NC-A57とNC-R500の違いを比較 ミルやフィルターは?アイスコーヒーは?

キッチン家電

最近では、自宅でもお店で飲むようなおいしいコーヒーを飲むことができるということで、コーヒーメーカーが大人気なんですよね。

でも、はじめてコーヒーメーカーを購入するという方の中には、

「たくさん発売されているコーヒーメーカーの中からどれを選んだらよいのか分からない・・・」

と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

中でも、同じメーカーから販売されているコーヒーメーカーの機能は似ているものも多く、その違いがよく分からないという方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、パナソニックから販売されている人気のコーヒーメーカーNC-A57とNC-R500の違いを比較してみました。

NC-A57とNC-R500の違い1 ミル一体型か着脱式手動か?

パナソニック NC-A57とNC-R500の1番大きな違いは、ミルが一体型全自動か着脱式手動かどうかという点が挙げられますね。

パナソニック NC-A57は、ミル一体型の全自動タイプで、コーヒー豆を挽くところ(ミル)からドリップ(抽出)まで、すべて自動で行ってくれるコーヒーメーカーなんです。

そして、このパナソニック NC-A57は、コーヒー豆を挽き終えたら、蒸らしの前に自動で洗浄してくれるので、自分でミルを洗う手間も省けて、お手入れがとても楽な点もポイントが高いですよね。

これに対して、パナソニック NC-R500は、ミル着脱式のドリップタイプで、半自動化のコーヒーメーカーなんですね。

ですから、パナソニック NC-R500の場合は、ミルは搭載されていますが、挽き終わった後のコーヒー粉を自分でバスケットに移し替える必要があります。

それなら、「ボタン一つで豆挽きからドリップまですべて自動で行ってくれる全自動タイプのコーヒーメーカーの方がよいのではないか」と思う方もいるかもしれませんね。

でも、着脱式のミルだからこそできることもあるんですよね。

と言うのは、ミルが着脱式で独立しているので、このミルを電動ミルとして使うこともできるんですね。

・たまにはハンドドリップでコーヒーを淹れてみたい
・今日はフレンチプレスにしてみようかな
・水出しコーヒーを試してみたい

そんな風に思ったときに、この着脱式ミルがあれば、わざわざ電動ミルを購入しなくてもよいというメリットがあるんですね。

ですから、いつも全自動でコーヒーを淹れるのではなく、いろいろなコーヒーを味わってみたいと思う方にとっては、パナソニック NC-R500はとても優れたコーヒーメーカーと言えますよね。

NC-A57とNC-R500の違い2 ダブルドリップか?

次に、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いとして挙げられるのが、ドリップ方式として「シングルドリップ」か「ダブルドリップ」を選べるかどうかという点なんですね。

パナソニック NC-R500では、「ドリップ切替バー」でドリップ方式を「シングルドリップ」と「ダブルドリップ」のどちらかを選ぶことができるようになっています。

ダブルドリップ」は、バスケットでもお湯をためて蒸らし時間を長くすることで、コーヒー粉がさらに長く蒸らされて、コーヒーのコクが増すので、ミルクとの相性も抜群で、本格的なカフェオレを味わうことができるんですよね。

自宅でもお店で味わうようなおいしいカフェオレを飲みたいという方にピッタリですね。

これに対して、パナソニック NC-A57は、「シングルドリップ」のみを採用しています。

NC-A57とNC-R500の違い3 ステンレスフィルターか?

また、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いとして、ステンレスフィルターかどうかという点も挙げられますね。

パナソニック NC-R500では、ステンレスフィルターとペーパーフィルターのどちらかを選ぶことができるんです。

ステンレスフィルターをセットすれば、コーヒー豆の油分まで抽出することができるので、コーヒーの香りが広がり、複雑な酸味、コク深い味わいを楽しむことができます。

ペーパーフィルターをセットすれば、口当たりが軽やかなすっきりとした味わいのコーヒーを味わうことができます。

これに対して、パナソニック NC-A57では、ペーパーフィルターを採用しています。

NC-A57とNC-R500の違い4 アイスコーヒーの抽出ができるか?

さらに、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いとして、コーヒーの淹れ分け機能として「アイスコーヒー」を選べるかという点も挙げられますね。

パナソニック NC-A57では、コーヒーの淹れ分け機能として「マイルド」と「リッチ」の2種類を選択することができます。

これに対して、パナソニック NC-R500では、「マイルド」「リッチ」「アイス」の3種類の淹れ分けを選択することができるんですね。

「マイルド」では、コーヒーのすっきりとした味わいを楽しむことができるのでブラックコーヒーに最適です。「リッチ」では、コーヒーのコクが増すので、ミルクによく合い、おいしいカフェオレを味わうことができます。「アイス」では、簡単においしいアイスコーヒーを淹れることができるのでとても便利ですね。

NC-A57とNC-R500の違い5 デカフェ豆コースが搭載されているか?

そして、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いとして、「デカフェ豆」コースが搭載されているかどうかという点も挙げられますね。

この「デカフェ豆」コースは、パナソニック NC-A57にのみ搭載された機能なんです。

デカフェ豆とは、カフェインを取り除いたコーヒー豆(カフェインレスコーヒー豆)のことを言うんですね。

この「デカフェ豆」コースは、

・妊娠授乳期の女性
・一日に何杯もコーヒーを飲むので、なるべくカフェイン摂取を控えたいという方
・夜寝る前にコーヒーを飲みたいという方

など、カフェインの摂取を控えたいという方には、とてもうれしい機能ですね。

この「デカフェ豆」コースで淹れたコーヒーの味は、すっきりとした味ではあるんですが、“薄い味”というわけではなく、香りやコクも楽しめて十分満足できるものになっているんですね。

NC-A57とNC-R500の違い6 沸騰浄水機能はあるか?

また、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いとして、沸騰浄水機能があるかどうかという点も挙げられますね。

この点、パナソニック NC-A57は、沸騰浄水機能でカルキを90%カットすることができるんですね。

コーヒーを淹れる際には、水はとても重要ですよね。

水道水にはカルキが含まれているので、そのままの水道水を使ってコーヒーを淹れるとどうしてもそのカルキ臭が気になってしまいますし、コーヒーの風味も落ちてしまいます。

この点、パナソニックNC-A57は、水容器の上部に活性炭フィルターが備え付けられているので、抽出前にあらかじめ沸騰させたお湯をこの活性炭フィルターに通すことで、カルキを90%カットすることができるんですね。

そうすることで、カルキ臭のしないおいしい水でコーヒーを淹れることができるので、コーヒーの風味を落としてしまうということもなくとても便利なんですね。

また、熱い温度のお湯でコーヒーを淹れることができるので、熱いコーヒーが好きな方はとくにおいしいと感じるようですね。

これに対して、パナソニック NC-R500では、活性炭フィルターでカルキを除去し、おいしい水でコーヒー本来の味を引き出す工夫がされています。

NC-A57とNC-R500の違い7 価格はどちらが安いか?

ここで、気になるパナソニック NC-A57とNC-R500の価格を見てみましょう。

2020年12月14日現在、Amazonでは、パナソニック NC-A57の価格が、18,400円。パナソニック NC-R500の価格が、17,700円となっています。

NC-A57とNC-R500 どちらを選んだらよいか?

それでは、パナソニック NC-A57とNC-R500、どちらを選んだらよいでしょうか。

・コーヒー豆を挽くところ(ミル)からドリップ(抽出)まで全自動
・ミルの自動洗浄でお手入れが楽チン
・「デカフェ豆」コース搭載
・沸騰浄水機能でカルキを90%カット

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、パナソニック NC-A57がおすすめです。

・ミル着脱式のドリップタイプ
・「ダブルドリップ」も選べる
・ステンレスフィルターでコーヒーの油分も抽出できる
・3種類の淹れ分け機能でアイスコーヒーも簡単に作れる

このようなコーヒーメーカーを探しているという方には、パナソニック NC-R500がおすすめです。

パナソニック コーヒーメーカーNC-A57のレビューや評価、口コミは?
最近、全自動コーヒーメーカーが大人気なんですよね。その中でも、とくに評判がよいのが、パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57なんですね。そこで、今回は、このパナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57のレビューや評価、口コミについてまとめてみました。
パナソニック NC-R500-Tのレビューや口コミは?
「カフェで飲むようなおいしいコーヒーを自宅で味わえたらいいな」と思っている方も多いのではないでしょうか。 とは言え、手動のミルは一度に挽けるコーヒー豆の量が少なくて時間もかかって大変だと感じる方もいるかもしれませんね。 そんな方...

まとめ

というわけで、パナソニック NC-A57とNC-R500の違いを比較してみましたが、上記のような違いを踏まえて、ご自分の好みのコーヒーメーカーを選ぶとよいのではないでしょうか。