タイガー KAE-G13NとKAM-S130の違いを比較 ヒーターや価格やサイズは?

kae-g13n_kam-s130 キッチン家電

最近、トーストがこんがりおいしく焼けるオーブントースターが大変人気なんですよね。

その中でも、タイガー魔法瓶のオーブントースターはとても人気が高いのですが、似たような機能やデザインのものがあって、どこがどう違うのかよくわからない・・・と悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、人気のタイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いを比較してみました。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130の違い1 黒遠赤ヒーターかどうか?

タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いとして、まず挙げられるのが、黒遠赤ヒーターを使用しているかどうかという点が挙げられますね。

タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130は、どちらも1300Wのトリプルヒーターが搭載されているのですが、

タイガー やきたて KAM-S130では、3本のヒーターのうち上部の1本が黒遠赤ヒーターとなっているんですね。

この黒遠赤ヒーターは、従来の遠赤ヒーターと比較すると、遠赤外線量が5%UPするため、食材の内部も外側も効果的に加熱し、食材の芯まで効率よく温めることができ、表面はカリッとこんがり、そして食材の中までしっかり加熱することができるんです。

これに対して、タイガー うまパン KAE-G13Nでは、遠赤外線ヒーターは使用されておらず、通常の石英管ヒーターが使用されているんですね。

ですから、食材の焼き具合を比較した場合には、やはり、黒遠赤ヒーターが使用されているタイガー やきたて KAM-S130の方が、よりカリっとこんがり焼き上がると言えるかもしれません。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130の違い2 サイズは?

タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いの2つ目に挙げられるのが、オーブントースターのサイズになります。

タイガー うまパン KAE-G13Nは、本体サイズが幅35.4×奥行34.4×高さ24.2cm、庫内寸法が幅30.0×奥行き27.5×高さ10.0cm、重量が4.2kgとなっています。

これに対して、タイガー やきたて KAM-S130は、本体サイズが幅35.1×奥行33.0×高さ22.5cm、庫内寸法が幅30.0×奥行き26.5×高さ9.0cm、重量が3.7kgとなっています。

両者を比較すると、タイガー うまパン KAE-G13Nの方が、サイズがおよそ1cmほど大きくて、重量も重くなっていますね。

とは言え、どちらもトーストを同時に3枚、直径5cmのピザを丸ごとやくことができるので、それほど違いはないと言えるかもしれません。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130の違い3 カラーは?

次に、タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いとして挙げられるのでが、カラーバリエーションですね。

タイガー うまパン KAE-G13Nのカラーは、マットブラック・マットホワイト・レッドの3色となっています。

これに対して、タイガー やきたて KAM-S130のカラーは、マットブラック・グロスレッドの2色になっています。

ですから、他のキッチン家電の色と統一してホワイトにしたいなと思っている方は、タイガー うまパン KAE-G13Nを選んでみるとよいかもしれませんね。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130の違い4 価格は?

ここで、気になるタイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の価格を見てみましょう。

2021年3月22日現在、Amazonでは、タイガー うまパン KAE-G13Nの価格は、KAE-G13N-K(マットブラック)が4,482円KAE-G13N-WE(マットホワイト)が4,980円KAE-G13N-R(レッド)が4,620円となっています。

これに対して、タイガー やきたて KAM-S130の価格は、楽天市場で、KAM-S130-RG(グロスレッド)が6,468円KAM-S130-KM(マットブラック)が6,479円となっています。

若干、タイガー うまパン KAE-G13Nの方が安くなっていますね。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130の共通点は?

さて、タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いを見てきましたが、この2つのオーブントースターには共通点も多いんですよね。

・庫内には熱反射率が高い「ガルバニウム鋼板」を採用
・ワイドビック庫内(トーストを同時に3枚・直径25cmのピザを焼ける)
・シリコン加工の波型深皿調理トレイ
・80℃~250℃の無段階温度調節
・最大30分のタイマー機能
・大きくせり出す焼きアミ
・お手入れが簡単(取り外せるパンくずトレイ・焼きアミ)

このように共通点として、とても便利な機能が多いんです。

タイガー KAE-G13NとKAM-S130 どちらを選んだらよいか?

それでは、タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130、どちらを選んだらよいでしょうか。

・黒遠赤ヒーターで、表面はカリッと、中までしっかり加熱したい

このような方には、タイガー やきたて KAM-S130がおすすめです。

・焼き具合は、そこそこカリっとこんがり焼ければよい
・マットホワイトのオーブントースターが欲しい
・できるだけ価格が安い方がよい

このような方には、タイガー うまパン KAE-G13Nがおすすめです。

タイガー うまパン KAE-G13Nのレビュー・評価は?コスパはいい?
タイガー うまパン KAE-G13Nが、表面はサクッと、中はアツアツ、フワッとモチモチに焼き上がるので、トーストが大好きな人に大好評なんですね。そこで、今回は、このタイガー うまパン KAE-G13Nのレビューや評価、特徴や性能など、気になる点についてまとめてみました。
タイガー やきたて KAM-S130のレビューや口コミ、評価は?
タイガー オーブントースター やきたて KAM-S130は、カリっとこんがりおいしいトーストが焼けるだけではなく、グラタンなどの料理やフライあたためなども簡単にできてとても便利だと評判もいいんですね。そこで、今回は、このタイガー オーブントースター やきたて KAM-S130のレビューや口コミ、評価、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。

まとめ

というわけで、タイガー うまパン KAE-G13Nとタイガー やきたて KAM-S130の違いを比較してみましたが、同じタイガーのオーブントースターということで、機能的に共通点も多く、若干の違いがあるだけなので、上記のような違いを踏まえて、ご自分に合ったオーブントースターを選ぶようにするとよいのではないでしょうか。