バルミューダ トースター K05Aで焼き芋もホクホク絶品に♪

バルミューダ トースター K05Aで焼き芋もホクホク絶品に♪ キッチン家電

秋になると、石焼き芋が食べたくなりますよね~

「おうちでおいしい石焼き芋を作れたらいいなぁ・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、オーブントースターでおいしい焼き芋を作る方法なんですね。

最近の高級トースター人気の火付け役となったバルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)K05Aで、簡単にホクホクのおいしい焼き芋を作ることができるんです♪

そこで、今回は、バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)K05Aで焼き芋を作る方法についてまとめてみました。

バルミューダ トースター K05Aで焼き芋が簡単にホクホク絶品に♪

K05Aで焼き芋が簡単にホクホク絶品に♪

バルミューダ トースター K05Aで、焼き芋が簡単にホクホク絶品になるんですよね。

作り方は簡単です。

1.洗ったさつまいもをアルミホイルでピッタリ包む。
2.170℃で15分×4回焼く。
3.そのままトースターの余熱で15分くらい置く。
4.竹串を刺して、スーッと通ったらできあがり。

たったこれだけで、ホクホクのおいしい焼き芋ができちゃうんです♪

しっとりホクホクで絶品になりますよ~

さつまいもはどんな種類のものでもおいしくできますが、

・ねっとりした食感と濃厚な甘さを味わえる「安納芋」
・絹のような舌触りで上品な甘さを味わえる「シルクスイート」
・ホクホクとしたお芋らしい食感を味わえる「パープルスイートロード」
・硬さと滑らかさの絶妙なバランスを味わえる「五郎島金時」
・ねっとりクリーミーな甘さを味わえる「紅はるか」

など、いろいろなさつまいもで焼き芋を作って食べ比べてみるのも楽しいですね。

石焼きいも黒ホイルを使えば時短でねっとり甘く仕上がる♪

石焼きいも黒ホイルを使えば時短でねっとり甘く仕上がる♪

上記のように、普通のアルミホイルでもおいしい焼き芋を作ることができるのですが、

「ちょっと時間がかかるなぁ・・・」

と思っている方もいるかもしれませんね。

そんな方におすすめなのが、「石焼きいも黒ホイル」なんですね。

この「石焼きいも黒ホイル」は、その名の通り、アルミホイルが黒いんです。

そして、この黒の効果で、熱吸収が良く、通常のアルミホイルよりも時短でねっとりあま~く仕上がるというわけなんですね。

「石焼きいも黒ホイル」を使って、

1.銀色の面に洗ったさつまいもを置く。
2.黒色の面を外にしてピッタリと包んでオーブントースターで加熱する。
3.直径約4cmの芋なら、1000Wで加熱の場合、約17分。
4.竹串を刺して、スーッと通ればできあがり!

という風に、時短で簡単にホクホクの石焼き芋ができちゃうんですよね。

通常のアルミホイルと比べてみると、黒ホイルで作った焼き芋の方が、時短でできるというだけでなく、ねっとりとした食感で甘みも強く感じられますね。

ただ、バルミューダ トースター K05Aで石焼き芋を作る場合には、約17分だとちょっと早いかなという感じですね。

この「石焼きいも黒ホイル」を使って、バルミューダ トースター K05Aで石焼き芋を作る場合には、170℃で15分×2回加熱した後、そのまま余熱で15分くらい温めてから取り出すと、ねっとりと甘みの強いおいしい石焼き芋ができあがります♪

バルミューダ トースター K05Aのレビューや口コミ、評判は?
人気のバルミューダ トースターですが、2020年の9月に新モデルが発売されたんです。そこで、今回は、この新モデルのバルミューダ トースター K05Aのレビューや口コミ、評判や、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。
ビストロ NT-D700-Kで焼き芋が超絶品に♪自動メニューで感涙の旨さ!
パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700-Kに搭載された「じっくり焼きいも」メニューが、前機種に搭載されていた「焼きいも」メニューとどこが違うのか?また、「じっくり焼きいも」メニューで焼いた焼き芋はどれくらいおいしいのか?ということについてレビューしてみました。

まとめ

というわけで、バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)K05Aでは、おいしいトーストを焼くだけでなく、簡単においしい焼き芋まで作れちゃうんですね。

さらに、「石焼きいも黒ホイル」を使えば、時短で焼き芋ができあがるだけでなく、味もねっとり濃厚にあま~く絶品に仕上がりますよ~

ぜひ、試してみてくださいね♪