アビエン マジックグリルSとマジックグリルの違いを比較 どっちがいい?サイズや重さは?縁がある?消費電力や電気代は?価格は?

アイキャッチ キッチン家電

アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いを比較してみました。

マジックグリルSとマジックグリルには、

1.サイズの違い
2.重さの違い
3.プレートに縁があるかどうか?
4.消費電力や電気代の違い
5.価格の違い

という5つの違いがあるんですね。

これらの違いを踏まえたうえで、どっちがおすすめかと言うと、

・コンパクトサイズで軽量のホットプレートがよい
・1~2人くらいの少人数で使いたい
・食卓の上で朝・昼・晩に手軽に使いたい
・汁気のある料理も作りたい
・なるべく油ハネの汚れを防ぎたい
・できるだけ電気代が安い方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように考えている方には、マジックグリルSがおすすめです。

これに対して、

・3~4人くらいで使いたい
・大きなプレートで一度にたくさん料理を作りたい
・大きめの食材を丸ごと調理したい
・汁気のある料理は作れなくてもよい

このように考えている方には、マジックグリルがおすすめです。

今回は、マジックグリルSとマジックグリルの5つの違いや共通する機能や特徴などについて詳しくレビューしてみました。

マジックグリルSとマジックグリルの違いの比較を一覧表に♪

マジックグリルSとマジックグリルの違いの比較を一覧表に♪

まず、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いを比較してわかりやすく一覧表にしてみました。

製品名 マジックグリルS マジックグリル
サイズ 組立外寸 幅25.5×奥行23.0×高さ11.0cm 幅40.0×奥行30.0×高さ8.3cm
プレート 幅25.0×奥行23.0×高さ5.0cm 幅40.0×奥行30.0×高さ3.3cm
スタンド脚 幅20.0×奥行5.7×高さ7.2cm 幅20.0×奥行5.7×高さ7.2cm
重量 約1.75㎏ 約2.5㎏
プレートの形状 スクエア型 (ほぼ正方形) 長方形
プレートの縁 〇(21㎜) ×
電源 AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
消費電力 380W~580W 770W
電源コード 1.8m 1.8m
ヒーター サーキットヒーター サーキットヒーター
温度設定 強:約250℃ 強:約250℃
弱:約180℃~200℃ 弱:約180℃~200℃
生産国 韓国 中国
セット内容 プレート・スタンド脚×2・取扱説明書(保証書付き)・電源コード プレート・スタンド脚×2・取扱説明書(保証書付き)・電源コード・専用レシピ

それでは、マジックグリルSとマジックグリルの違いを詳しく見ていきましょう。

比較1 サイズの違い

比較1 サイズの違い

アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いとして、まず挙げられるのが、サイズの違いという点ですね。

製品名 マジックグリルS マジックグリル
サイズ 組立外寸 幅25.5×奥行23.0×高さ11.0cm 幅40.0×奥行30.0×高さ8.3cm
プレート 幅25.0×奥行23.0×高さ5.0cm 幅40.0×奥行30.0×高さ3.3cm
スタンド脚 幅20.0×奥行5.7×高さ7.2cm 幅20.0×奥行5.7×高さ7.2cm

ということで、プレートの大きさは、マジックグリルSの方が、幅が15cm、奥行が7cm小さくなったんですね。

ですから、食卓の上に置いて使うのに丁度よい大きさで使い勝手がよくなったんですよね。

とくに、一人暮らしの方の中には、マジックグリルを使ってみたいけど旧型のマジックグリルはサイズが大きすぎるのであきらめたという方も多かったんですね。

そんなときに、コンパクトサイズのマジックグリルSが販売されたので、そんな一人暮らしの方からも大好評なんですよね。

一人暮らしでも、

・朝:トースト・目玉焼き・ベーコンなどを一つのプレートで一度に料理できる
・昼:パパッと一人分の焼きそばを作るのにも超便利♪
・夜:ビールを飲みながらお肉を焼いたり野菜を焼いたり一人でも楽しめる

という感じで、朝昼晩と大活躍なんですね。

比較2 重さの違い

比較2 重さの違い

次に、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いとして、重さの違いという点が挙げられますね。

製品名 マジックグリルS マジックグリル
重量 約1.75㎏ 約2.5㎏

ということで、マジックグリルSの方が0.75㎏も軽くなったんですね。

元々、従来品のマジックグリルも軽量で持ち運びもしやすかったのですが、新型のマジックグリルSはさらに軽量化したので出し入れもより一層楽になったんですよね。

ですから、

「ホットプレートを出して料理をするのが億劫だな・・・」

と感じることもなく、ガンガン使い倒すことができるんですよ~

また、マジックグリルSはコンパクトサイズで軽いので、プレートを丸洗いするときにもシンクの中でササッと簡単に洗うことができて本当に便利なんですよね。

従来のホットプレートでは、

・ホットプレートの出し入れが大変
・使用後のホットプレートのお手入れ・後片付けが面倒

というわけで、段々と使用頻度も少なくなってきて結局使わなくなってしまった・・・ということも多いんですね。

この点、マジックグリルはホットプレートの出し入れがしやすいですし、使用後のお手入れ・後片付けがものすごく楽なので、毎日のように使うことができるんですよね♪

比較3 プレートに縁があるかどうか?

比較3 プレートに縁があるかどうか?

また、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いとして、プレートに縁があるかどうかという点も挙げられますね。

従来品のマジックグリルはフチがない平らなプレートだったのですが、新型のマジックグリルSには高さ21㎜のフチが付いたんですよね。

このフチが付いたことにより汁気のある料理も作れるようになり、料理のレパートリーが大幅に広がったんですね。

・麻婆豆腐
・すき焼き
・リゾット
・ワイン蒸し
・パエリア
・チーズタッカルビ
・フレンチトースト

このように、従来品のマジックグリルでは作るのが難しかった料理もたくさん作れるようになったんですね。

ただ、従来品のマジックグリルでは汁気のある料理を作ることはできないとはいえ、大きなプレートで鉄板焼きをしたり、お好み焼きをしたり、串焼きをしたり、一度にたくさん料理を作るのに最適なんですよね。

ですから、従来品のマジックグリルで作る方が適している場合や、新型のマジックグリルSの方が便利な場合など、それぞれの得意とする場面が異なっているので、その状況に応じて使い分けてみるとよいですね。

また、プレートにフチが付いているとちょっとした油ハネを防ぐこともできるので、食卓の油汚れも軽減できるんですよね。

比較4 消費電力や電気代の違い

比較4 消費電力や電気代の違い

そして、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いとして、消費電力や電気代の違いという点も挙げられますね。

製品名 マジックグリルS マジックグリル
消費電力 380W~580W 770W

この点、従来のホットプレートの消費電力は1400Wくらいなので、

・マジックグリルS:約60%減
・マジックグリル:約40%減

というように、かなり省エネ設計されているんですね。

そして、その分電気代も節約できるようになっていて、1時間あたりの電気代は、

・マジックグリルS:15.7円
・マジックグリル:20.8円

となっているんですね。

ここで、それぞれ1日に2時間ずつ使ったとすると、マジックグリルSとマジックグリルの電気代の差は、

・1日:10.2円
・1か月:306円
・1年:3,723円

というように、マジックグリルSの方が安くなるんですよね。

なるべく電気代を節約したいという方は、マジックグリルSを選んでみるとよいかもしれませんね。

比較5 価格の違い

比較5 価格の違い

さらに、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いとして、価格の違いという点も挙げられますね。

2022年5月14日現在、Amazonでの価格は、

マジックグリルS 14,800円
マジックグリル 19,800円

となっています。

マジックグリルSの方が5,000円ほど安くなっているんですね。

マジックグリルSとマジックグリルの共通点は?

マジックグリルSとマジックグリルの共通点は?

このように、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)には5つの違いがあるのですが、同じアビエン マジックグリル シリーズということで共通点も多いんですね。

・サーキットヒーターでムラなくおいしく焼ける
・油を引かなくても焦げつかない
・煙が少なく嫌なニオイも染み付かない
・温度はLOWとHIGHの2段階調節
・軽量なので出し入れが楽
・ポータブル電源でアウトドアでも大活躍
・消費電力が少ない省エネ設計
・プレートを取り外して丸洗いできる
・スタンド脚を取り外せるから収納場所に困らない
・シンプルでおしゃれなデザイン

こんなにたくさんの共通する機能や特徴があるんですよね。

それでは1つずつ見ていきましょう。

1. サーキットヒーターでムラなくおいしく焼ける

マジックグリルは、隙間なくびっしりと熱源が敷きつめられていて、プレート面全体に熱を均等に伝えることができるサーキットヒーターという極薄のACフィルムヒーター技術を採用しているんですね。

この点、従来のホットプレートは、熱線がC字型やW字型のものが多いため、熱線と熱線以外の部分との温度差が出てしまい、プレート全体に均一に熱を伝えることが難しく焼きムラになることが多かったんですよね。

マジックグリルは、この点を改善して、サーキットヒーターを中心とした5層構造のプレートを搭載することにより熱量を自在にコントロールして、ムラなく食材に熱を伝えることができるようになったんですね。

また、熱伝導率がよいので、すぐにプレートが温まり食材を焼くことができるんですよね。

そして、熱源がプレートと近い距離で密着しているので、冷たい食材をプレートの上に載せたときでもプレートの温度が低下することからのリカバリーが早いんですね。

ですから、食材をムラなく焼き上げることができて、鉄板焼き屋さんレベルのおいしい焼き上がりを実現することができたというわけなんですよね。

お肉を焼いてみると、水分をキープしながら均一に火を通すことができるので、ふっくらジューシーにおいしく焼き上がるんですよ~

野菜も焼き上がりが早く食材の旨みをそのまま逃がないので、甘みがあって本当においしくなるんですよね。

2. 油を引かなくても焦げつかない

また、マジックグリルのプレートは独自のコーティングが施されていて、焦げつき防止のためにプレートの表面には小さな凸凹が無数に付いているんですね。

この表面がザラザラしたプレートで焼くことにより、食材が焦げつきにくくなるというわけなんですね。

ですから、油を引かなくても食材が焦げつかずツルツルと取り出すことができるんですよね。

焼きそばもプレートにこびりついてしまうということもなくスルスルと調理することができますし、目玉焼きやホットケーキも焦げつかずキレイな焼き色を付けて焼き上げることができるんですよ~

3. 煙が少なく嫌なニオイも染み付かない

そして、マジックグリルは、煙も少なく嫌なニオイも染み付かないんですよね。

例えば、サンマを焼いてみると、煙が少なくてふっくらおいしく焼き上げることができるので、すぐにアツアツの焼きたてをハフハフ言いながら食べることができるんですね。

そのあとに部屋中に魚の嫌なニオイが充満するということもないので本当に助かるんですよね。

食卓の上で魚を焼いてすぐにアツアツの焼きたてを食べることができるなんて最高ですよ~

4. 温度はLOWとHIGHの2段階調節

マジックグリルの温度設定は、LOW(約180℃~200℃)とHIGH(約250℃)の2段階調節となっているんですね。

LOW:表面は焦がさず、食材の芯まで火を通す
HIGH:あえて焦がしたり、仕上げの焼き上げに

マジックグリルでステーキを焼くときは、まずはLOW(約180℃~200℃)でじっくり焼いてみて、最後にHIGH(約250℃)で香ばしい焼き目を付けるようにすると、

独自技術のプレートによる遠赤外線効果も相まって肉汁を中にしっかりと閉じ込めて、アツアツ・ジューシーに焼き上がるんですよね。

また、残り物のおかずやお惣菜の温め直しも、LOW(約180℃~200℃)で加熱すると、焦がさず食材の芯まで温まりアツアツのおいしさが復活するんですよ~

5. 軽量なので出し入れが楽

また、マジックグリルは軽量なので出し入れが楽なところもポイントが高いですね。

マジックグリル:約2.5㎏
マジックグリルS:約1.75㎏

従来のホットプレートよりも軽量なので持ち運びもしやすく出し入れも楽なので、ホットプレートを使う頻度も多くなるんですよね。

今までは、

「ホットプレート出すの面倒だな・・・」

と思ってしまって、段々とホットプレートで料理をする機会が減ってきてしまっていたのですが、

マジックグリルなら軽いのでササッと出して、パパッと料理を作ることができるので、毎日でも使えるところが本当に便利なんですよね。

6. ポータブル電源でアウトドアでも大活躍

そして、マジックグリルは消費電力が、

マジックグリル:770W
マジックグリルS:580W

というように、一般的なホットプレート(1400W)よりも少ないので、ポータブル電源一つでも動かすことができるんですね。

ですから、キャンプやバーベキューなどアウトドアでも大活躍してくれるんですよね。

7. 消費電力が少ない省エネ設計

さらに、マジックグリルは消費電力が少ない省エネ設計なので電気代も安くなり、1時間あたりの電気代が、

マジックグリル:20.8円
マジックグリルS:15.7円

となっているんですね。

これなら、毎日ガンガン使い倒すしても安心ですね♪

8. プレートを取り外して丸洗いできる

しかも、マジックグリルは、スタンド脚を取り外してプレートを丸洗いできるんですね。

これが本当に便利なんですよね。

従来のホットプレートは大きくて重いので、使用後のお手入れが大変だったのですが、マジックグリルは、プレートを取り外してシンクでササッと丸洗いできるので、本当にお手入れが楽でストレスがないんですね。

そして、そもそもプレートが特殊コーティングされていて食材が焦げつきにくいので、表面の汚れはキッチンペーパーでサッと拭き取れるだけで簡単にキレイになるんですよね。

でも、とくに汚れがひどいときやプレートにニオイが残っているときは、スタンド脚を取り外して洗剤をつけたスポンジなどで軽く洗うとスルッと汚れも落ちるので、本当に楽なんですよ~

これなら、お手入れも苦にならず毎日使えますよね♪

9. スタンド脚を取り外せるから収納場所に困らない

そして、マジックグリルは、スタンド脚を取り外せばコンパクトにまとまるので収納場所に困らないんですよね。

2つのスタント脚は磁石でくっつくので、バラバラにならずにスッキリまとめて収納できるんですね。

従来のホットプレートはサイズが大きいので、収納棚にしまっておいて使うときに取り出してきて使うという感じだったのですが、

マジックグリルは、プレートからスタンド脚を取り外してコンパクトにキッチンの隙間に立て掛けておくことができるので、収納場所に困ることもないですし、出し入れも楽で便利なんですよね。

これも、マジックグリルで毎日料理を作りたくなる理由の1つですね。

10.シンプルでおしゃれなデザイン

また、何と言ってもマジックグリルはおしゃれなデザインがポイント高いんですよね。

スタイリッシュで格好いいデザインに一目惚れして購入を決めたという方もいるくらいなんですよw

キッチン家電のデザインにこだわりがあるという方は思わず欲しくなってしまうのではないでしょうか。

おしゃれで格好いいのに機能も素晴らしいなんて、本当に言うことなしですよね♪

マジックグリルSとマジックグリル どっちがおすすめ?

マジックグリルSとマジックグリル どっちがおすすめ?

それでは、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)、どっちを選んだらよいでしょうか。

・コンパクトサイズで軽量のホットプレートがよい
・1~2人くらいの少人数で使いたい
・食卓の上で朝・昼・晩に手軽に使いたい
・汁気のある料理も作りたい
・なるべく油ハネの汚れを防ぎたい
・できるだけ電気代が安い方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

このように思っている方には、マジックグリルSがおすすめです。

・3~4人くらいで使いたい
・大きなプレートで一度にたくさん料理を作りたい
・大きめの食材を丸ごと調理したい
・汁気のある料理は作れなくてもよい

このように思っている方には、マジックグリルがおすすめです。

アビエン マジックグリルSのデメリット 口コミ&レビュー 蓋は?保温できない?プレートに端子直結?縁ありで汁物OK!サイズが絶妙♪
アビエン マジックグリルSには、1. 蓋がガラス製でなく中が見えない 2. 保温機能が付いていない 3. プレート裏面に端子が直結しているという3つのデメリットがあるんですね。とはいえ、これらのデメリットは致命的な欠点というものではなくて、それほど気にならないという方も多いかもしれませんね。
アビエン マジックグリルのデメリット 蓋がない?たこ焼きは焼けない?縁がないから焼きそばが溢れる?保温機能がない?
アビエン マジックグリルには、専用の蓋が付属していない・保温機能が付いていない・縁がないから食材がこぼれる!? 焼き肉をするときはペーパータオルが必須!? たこ焼き専用のプレートが付属していないという5つのデメリットがあるんですね。今回は、アビエン マジックグリル(abien MAGIC GRILL)のデメリットやメリットについて詳しくレビューしてみました。

【知らないと損する!?】AmazonでマジックグリルSとマジックグリルを安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、マジックグリルSとマジックグリルをよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、アビエン マジックグリルS(abien MAGIC GRILL-S)とマジックグリル(MAGIC GRILL)の違いを比較してみました。

これら2つには、

1.サイズの違い
2.重さの違い
3.プレートに縁があるかどうか?
4.消費電力や電気代の違い
5.価格の違い

という5つの違いがあるのですが、

同じアビエン マジックグリル シリーズということで、

・サーキットヒーターでムラなくおいしく焼ける
・油を引かなくても焦げつかない
・煙が少なく嫌なニオイも染み付かない
・温度はLOWとHIGHの2段階調節
・軽量なので出し入れが楽
・ポータブル電源でアウトドアでも大活躍
・消費電力が少ない省エネ設計
・プレートを取り外して丸洗いできる
・スタンド脚を取り外せるから収納場所に困らない
・シンプルでおしゃれなデザイン

という共通する機能や特徴があるんですね。

これらを踏まえたうえで、どっちを選んだらよいかというと、

・コンパクトサイズで軽量のホットプレートがよい
・1~2人くらいの少人数で使いたい
・食卓の上で朝・昼・晩に手軽に使いたい
・汁気のある料理も作りたい
・なるべく油ハネの汚れを防ぎたい
・できるだけ電気代が安い方がよい
・できるだけ価格が安い方がよい

というように、一人暮らしの方や家族の人数が少ない方、汁物料理を作りたいと思っている方は、マジックグリルSを選んだ方がよいですね。

これに対して、

・3~4人くらいで使いたい
・大きなプレートで一度にたくさん料理を作りたい
・大きめの食材を丸ごと調理したい
・汁気のある料理は作れなくてもよい

というように、家族が多い方や一度にたくさんの料理を作りたいと思っている方は、マジックグリルを選んだ方がよいですね。

タイトルとURLをコピーしました