アラジン トースター 2枚焼きのデメリット 冷凍ピザ丸ごと焼けない?焦げる?グリルパン代用は?サイズ大きい?庫内の高さ低い?

アラジン トースター 2枚焼きのデメリット キッチン家電

アラジン トースター 2枚焼きを購入する前に、そのデメリットを知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。

この点、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)には、

1.油断すると焦げる
2.庫内の高さが低い
3.ピザを丸ごと焼けない
4.サイズが少し大きいので置き場所に困る
5.グリルパンが付いてない

という5つのデメリットがあるんですね。

でも、それよりも、

・0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターで素早く焼き上げる
・外はカリッと中はモッチリとしたおいしいトーストを焼ける
・冷凍食パンも1分~1.5分追加加熱すればおいしく焼ける
・100℃~280℃の無段階温度調節
・グラタンなどパン以外の料理も手軽に作れる
・パンくずトレイと焼き網を取り外せるのでお手入れも簡単
・おしゃれでかわいいデザイン

という魅力的なメリットがあるんですよね。

そこで、今回は、アラジン トースター 2枚焼きを購入する前にデメリットを知りたいという方のために、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)の5つのデメリットや魅力的なメリットについて詳しくレビューしてみました。

\0.2秒で発熱!外はカリッと中はモッチリ♪/

デメリット1 油断すると焦げる!?

デメリット1 油断すると焦げる!?

アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットとして、まず挙げられるのが、油断すると焦げるという点なんですね。

アラジン トースター(2枚焼き)は、0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターで素早く加熱し、短時間でおいしく焼き上げるのが特長となっているんですね。

ただ、上部の1本のグラファイトヒーターと下部の1本の石英管ヒーターで、高火力で焼き上げるので、油断しているとトーストを焦がしてしまうことがあるんですね。

トースト1枚を焼く場合の推奨温度は280℃で時間は2~2.5分ということですが、これだと、8枚切りの食パンはちょっと焼き色が付きすぎて焦げ気味になってしまうかもしれません。

そこで、もう少し温度を下げて250℃くらいで2.5分くらい焼いてみると、焦げることなく、表面はカリッとこんがり、中はモッチリとおいしいトーストを焼くことができるんですね。

ですから、焼く温度と時間を調節すれば、トーストを焦がしてしまう心配もなく、おいしいトーストを食べることができるのでうれしいですね♪

デメリット2 庫内の高さが低い!?

デメリット2 庫内の高さが低い!?

次に、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットとして、庫内の高さが低いという点が挙げられますね。

アラジン トースター(2枚焼き)の庫内サイズは、幅31.0×奥行23.5×高さ8.7cmとなっているんですね。

庫内の高さが8.7cmというのは、ちょっと高さが低いかなという感じがするんですね。

というのも、上部の遠赤グラファイトヒーターの火力が強いからなのか、高さのあるパンを焼くと、表面が焦げてしまうことがあるんですよね。

この点は、焼く温度や時間を調節すれば、焦げないように焼くことができるようになりますが、慣れるまではちょっと焦がしてしまうことがあるかもしれません。

また、庫内の高さが低いということで、パン以外の料理を作りたいと思ったときに、作れる料理が限られてしまうこともあるんですよね。

ですから、パン以外の料理もいろいろと作りたいと思っている方は、アラジン トースター(4枚焼き)を選んだ方がよいかもしれませんね。

アラジン トースターは冷凍パンを上手く焼けない?パンが焦げる?置き場所に困る?価格が高い?デメリットとメリットは?
アラジン トースターには、高火力で素早く焼けるが焦げやすい・冷凍パンを上手に焼きにくい・サイズが大きくて置き場所に困る・価格が高いという4つのデメリットがあるんですね。ただ、新型モデルのAET-GP14Aでは1と2のデメリットが改善されているんですよね。

デメリット3 ピザを丸ごと焼けない!?

デメリット3 ピザを丸ごと焼けない!?

また、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットとして、ピザを丸ごと焼けないという点も挙げられますね。

アラジン トースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)の庫内サイズは、幅31.0×奥行23.5×高さ8.7cmとなっているんですが、チルドピザや冷凍ピザを焼きときには、受け皿の上にアルミホイルを敷いて焼く必要があるんですね。

この受け皿の奥行が18cmとなっているので、Mサイズ(23cm)のピザを丸ごと焼くのはちょっと難しいんですよね。

無理やり受け皿の上に載せて焼くことができないわけではないですが、やはり端っこがはみ出してしまうんですね。

でも、Mサイズ(23cm)のピザを半分に切れば、受け皿に載せて焼くことができるので、どうしても丸ごとピザを焼きたいということでなければ、これでも十分ではないでしょうか。

ただ、受け皿の上にアルミホイルを敷いて焼くので、ピザの裏面のサクッと感が弱い感じがしますね。

ですから、

・ピザを丸ごと焼きたい
・ピザの裏面もサクッと焼きたい

と思っている方は、アラジン トースター(4枚焼き)を選んでみるとよいかもしれませんね。

\【4枚焼き】ピザも丸ごとサクッと焼ける♪/

デメリット4 サイズが少し大きいので置き場所に困る!?

デメリット4 サイズが少し大きいので置き場所に困る!?

そして、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットとして、サイズが少し大きいので置き場所に困るという点も挙げられますね。

アラジン トースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)の本体サイズは、幅35.0×奥行29.5×高さ23.5cmとなっているんですね。

この点、最近のオーブントースターと比べると特別大きいというわけではないのですが、従来のオーブントースターと比べると、サイズが大きくなっているんですよね。

ですから、従来のオーブントースターから買い替えようと思っている方は、キッチンの置き場所を確認してから購入するようにした方がよいですね。

\0.2秒で発熱!外はカリッと中はモッチリ♪/

デメリット5 グリルパンが付いてない!?

デメリット5 グリルパンが付いてない!?

さらに、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットとして、グリルパンが付いてないという点も挙げられますね。

アラジン トースター(4枚焼き)にはグリルパンが付属していて、パン以外の料理をいろいろと作ることができて便利なんですよね。

でも、このアラジン トースター(2枚焼き)には、グリルパンが付属していないんですね。

ホーロー製の受け皿は付属しているのですが、やはり、これだけだと油ハネが気になる料理を作るときや蓋をして調理したいときに、ちょっと不便かなという感じがしますね。

とはいえ、この点は、グリルパンの代わりになるものを用意すれば大丈夫です。

\オーブントースターで煮る、焼く、炊くができる♪/
\陶器ならではの遠赤外線が食材をほっこりおいしく仕上げる♪/

アラジン トースター 2枚焼きのメリットは?

アラジン トースター 2枚焼きのメリットは?

このように、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)には5つのデメリットがあるのですが、そのデメリットを補って余りある魅力的なメリットもあるんですよね。

・0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターで素早く焼き上げる
・外はカリッと中はモッチリとしたおいしいトーストを焼ける
・冷凍食パンも1分~1.5分追加加熱すればおいしく焼ける
・100℃~280℃の無段階温度調節
・グラタンなどパン以外の料理も手軽に作れる
・パンくずトレイと焼き網を取り外せるのでお手入れも簡単
・おしゃれでかわいいデザイン

アラジン トースター 2枚焼きの最大のメリットは、0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターで素早く焼き上がるという点ですよね。

このヒーターの立ち上がりがものすごく早くて、火力も強いんですね。

ですから、外はカリッとこんがり、中は水分を逃さずモッチリとしておいしいトーストを焼き上げることができて最高なんですよ~

また、冷凍食パンも常温の食パンを焼くよりも1分~1.5分多めに焼くと、ふんわりとおいしく焼き上がるのでうれしいですね。

そして、アラジン トースター 4枚焼きと比べると庫内サイズは小さいですが、グリルチキンを作ったりグラタンを焼いたりといったちょっとした料理を作るのには十分なんですよね。

予熱なしで料理を作ることができるので手軽に使えて便利ですね。

また、パンくずトレイと焼き網を取り外せるのでお手入れも楽で助かりますよね。

そして、何よりもおしゃれでかわいいデザインに一目惚れして購入を決めたという方も多いんですね♪

アラジン トースターは冷凍パンを上手く焼けない?パンが焦げる?置き場所に困る?価格が高い?デメリットとメリットは?
アラジン トースターには、高火力で素早く焼けるが焦げやすい・冷凍パンを上手に焼きにくい・サイズが大きくて置き場所に困る・価格が高いという4つのデメリットがあるんですね。ただ、新型モデルのAET-GP14Aでは1と2のデメリットが改善されているんですよね。
バルミューダとアラジンを比較 どっちが美味しい?食べ比べてみた♪お掃除お手入れが楽なのは?大きさの違いは?おすすめは?
バルミューダ トースターとアラジン グラファイトグリル&トースターの5つの違いを詳しくレビューしてみました。1.どっちが美味しいか?2.パン以外の料理を作れるか?3.大きさの違いは?4.お手入れお掃除のしやすさの違いは?5.価格の違いは?

アラジン トースター 2枚焼きはふるさと納税で安く購入できる!?

アラジン トースター 2枚焼きはふるさと納税で安く購入できる!?

実は、アラジン トースターを「ふるさと納税」で安く購入することができるんですね。

このアラジン トースターは、兵庫県加西市の「ふるさと納税」で取り扱われているんです。

▼兵庫県加西市の「ふるさと納税」▼

アラジン グラファイトトースター【2枚焼き】

型番 CAT-GS13B-G(グリーン) AET-GS13B-W(ホワイト)
定価 14,080円(税込)
ふるさと納税 30,000円
還元率 46.9%

これは、かなりお得ですよね♪

アラジン トースター 2枚焼きの購入を考えている方は、ふるさと納税してみるとよいかもしれませんね。

まとめ

というわけで、アラジン トースター 2枚焼き CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)のデメリットについて見てきました。

1.油断すると焦げる
2.庫内の高さが低い
3.ピザを丸ごと焼けない
4.サイズが少し大きいので置き場所に困る
5.グリルパンが付いてない

という5つのデメリットがありますが、

それよりも、

・0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターで素早く焼き上げる
・外はカリッと中はモッチリとしたおいしいトーストを焼ける
・冷凍食パンも1分~1.5分追加加熱すればおいしく焼ける
・100℃~280℃の無段階温度調節
・グラタンなどパン以外の料理も手軽に作れる
・パンくずトレイと焼き網を取り外せるのでお手入れも簡単
・おしゃれでかわいいデザイン

というメリットがとても魅力的なので、アラジン グラファイトトースター CAT-GS13B(G)・AET-GS13B(W)に興味がある方は一度試してみるとよいかもしれませんね。

\0.2秒で発熱!外はカリッと中はモッチリ♪/
タイトルとURLをコピーしました