アラジン トースターで焼き芋がねっとり絶品に♪さつまいもは何度で焼くの?アルミホイルは必要?バルミューダやヘルシオと比較

アイキャッチ キッチン家電

短時間でおいしいトーストを焼くことができるとアラジン トースターが大人気なんですね。

でも、このアラジン トースターは、トーストを焼くだけでなく、簡単にねっとり甘い焼き芋を焼くことができるんですよね。

アラジン トースターで焼き芋を焼く方法はとても簡単です。

1.きれいに洗ったさつまいもをアルミホイルで包む。
2.160℃で15分加熱する。
3.その後、庫内でさつまいもを15分そのまま放置する。
4.さつまいもを裏返して、さらに15分加熱し、15分放置する。

たった、これだけでおうちで簡単に石焼き芋風のねっとり甘い焼き芋を作ることができちゃうんですよね。

今回は、アラジン トースターでねっとり甘い焼き芋を焼く方法や、バルミューダやヘルシオとの比較、アラジン トースターをふるさと納税で安く購入する方法などをレビューしてみました。

アラジン トースターで焼き芋をねっとり甘く焼く方法

アラジン トースターで焼き芋をねっとり甘く焼く方法

おいしい焼き芋を焼くためには、「低温でじっくり焼く」ことが大事なんです。

甘くておいしい焼き芋を焼くためには、さつまいもに含まれるデンプン質を分解して麦芽糖に変化させることが必要なんですね。

このデンプン質が分解して麦芽糖に変化しやすい温度が65~75℃と言われているんです。

そして、加熱によりさつまいもの水分が適度に飛ぶことによって、糖分が凝縮されて甘さを引き出すというわけなんですね。

ですから、甘くておいしい焼き芋を焼くためには、オーブンでじっくり低温で焼くのが簡単ですが、実は、オーブントースターでもおいしい焼き芋を焼くことができるんですね。

ここでは、アラジン トースターでおいしい焼き芋を作る方法を見てみましょう。

1.きれいに洗ったさつまいもをアルミホイルで包む。
2.160℃で15分加熱する。
3.その後、庫内でさつまいもを15分そのまま放置する。
4.さつまいもを裏返して、さらに15分加熱し、15分放置する。

このように、さつまいもを加熱した後、庫内で15分放置することで、余熱でさつまいもに火が通るようになるんですね。

そして、長時間加熱を続けずに、一度中断することで温度が上がりすぎるのを抑えてくれる効果もあるんです。

こうすると、オーブンでじっくり低温で焼いたのと同じような状態になり、石焼き芋のようにおいしい焼き芋を焼くことができるというわけなんですね。

さつまいもの加熱時間は、さつまいもの大きさによって異なってくるので、丁度よい焼き具合になるように調整してみてください。

また、アルミホイルで包む前に、さつまいもを濡らしたキッチンペーパーで包むと、しっとりとした芋ようかんのような焼き芋に仕上がるので、そちらの方が好みの方は、アルミホイルで包む前にキッチンペーパーで包んでから焼いてみるとよいですね。

焼き芋におすすめのさつまいもの品種は?

甘くておいしい焼き芋を焼くためには、やはり、おいしいさつまいもを選ぶことも大事ですね。

安納芋 ねっとり系の甘くておいしい焼き芋を作れると大人気の品種です。糖度が高く、水分量が多いので、焼いたときにねっとりとした食感と濃厚な甘さを味わうことができます。細長いものよりも丸いものの方が甘みが強いようです。
紅はるか 甘いさつまいもと言えば、安納芋がその代表格ですが、紅はるかもそれに近い甘さとねっとりした食感です。一般的なさつまいもは焼き芋にしても糖度は50度くらいですが、紅はるかの焼き芋は糖度60度になると言われ、そのままスイーツになるほどの甘さです。ねっとりクリーミーな甘さを味わえます。
シルクスイート 絹のような滑らかな舌触りで、濃厚ながら上品な甘さを味わえます。収穫して間もないシルクスイートはホクホクとしった食感を楽しめますが、甘さを引き出すために寝かせておいたものは甘みが増して、ねっとりした食感を味わうことができます。
鳴門金時 栗のようにホクホクとした食感と高い糖度が特徴です。最近ではねっとり系のさつまいものが人気を集めていますが、昔ながらの懐かしい味として依然として人気の品種です。
紅あずま 皮の色は少し紫っぽい濃い赤色で、果肉の色が黄色です。粉質で繊維質が少なく、甘みが強いのが特徴です。ホクホク系とねっとり系の中間型で、ホクホク感とねっとり感の両方の食感を味わることができます。関東で人気の品種です。

このように、いろいろな品種があるので、いろいろと焼き芋にしてみて、自分好みの焼き芋を見つけてみるのも楽しいですね。

アラジン トースターで焼き芋を焼くときにアルミホイルは必要か?

アラジン トースターで焼き芋を焼くときにアルミホイルは必要か?

アラジン トースターで焼き芋を焼くときに、アルミホイルが必要かどうかいろいろな説あるんですね。

この点、さつまいもをアルミホイルで包まない場合、さつまいもの先端や皮が焦げやすくなる傾向があります。

しっとりとした食感の焼き芋が好みの方は、アルミホイルで包んだ方がよいですね。

それよりもさらに、しっとりした食感に好みの方は、アルミホイルで包む前に、さつまいもを濡らしたキッチンペーパーで包むと、芋ようかんのようなしっとりとした焼き芋に仕上がるので、そちらも試してみるとよいかもしれませんね。

石焼きいも黒ホイルを使えば時短でねっとり甘い焼き芋を焼くことができる!?

上記のように、普通のアルミホイルでもおいしい焼き芋を焼くことができるのですが、ちょっと時間がかかるなぁと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「石焼きいも黒ホイル」なんですね。

この「石焼きいも黒ホイル」は、黒いアルミホイルで、この黒の効果で、熱吸収が良く、通常のアルミホイルよりも時短でねっとり甘い焼き芋を焼くことができるというわけなんですね。

「石焼きいも黒ホイル」を使って、アラジン トースターで焼き芋を焼く方法は、

1.銀色の面に洗ったさつまいもを置く。
2.黒色の面を外にしてピッタリと包んで、160度で10分加熱する。
3.その後、庫内でさつまいもを10分そのまま放置する。
4.さつまいもを裏返して、さらに10分加熱し、10分放置する。
5.竹串を刺して、スーッと通ればできあがり!

このようにして焼いてみると、普通のアルミホイルで焼いたよりもねっとりとした甘さが増すので、あまり甘くない普通のさつまいもでもおいしい焼き芋に仕上がるんですよね。

さつまいもの加熱時間は、さつまいもの大きさによって異なってくるので、丁度よい焼き具合で調整してみてくださいね。

アラジン トースターとバルミューダやヘルシオの比較

アラジン トースターとバルミューダやヘルシオの比較

さて、このようにアラジン トースターでおいしい焼き芋を焼くことができるわけなんですが、他の人気のオーブントースターで焼いた焼き芋と比べてどれがおいしいのかちょっと気になりますよね。

ここでは、バルミューダとヘルシオと比較してみました。

アラジン トースターで焼いたシルクスイートは、しっとりとしつつも、しっかりとした食感で、強い甘みが感じられる焼き芋っぽい焼き上がりになりました。

バルミューダで焼いたシルクスイートは、ふんわりと柔らかく甘みの強い芋らしいおいしい焼き芋に仕上がりました。

ヘルシオで焼いたシルクスイートは、過熱水蒸気で水分が蒸発しづらいというヘルシオの特徴のせいか、水分がかなり多くて、手に蜜がしたたり落ちるほどねっとりとした食感ですか、意外と甘みがそれほど濃厚ではなく、あっさりとした感じですね。

ということで、結論としては、どれでもおいしい焼き芋を焼くことができる!ということでした。

元も子もないと言えばそれまでですが、実際のところ、本当にどれもおいしい焼き芋に仕上がるんですよ。

それは、さつまいものの品種によっても異なるでしょうし、人それぞれに好みにもよるでしょうし、一概に、「これが一番!」というものはないのかなという感じがしました。

それぞれのおいしさがあるので、焼き芋が好きな方はどの焼き芋を食べても満足できるのではないでしょうか。

こんな結論ですみません。。

アラジン トースターのメリットは?

アラジン トースターのメリットは?

このように、甘くておいしい焼き芋を焼くことができるアラジン トースターですが、もちろん、焼き芋だけではなく、トーストもおいしく焼けますし、トースト以外の料理を作ることもできるんですね。

そこで、ここでは、アラジン トースターのメリットを見てみましょう。

・ヒーターの立ち上がりが速く火力も強い
・外はサクッと中はモチモチのトーストを焼ける
・トーストを4枚同時に焼ける
・温度調節ができる(40~320℃)
・チルドピザを外はカリッと中までアツアツに焼き上げる
・付属のグリルパンでパン以外の料理を作れる
・お手入れが簡単
・おしゃれなデザイン

アラジン トースターは0.2秒で発熱ということで、他のオーブントースターと比べて、ヒーターの立ち上がりが圧倒的に速いんですね。

ですから、トースト1枚なら、90秒で耳はカリッと中はモチモチに焼き上がり、トースト4枚でもわずか3分で焼き上がるという驚きの速さなんですよね。

しかも、付属のグリルパンを使えば、グリルチキンなどトースト以外の料理も「焼く・煮る・蒸す・炊く・温める」などオーブン料理や油を使用しないヘルシー料理など、いろいろな料理を作ることができてとても便利なんですね。

しかも、どのレシピもものすごく簡単なんですよ。

アラジン トースターの4つのデメリット パンが焦げる?冷凍パンを上手く焼けない?置き場所に困る?価格が高い?メリットは?
アラジン トースターには、高火力で素早く焼けるが焦げやすい・冷凍パンを上手に焼きにくい・サイズが大きくて置き場所に困る・価格が高いという4つのデメリットがあるんですね。でも、それよりも魅力的なメリットがたくさんあるんですよね。今回は、アラジン トースターのデメリットやメリットについて詳しくレビューしてみました。

アラジン トースターはふるさと納税が安い!?

アラジン トースターはふるさと納税が安い!?

というように、口コミや評判もとてもよいアラジン トースターなんですが、実際に購入しようとすると、やはり、価格が高いなと思ってしまう方もいるかもしれませんね。

でも、実は、このアラジン トースターを「ふるさと納税」で安く購入することができるんですね。

このアラジン トースターは、兵庫県加西市の「ふるさと納税」で取り扱われているんです。

例えば、アラジン グラファイトグリル&トースター AGT-G13AG(グリーン)は、グリルパンも使える4枚焼きモデルで、

・定価:22,000円(税込)
・ふるさと納税:50,000円(税込)

還元率は何と44%!ということなんですね。

そして、アラジン グラファイトグリル&トースター AET-GP14A-G(グリーン)は、2021年発売の新型モデルで、

・定価:39,000円(税込)
・ふるさと納税:90,000円(税込)

となっているので、何と還元率は43%!ということなんですね。

これは、ものすごくお得ですよね!

楽天でふるさと納税すれば、さらにポイントも付いて安く購入できちゃいますね♪

節税しながら、アラジン トースターが手に入るなんて素晴らしいですよね。

▼兵庫県加西市の「ふるさと納税」▼

アラジン グラファイトグリル&トースター【4枚】 アラジン グラファイトトースター【2枚】
AGT-G13A-G(グリーン) 2018年発売 CAT-GS13B-G(グリーン) 2019年発売
AGT-G13A-W(ホワイト)
AET-GP14A-G(グリーン) 2021年発売 AET-GS13B-W(ホワイト)
AET-GP14A-W(ホワイト)

アラジン トースターの購入を考えている方は、ふるさと納税してみるとよいかもしれませんね。

【知らないと損する!?】Amazonでアラジン トースターを安く買う方法とは?

Amazonで買い物をするなら、“Amazonギフト券チャージ”をすると、アラジン トースターをよりお得に購入することができるんですよね。

ご自分のAmazonアカウントに現金チャージをすると、Amazonのポイントをもらうことができるんですね。

1回のチャージ金額ごとに

・プライム会員は最大2.5%
・通常会員でも最大2.0%

Amazonポイントをもらうことができるんです。

また、初回限定で1,000ポイントをもらうことができるので、Amazonでよくお買い物をする方は使わないともったいないですね♪

Amazonギフト券チャージ

>>Amazonギフト券の現金チャージはコチラから

まとめ

というわけで、アラジン トースターで焼き芋をねっとり甘く焼く方法についてレビューしてみました。

アラジン トースターでは、おいしいトーストを焼くだけでなく、簡単にねっとり甘い焼き芋を焼くことができるんですね。

そして、「石焼きいも黒ホイル」を使えば、時短でねっとり甘い焼き芋を焼くことができちゃうんですよ~

さらに、アラジン トースターを安く購入したいと考えている方は、兵庫県加西市の「ふるさと納税」で取り扱われているので、こちらを利用してみるとよいですね。

還元率44%!とお得に購入できますし、楽天でふるさと納税すれば、さらにポイントも付いて安く購入できるのでお得ですね。

タイトルとURLをコピーしました