ビストロ トースターで揚げ物やフライの温め直し 唐揚げや天ぷら・コロッケ・とんかつ・メンチカツもカリッと復活♪ホイル焼きも簡単♪

アイキャッチ キッチン家電

パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700で揚げ物やフライの温め直しをすると、お惣菜の唐揚げや天ぷら・コロッケ・とんかつ・メンチカツなどがサクサクッと揚げたてのように復活するんですね。

ビストロ NT-D700では、「フライ温め」がオートメニューとして搭載されているので、

焼き色を付けたくないもの(天ぷらなど) 焼き加減:1
大きくない揚げ物やフライ(コロッケや唐揚げなど) 焼き加減:3
厚みがある揚げ物やフライ(とんかつやメンチカツなど) 焼き加減:5

というように、お好みで焼き加減を選べば、あとは自動で最適な温度と時間で温め直しをしてくれるので、中が冷たいままだった・・・というような失敗をすることもないんですよね。

しかも、遠近トリプルヒーターとインテリジェント制御で、衣はサクッと中までしっかりアツアツに温めることができるので、お惣菜の揚げ物やフライが揚げたてのようにおいしく仕上がるんですよ~

今回は、このビストロ NT-D700で揚げ物やフライの温め直しをする方法、ホイル焼きやカップケーキの作り方、ビストロ NT-D700のメリットなどについて詳しくレビューしてみました。

ビストロ トースター NT-D700で揚げ物やフライの温め直し

ビストロ トースター NT-D700で揚げ物やフライの温め直し

電子レンジで、唐揚げや天ぷら・コロッケ・とんかつ・メンチカツなどのお惣菜の揚げ物やフライを温め直そうとすると、衣がべちゃっとしておいしく温め直しができなかったり、

普通のオーブントースターで温め直しをすると、外側はカリッとしているのに中は冷たいままだったりということがありますよね。

でも、パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700で揚げ物やフライの温め直しをすると、お惣菜の唐揚げや天ぷら・コロッケ・とんかつ・メンチカツなどがサクサクッと揚げたてのように復活するんですね。

ビストロ NT-D700には15種類のオートメニューが搭載されているのですが、その中の1つに、「フライ温め」メニューがあるんです。

ですから、お惣菜の揚げ物やフライの温め直しをするのもとても簡単なんですよね。

例えば、唐揚げ・コロッケ4個を温める場合、

1.受け皿の上にアルミホイルを敷いて、もち焼き網を載せる。
2.1の中央に揚げ物やフライを離して置く。
3.「フライ温め」メニューを選ぶ。
4.「焼き加減:3」を選び、スタートボタンを押す。

こうすると自動で時間設定をしてくれて調理が始まります。

唐揚げ・コロッケ4個で、5~7分くらいの加熱時間になりますね。

唐揚げもコロッケも衣はサクッと、中までアツアツに温まって、まるで揚げたてのような仕上がりになるんですよね。

唐揚げのお肉はジューシーで、コロッケのじゃがいもはホクホクで本当においしい~

もち焼き網に載せた唐揚げやコロッケから余分な油が下の受け皿に落ちているので、全然油っぽくなくてカリッと仕上がるのでヘルシーに食べられるのもうれしいですよね。

ここで、「フライ温め」メニューはオートメニューなのですが、揚げ物やフライの種類に応じて、“焼き加減”を調整できるんですね。

焼き色を付けたくないもの(天ぷらなど) 焼き加減:1
大きくない揚げ物やフライ(コロッケや唐揚げなど) 焼き加減:3
厚みがある揚げ物やフライ(とんかつやメンチカツなど) 焼き加減:5

お好みで“焼き加減”を選べば、あとは自動で最適な温度と時間で温め直してくれるのでとても便利なんですよね。

遠近トリプルヒーターとインテリジェント制御で揚げ物がサクッとアツアツに♪

遠近トリプルヒーターとインテリジェント制御で揚げ物がサクッとアツアツに♪

普通のオーブントースターで揚げ物やフライの温め直しをすると、衣はこんがり温まるけれど、中は冷たいままになってしまうことがありますよね。

これは、遠赤外線ヒーターで温めるからなんですね。

と言うのも、遠赤外線ヒーターは食材の表面をカリッとこんがり焼き上げるのに適しているのですが、食材の中まで熱が届きにくいという特質があるんですね。

ですから、普通のオーブントースターで揚げ物やフライを温め直すと、中まで十分に加熱されていなくて冷たいままということになってしまうわけなんですね。

この点、ビストロ NT-D700では、上下2本の遠赤外線ヒーターに加えてさらに1本、上部に近赤外線ヒーターを設置したんですね。

この近赤外線ヒーターはパナソニックが独自に開発したものなのですが、食材の内部まで熱が届きやすいという特質を持っているので、

合計3本の遠近トリプルヒーターで揚げ物やフライを温め直すことで、衣はサクッと中までアツアツでジューシーに仕上げることができるようになったというわけなんですね。

そして、「フライ温め」メニューを選ぶと、「インテリジェント制御」により、庫内の温度や時間を自動で設定して加熱してくれるので、揚げ物やフライの温め直しを失敗しちゃった・・・ということもなく、まるで揚げたてのようにおいしく温め直しをすることができるんですね。

これが本当に素晴らしいんですよね♪

しかも、衣がサクッと中はアツアツにジューシーに温まるだけでなく、余分な油も落としてくれるので全然油っぽくないんですよ~

ですから、冷めてしまったお惣菜の揚げ物やフライは油っこくて胃もたれするから苦手という方でもおいしく食べることができてうれしいですね。

ビストロ トースター NT-D700でホイル焼きも簡単♪

ビストロ トースター NT-D700でホイル焼きも簡単♪

また、パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700では、ホイル焼きも簡単においしく作れるんですよね。

海鮮のホイル焼きも簡単に作れるんですね。

【材料(2人分)】

サーモン:40g
えび(無頭):2尾(1尾約20g)
キャベツ:100g
バター:40g
塩:小さじ1/2
かに身(※かにかまでもOK):60g
ホワイトソース:50g
青ねぎ(小口切り):20g
粗びき黒こしょう(お好みで):適量
レモン汁:適量

【作り方】

1.えびは殻を剥いて背わたを取り除く。
2.サーモンは厚さ1cmくらいの薄切りにする。
3.キャベツは幅5㎜くらいの千切りにして、バター・塩を加えて耐熱容器に入れて、レンジで600Wで3分加熱した後、混ぜ合わせて冷ましておく。
4.かに身はほぐしておく。
5.3の冷ましておいたキャベツに、4のかに身、ホワイトソース・青ねぎ・黒こしょうを加えて混ぜ合わせて、半量ずつ(1人分)分けておく。
6.1のえび、2のサーモンも半量ずつ(1人分)分けておく。
7.アルミホイル(約30cm×30cm)を広げて、その上にクッキングシート(約16cm×16cm)を載せて、中央に6のえびとサーモンを載せる。
8.7のえびとサーモンを覆うように5の混ぜ合わせたキャベツを載せ、アルミホイルでゆったりと包む。
9.8と同じものをもう1つ作る。
10.オーブントースターの受け皿に8を2つ並べ、手動メニューで260℃に設定し、15分加熱する。
11.器に盛り付けて、お好みでレモン汁をかけたらできあがり!

(参照:パナソニック公式ページ)

ビストロ トースター NT-D700でケーキやスイーツも手軽に作れる♪

ビストロ トースター NT-D700でケーキやスイーツも手軽に作れる♪

そして、パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700では、ケーキやスイーツも手軽に作れるんですよね。

カップケーキも簡単に作れるんですよ。

【材料】

薄力粉:100g
ベーキングパウダー:小さじ1/3
砂糖:60g
牛乳:大さじ2
プレーンヨーグルト(無糖) / 牛乳でもOK:大さじ1
卵:1個
サラダ油:70g
お好みの果物(パイナップル缶詰・黄桃缶詰・りんご・いちごなど):100g

【作り方】

1.ボウルに薄力粉・ベーキングパウダーを入れて、泡だて器で空気を含ませるように混ぜ、中央をへこませる。
2.ボウルの中央に、砂糖・牛乳・ヨーグルト・卵・サラダ油を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。
3.4~6個のカップ型に生地を流し入れ、その上に、約2cm角に切ったお好みの果物を載せる。
4.3を受け皿に載せ、手動メニューで180℃に設定し、15~18分加熱する。
5.竹串で生地の中央を刺し、生の生地が付いてこなければ焼き上がり!

(参照:パナソニック公式ページ)

ビストロ トースター NT-D700のメリットは?

ビストロ トースター NT-D700のメリットは?

このように、揚げ物やフライをおいしく温め直したり、ホイル焼きやケーキ・スイーツも簡単に作れるパナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700ですが、これ以外にもたくさんのメリットがあるんですね。

・遠近トリプルヒーターで冷凍パンもサクッとモッチリ熱々に焼き上げる
・インテリジェント制御で自動でおいしく焼き上げる
・焼き色を5段階で調節できる
・15種類のオートメニューで簡単おまかせ調理ができる
・アレンジトーストのエッグトーストが超おいしい
・フランスパンも焦げずにパリッと中まで温まる
・じっくり焼き芋メニューでねっとり甘い焼き芋を味わえる
・8段階温度調節で予熱なしで手軽にオーブン調理ができる
・シンプルデザインでお手入れも簡単

ビストロ NT-D700は、遠赤外線ヒーターで表面をこんがりサクッと焼き上げ、近赤外線ヒーター(パナソニック独自開発)で食材の中までアツアツに加熱することができるので、冷凍パンもサクッとモッチリ熱々に焼き上げることができるんですよね。

また、インテリジェント制御で、食材の厚みや温度の状態や庫内温度や電圧などを自動で調整してくれるので、おまかせでおいしく焼き上げてくれるので本当に便利なんですよ~

そして、15種類のオートメニューが優れもので、アレンジトーストやそうざいパン、フランスパン、チルドピザや冷凍ピザ、焼き芋まで、自動でおいしく焼き上げてくれるのもうれしいですね。

さらに、120℃~260℃の8段階の温度調節と、30秒~25分までの時間設定をすることができ、予熱なしで手軽にオーブン料理などができるので重宝しますね。

ですから、このようなメリットに興味があるという方には、ビストロ NT-D700がおすすめですよ。

ビストロ NT-D700のレビューや口コミ、評価は?焼き芋が絶品!
最近人気のおいしい高級食パンは、冷凍された状態で届くことが多いので、この冷凍食パンをおいしく焼くことができないとせっかくの高級食パンも台無しになってしまうんですよね。そこで、今回は、この冷凍食パンをおいしく焼けると評判のパナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700のレビューや口コミ、評価、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。
ビストロとバルミューダ トースターを比較 どっちがおすすめ?スチームで焼く?自動メニュー搭載?冷凍パンも熱々?ピザ丸ごと焼ける?価格は?
ビストロトースターとバルミューダの違いを比較してみると、スチームで焼くかどうか?自動メニューを搭載しているか?冷凍パンの中まで熱々か?チルドピザを丸ごと焼けるか?カラーバリエーションの違い・価格の違いという6つの点で違いがあるんですよね。

【知らないと損する!?】Amazonでビストロ トースターを安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、ビストロ トースターをよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、パナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700で揚げ物やフライの温め直しをすると、衣はサクッと、中までアツアツに温まって、まるで揚げたてのような仕上がりになるんですよね。

しかも、オートメニューの「フライ温め」メニューを選ぶと、好みの焼き加減を設定すれば、あとは自動で最適な温度と時間を設定してくれるので、温め直しに失敗しちゃった・・・ということもないんですね。

遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターの遠近トリプルヒーターで、外側はサクッと中までしっかりアツアツに温めることができて、余分な油は下の受け皿に落ちるようになっているので、お惣菜の揚げ物やフライもヘルシーに食べることができてうれしいですよね。

このほかにも、15種類のオートメニューでアレンジトーストやそうざいパン、フランスパン、チルドピザや冷凍ピザ、焼き芋まで、自動でおいしく焼き上げてくれるのもとても便利なんですね。

また、120℃~260℃の8段階の温度調節と、30秒~25分までの時間設定をすることができるので、ホイル焼きも簡単においしく作れますし、ケーキやスイーツも手軽に作ることができて料理のレパートリーも増えてとてもよいですね。

そんなパナソニック オーブントースター ビストロ NT-D700に興味があるという方は一度試してみるとよいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました