサイン」があり、ミルサインの点滅回数で「粗挽き」「中粗挽き」の挽き分けをすることができます。「粗挽き」の場合は5回(約10秒)、「中細挽き」の場合は7~8回(約14秒)で、丁度よい豆の粒度になります。

手動ミルで挽くよりも簡単にコーヒー豆を均一に挽くことができるのが素晴らしいですよね。

パナソニック NC-R500-Tは「蒸らして一気ドリップ」で手淹れ風の味わい

パナソニック NC-R500-Tは、本体上部のドーム部分に溜めた熱湯で一気に抽出し、手淹れ風の味わいを再現する「蒸らして一気ドリップ」を採用しています。

本体上部に溜まった沸騰したお湯がシャワー状に注がれることで、粉全体に満遍なく熱湯がまわり、再びお湯を溜めるインターバルで粉を蒸らします。

お湯がシャワー状に注がれて、またお湯を溜めて(その間に粉を蒸らし)、そのお湯が注がれて、またお湯を溜めて(その間に粉を蒸らし)、という工程を繰り返して、ゆっくりと抽出します。

こうすることにより、お店で飲むようなおいしいコーヒーを自宅で手軽に飲むことができるんですね。

パナソニック NC-R500-Tはミルクに合うダブルドリップもできる

さらに、パナソニック NC-R500-Tは、上記の「シングルドリップ」だけではなく、「ダブルドリップ」をすることもできるんです。

「ドリップ切替バー」でドリップ方式を「シングルドリップ」と「ダブルドリップ」のどちらかを選ぶことができるようになっています。

「ダブルドリップ」は、バスケットでもお湯をためて蒸らし時間を長くすることで、コーヒー粉がさらに長く蒸らされて、コーヒーのコクが増すので、ミルクとの相性も抜群で、本格的なカフェオレを味わうことができるんですよね。

自宅でもお店で味わうようなおいしいカフェオレを飲みたいという方にピッタリですね。

パナソニック NC-R500-Tは3つの淹れ分け機能でアイスコーヒーも簡単♪

しかも、パナソニック NC-R500-Tは、ボタン一つで「マイルド」「リッチ」「アイス」の淹れ分けをすることもできるんです。

「マイルド」では、コーヒーのすっきりとした味わいを楽しむことができるのでブラックコーヒーに最適です。「リッチ」では、コーヒーのコクが増すので、ミルクによく合い、おいしいカフェオレを味わうことができます。「アイス」では、簡単においしいアイスコーヒーを淹れることができるのでとても便利ですね。

それぞれ抽出時間を絶妙に変えることで、3種類の淹れ分けをしているんです。

パナソニック NC-R500-Tはステンレスフィルターでコーヒーの油分も抽出

また、パナソニック NC-R500-Tは、ステンレスフィルターとペーパーフィルターのどちらかを選ぶことができるんです。

ステンレスフィルターをセットすれば、コーヒー豆の油分まで抽出することができるので、コーヒーの香りが広がり、複雑な酸味、コク深い味わいを楽しむことができます。

ペーパーフィルターをセットすれば、口当たりが軽やかなすっきりとした味わいのコーヒーを味わうことができます。

パナソニック NC-R500-Tは、挽き分け機能(2種類)・ドリップ方式(2種類)・淹れ分け機能(3種類)・フィルター(2種類)の組み合わせを変えることで、24種類の味わいを楽しむことができるんですね。

その日の気分で、いろいろなコーヒーを味わってみるのも楽しいですよね。

パナソニック NC-R500-Tは活性炭フィルターでカルキを除去

そして、パナソニック NC-R500-Tは、活性炭フィルターでカルキを除去することができるんです。

コーヒーを淹れる際には、水はとても重要ですよね。

水道水にはカルキが含まれているので、そのままの水道水を使ってコーヒーを淹れるとどうしてもそのカルキ臭が気になってしまいますし、コーヒーの風味も落ちてしまいます。

そこで、パナソニック NC-R500-Tでは、活性炭フィルターでカルキを除去し、おいしい水でコーヒー本来の味を引き出す工夫がされているんですね。

パナソニック NC-R500-Tの価格は?

それでは、気になるパナソニック NC-R500-Tの価格を見てみましょう。

2020年12月13日現在、Amazonでは、パナソニック NC-R500-Tの価格は、17,700円となっています。

パナソニック NC-R500-Tのスペック(仕様)

サイズ:幅24.5×奥行17.0×高さ30.0cm
重さ:2.3kg
容量:5カップ(680ml)
消費電力:680W
ミルの方式:プロペラ式
豆の挽き分け:粗挽き/中細挽き
淹れ分け:マイルド/リッチ/アイス
フィルター:ステンレスフィルター
サーバー:ガラス製
活性炭フィルター:○
蒸らして一気ドリップ:○
Wドリップ:○
煮詰まり軽減保温:○
保温自動OFF:○
着脱式水容器:○

パナソニック NC-R500-Tの口コミは?

それでは、パナソニック NC-R500-Tの口コミを見てみましょう。

・ちょっと濃い目のコーヒーが好きなので、リッチ×ダブルドリップで淹れると、
とても自分好みのおいしいコーヒーを淹れることができて大満足♪・粉を蒸らしながら淹れる機能がとてもよい。

・豆の挽き方・ドリップ方式・淹れ方を選べて、いろいろな味を楽しむことが
できるし、使い方も簡単なので、初心者でもおいしいコーヒーを手軽に飲めて
言うことなしです。

・ステンレスフィルターをセットすると、お店で飲むようなコク深い味わいの
おいしいコーヒーを手軽に淹れることができるのでおすすめです。
フィルターの掃除も水で洗い流すだけで簡単にキレイになります。

・給水タンクを取り外せるので、給水と掃除が楽でとても便利です。

・保温自動OFF機能が付いているので、コーヒーが煮詰まって捨てることがないのがよい。

NC-A57とNC-R500の違いを比較 ミルやフィルターは?アイスコーヒーは?
最近では、自宅でもお店で飲むようなおいしいコーヒーを飲むことができるということで、コーヒーメーカーが大人気なんですよね。 でも、はじめてコーヒーメーカーを購入するという方の中には、 「たくさん発売されているコーヒーメーカーの中か...

まとめ

というわけで、パナソニック NC-R500-Tのレビューや口コミを見てきましたが、

・粗挽き・中細挽きの挽き分けができる
・「蒸らして一気ドリップ」で手淹れ風の味わい
・ドリップ方式はシングルドリップかダブルドリップを選択できる
・マイルド・リッチ・アイスの淹れ分けができる
・ステンレスフィルターでコーヒーの油分も抽出できる
・活性炭フィルターでカルキを除去
・パーツを取り外せてお手入れが簡単

このようなコーヒーメーカーを探しているという方は、パナソニック NC-R500-Tを試してみるとよいのではないでしょうか。