東芝 石窯ドーム ER-VD3000のレビューや口コミ、評価は?

ER-VD3000 キッチン家電

最近では、一家に一台電子レンジがあるのが当たり前という感じになっていますが、ここの所、とくに、電子レンジにオーブン機能が付いたオーブンレンジが人気になっているんですよね。

このオーブンレンジ、これ一台でいろいろな料理を作ることができてとても便利なんですが、いろいろな種類のオーブンレンジが発売されていて、どの機種を選べばよいのかわからない・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、便利な機能満載でコスパもよい!と評判の東芝 石窯ドーム ER-VD3000のレビューや口コミ、評価、特長や性能など、気になる点についてまとめてみました。

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は300℃の高火力 熱風2段オーブン

300℃の高火力 熱風2段オーブン

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、石窯ドームならではの最高300℃の熱風コンベクション式オーブンなので、食材の旨味や水分を高火力でギュッと閉じ込めることができるんですね。

ですから、

・肉のおいしさが違う!
・パンのふくらみが違う!

庫内全面から遠赤外線を放射する「庫内まるごと遠赤」のおかげで、食材の中までしっかり加熱することができるので、肉厚でジューシーなハンバーグもお手の物なんです。

また、丸みを帯びた「ラウンド石窯ドーム構造」と角皿の端っこに穴を開けた「角皿スリット」によって、熱を対流させるので、食材の焼きムラを抑えて、きれいに焼き色を付けて仕上げることができるんですね。

グリル調理

グリル調理

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、高火力の石窯ドームヒーターで、食材をこんがり焼き上げることができるので、グリル調理に最適なんですね。

湾曲した上部ヒーターの熱で、食材をしっかり焼き上げることができるので、グラタンや塩サバの表面にもこんがりと焼き目が付いて、美味しそうに仕上がるんです。

このように、

・300℃の高火力
・「ラウンド石窯ドーム構造」と「角皿スリット」による熱風循環

により、グリル調理を得意とするので、食材をオーブンにセットすれば、あとは、火加減を気にせずお任せで加熱すれば、おいしい料理ができあがっちゃうので、料理のレパートリーも広がって助かりますよね。

スチームトースト

スチームトースト

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、今流行りのスチームトースト機能も搭載されているんですね。

スチームトーストで、トーストを焼くと、庫内にスチームが充満し、パンの表面を薄い水分の膜で覆うことができるんです。

水分は気体よりも速く加熱されるので、先にパンの表面が焼き上がり、パンの中に水分やバターなどの油脂成分をしっかりと閉じ込めることができるようになるんですね。

そうすることによって、表面はカリッと香ばしく、中はしっとりふっくらアツアツのトーストを焼き上げることができるというわけなんです。

また、冷凍トーストもおいしく焼き上げることができるので、毎朝トーストを焼くのが楽しみになりますよね♪

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は油や塩分をカットしてヘルシーに!

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、オーブン料理をおいしく作ることができるだけでなく、油や塩分をカットしてヘルシーに仕上げることができるんですね。

過熱水蒸気調理

過熱水蒸気調理

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、100℃を超える高温の水蒸気で食材を焼き上げることで、油や塩分をカットして、ヘルシーに料理を仕上げることができるんです。

また、野菜も乾燥してパサパサになることを防ぎ、しっとりおいしく焼き上げることができるんですね。

この過熱水蒸気調理をすることで、いつもの料理がワンランク上の極上のおいしさになり、さらに、油を抑えて減塩することができ、よりヘルシーに仕上がるので、もう言うことなし!ですよね。

ハイブリッド調理

ハイブリッド調理

また、東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、高火力のオーブンと過熱水蒸気の合わせ技で、油や塩分をカットする「ハイブリット調理」をすることができるんですね。

このハイブリッド調理は、高火力で食材の表面を一気に焼き上げ、旨味や水分をギュッと閉じ込め、さらに、過熱水蒸気で食材の中までじっくり加熱する調理方法なんです。

こうすることで、いつもの料理がワンランク上の極上のおいしさになり、さらに、カロリーオフになり、ヘルシーに仕上がるというわけなんですね。

これなら、「ちょっとカロリーが気になるなぁ・・・」と思っていた鶏の照り焼きも、カロリーを気にすることなく、おいしく食べることができるのでうれしいですよね♪

ノンフライ調理

ノンフライ調理

さらに、東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、「ノンフライ調理」で、油を使わずに、揚げ物を手軽に楽しむことができるんですね。

油を使わないので、簡単に料理をすることができて、その上、ヘルシーに仕上がるなんて、一石二鳥ですよね~。

揚げ油を用意したり、調理した後のはねた油の掃除をする手間がかからないので、揚げ物料理をするのも億劫にならずに、ジャンジャンすることができますね♪

油が気になって、なかなか作ることができなかった鶏の唐揚げやとんかつなども、気にせずに作ることができますよね。

糖質カットスイーツ・パン

そして、東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、糖質やカロリーを抑えた材料を使っても、おいしいスイーツやパンを作ることができるんですね。

これなら、糖質やカロリーが気になって、なかなかスイーツやパンを作ることができなかったという人でも、安心して、糖質カットしたパンやマフィンやブラウニーを楽しむことができますよね。

スチーム調理

さらに、東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、スチーム調理機能を使えば、自動調理で簡単に、茶碗蒸しとなめらかプリンを作ることができるんです。

これなら、茶碗蒸しやプリンに“すが立って”失敗しちゃった・・・ということもなくなり、おいしい茶碗蒸しとプリンを食べることができますね♪

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は大型アンテナで加熱ムラを抑える!

大型アンテナで加熱ムラを抑える

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、あたため機能も充実しているんですよね。

8つ目赤外線センサー温度センサーで、食材の表面温度や庫内の温度を高精度に測定し、大型アンテナにより、ワイドな庫内もムラを抑えて広範囲に加熱することができるようになっているんです。

これにより、食材を加熱ムラなく適温にあたためることができるんですね~。

ホントに賢くてビックリしてしまいますね♪

おかずあたため

おかずあたため

「おかずあたため」機能では、焼き鳥やさばの味噌煮など、はじけやすい料理も上手にあたためることができるんですね。

食材の表面温度の上昇から食品温度を判断し、その温度の予測により、出力を「1000W・中出力・低出力」に切り替えて調整しながら加熱するので、料理がはじけるのを抑えることができるようになっているんですね。

こうすることで、かたくなりやすい料理も、はじけやすい料理も、失敗することなく、おいしくあたためることができるんですね♪

ごはんあたため

「ごはんあたため」機能では、最高出力1000Wの高出力で、すばやく加熱することができるんです。

ですから、冷めたごはんをあたため直ししても、炊き立てのようにおいしく食べることができるんですね。

ふっくらパン

ふっくらパン

市販のパンをレンジであたためると、“ふにゃふにゃ”になっちゃって、おいしくあたためることができないんですよね~。

でも、東芝 石窯ドーム ER-VD3000の「ふっくらパン」機能なら、市販のパンも、オーブン調理(ヒーター加熱)+レンジ加熱を併用することで、焼き立てのようにふっくらアツアツにあたためることができるんです。

冷凍したバターロールもビックリするほどおいしくあたためることができますよ♪

カラッとあたため

カラッとあたため

コロッケやメンチカツなどの揚げ物をレンジであたため直すと、カリッと仕上がらずに、ふにゃっとおいしくなくなっちゃうんですよね~。

でも、東芝 石窯ドーム ER-VD3000の「カラッとあたため」機能なら、オーブン調理+スチーム調理を併用することで、揚げ立てのように、表面をカラッとあたためることができるんです。

冷めたお惣菜の揚げ物もカラッと揚げ立てのようになるので、サクサクの食感を楽しむことができますよ♪

スチームあたため

「スチームあたため」機能では、レンジ加熱+スチーム調理を併用することで、食材にラップをしなくても、しっとりとあたためることができるんですね。

焼売などをスチームを出しながらしっとりとあたためることができるのでとても便利なんですよね。

選べる3つの解凍

選べる3つの解凍

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、食材や用途によって、解凍方法を使い分けることができるのでとても便利なんですね。

1.「お急ぎ解凍」では、短時間で解凍できるので、調理中の下ごしらえにも便利です。
2.「スチーム全解凍」では、低温スチームを使って丁寧に解凍し、端煮えを抑えます。
3.「さしみ・半解凍」では、包丁が入りやすく、中が少し凍った状態に解凍します。

お好み温度あたため

「お好み温度あたため」機能では、-10℃~90℃まで、設定した温度であたためることができるんですね。

例えば、

-10℃:アイスと食べごろに
20℃:バターをやわらかく
50℃:生チョコもかんたん

という風に、湯煎の代わりにも使えるので、料理の下ごしらえなどにとても便利なんですよね。

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は時短・お手軽調理が便利!

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、時短料理やお手軽料理を作るのにとても便利なんですね。

おつまみ1分

「おつまみ1分」機能は、帰宅後に、お通しのような料理をチャチャっと作りたいというときにとても便利なんですね。

食材と調味料を耐熱容器に入れて、時短・お手軽キーで「おつまみ1分」を選んで、スタートを押すだけで、簡単・スピーディーに小鉢を1品作ることができるんです。

例えば、

・おくらおかか和え
・にんじんのナムル風
・おつまみ厚揚げ
・トマトチーズのスクランブルエッグ
・ピーマンとじゃこの甘辛
・水菜のごま風味炒め
・さば缶とキャベツのカレー風味

こんな料理が簡単に作れちゃうんですね。

毎日のお弁当づくりや彩りを添える副菜メニューが充実しているので助かりますよね♪

スピードメニュー

スピードメニュー

「スピードメニュー」機能は、鍋やフライパンを使わなくても、短時間のレンジ加熱で、手早く簡単にあっという間に、おいしい料理を作ることができるんです。

例えば、

・おくらのチーズ焼き(3分)
・肉みそ豆腐(3分)
・ラタトゥイユ(5分)
・きんぴらごぼう(5分)
・ハッシュドビーフ(7分)
・さといものそぼろ煮(7分)
・肉じゃが(7分)

これらの料理が時短で簡単に作れちゃうので、仕事から帰ってきて、あまり時間がないというときに、とても助かりますよね。

お手軽パン

「お手軽パン」機能は、

1.こねずにボウルで混ぜるだけ
2.レンジ発酵で時間短縮
3.専用の材料や道具がなくてもOK

手軽にパン作りを楽しむことができるんですよね。

・お手軽パン
・お手軽パン コッペパン
・お手軽食パン
・お手軽メロンパン
・お手軽カレーパン
・お手軽フランスパン
・お手軽ピザ

こんな風に、お手軽に焼き立てパンを楽しむことができてうれしいですよね♪

スピード低温調理

「スピード低温調理」機能では、時間のかかる低温調理もすぐにできるんです。

料理に合わせて、自動で温度をコントロールしてくれるので、材料を合わせて耐熱容器に入れて、オーブンレンジに入れたら、時短・お手軽キーでスピード低温調理を選んで、スタートキーを押すだけで、簡単に作れちゃうんですね。

・スピードピクルス(4分)
・塩ヨーグルトの浅漬け(6分)
・スピード茶碗蒸し(12分)

自分で温度調節をしなくてもよいので、本当に便利ですよね。

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は業界最小奥行き39.9cm 薄型コンパクト

薄型コンパクト

東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、業界最小の奥行き39.9cmの薄型コンパクトサイズなので、省スペースで、キッチンボードからはみ出さずにスッキリ収納することができるんですね。(※2021年2月1日現在の業界最小の奥行き)

従来の庫内容量30Lのオーブンレンジは、奥行き45.0cmくらいのサイズのものが多いので、東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、それよりも約5cmほど小さくてコンパクトになっているんですよね。

しかも、オーブンレンジの左右と背面を隙間を開けることなくピッタリ置くことができるんですね。

ですから、今まではキッチンの置き場所を確保できなくて、30Lのオーブンレンジを諦めていたという方でも、この東芝 石窯ドーム ER-VD3000なら、置くことができるのではないでしょうか。

この薄型コンパクトサイズというのは、画期的な改良ですよね♪

東芝 石窯ドーム ER-VD3000はとれちゃうコートでこびりつかない!

とれちゃうコート

オーブンレンジの庫内や角皿は、どうしても食材が飛び散って汚れてしまうんですよね~。

でも、この東芝 石窯ドーム ER-VD3000は、東芝独自の「とれちゃうコート」を採用していて、庫内の壁面と角皿を微細な粒子でコーティングしているんですね。

そのため、食材がこびりつきにくく、ついた汚れもサッと拭き取れば簡単にキレイになるんですよね。

・庫内壁面によごれがつきにくい!
・角皿にクッキングシートがいらない!

ということで、調理後のお手入れもとても簡単で助かるんですよ~。

その上、「手間なしお手入れコース」では、10分間のスチームで汚れを浮かして落としやすくできるんですね。

また、庫内天井部にヒーターの出っ張りがなく、四隅も丸みを帯びているので、庫内の隅々まで簡単にきれいにサッと拭き取ることができて、とてもお手入れがしやすくなっているんですよね。

オーブンレンジは毎日のように使用するので、お手入れが簡単だととても助かりますよね♪

東芝 石窯ドーム ER-VD3000の価格は?

ER-VD3000の価格は?

それでは、気になる東芝 石窯ドーム ER-VD3000の価格を見てみましょう。

2021年6月20日現在、Amazonでは、東芝 石窯ドーム ER-VD3000の価格は、ER-VD3000-W(グランホワイト)が59,974円、ER-VD3000-R(グランレッド)が56,700円となっています。

そして、楽天市場では、ER-VD3000-W(グランホワイト)が55,000円ER-VD3000-R(グランレッド)が55,000円となっています。

東芝 石窯ドーム ER-VD3000のスペック(仕様)

外形寸法:幅49.8cm×奥行39.9cm×高さ39.6cm
庫内有効寸法:幅39.4cm×奥行31.4cm×23.2cm
庫内容量:30L
質量:約20kg
定格消費電力:電子レンジ1430W(14.6A)
       ヒーター加熱1430W(14.3A)
年間消費電力量:73.5kWh
カラー:グランホワイト/グランレッド

【オーブン・グリル】
加熱方式:庫内まるごと遠赤/熱風コンベクション(2段)/
上下2段のワイド熱風/(上)ドームヒーター
オーブン温度:100~250℃・300℃
過熱水蒸気調理:100℃~250℃
ハイブリッド調理:自動メニューのみ
ノンフライ調理:〇
グリル調理:大火力石窯ドームグリル
カラッとあたため:〇
トースト:トースト/冷凍トースト/スチームトースト
ふっくらパン:〇(レンジ加熱併用)
発酵:発酵(30℃・35℃・40℃・45℃)
   スチーム発酵(40℃)

【レンジ】
レンジ出力:1000W
センサー:8つ目赤外線センサー/温度センサー
あたため機能:ごはん/おかず/お好み温度/スチームあたため等
解凍:お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ・半解凍

【スチーム】
スチーム方式:給水カセット式
スチーム調理:低温蒸し(自動メニューのみ)
スチームレンジ:〇

総レシピ数:195(自動メニュー数130)

【お手入れ】
庫内コーティング:とれちゃうコート
        (セラミックコート)
        (扉部、底面を除く)
手間なしお手入れコース:〇(10分)

東芝 石窯ドーム ER-VD3000の口コミは?

ER-VD3000の口コミは?

ここで、東芝 石窯ドーム ER-VD3000の口コミを見てみましょう。

・容量が30リットルなのに奥行きが39.9cmとコンパクトな点がとても気に入っています。背面をぴったり置くことができるので、我が家の狭いキッチンでも置くことができて大満足です。スチーム機能も備えているので、フランスパンも焼くことができてうれしいです。天井面に突起がないので、簡単にサッと拭くことができてお手入れしやすいのもポイント高いですね。

・手作りパンを作りたかったので、2段調理ができるところがとてもよいです。また、手軽にパンを焼くことができる機能が付いているのも便利です。お手入れモードが付いているので、掃除も楽チンで助かります。グリル料理やノンフライ調理ができるところもよいですね。

・自動でたくさんオーブン料理を作れるところがとても便利です。塩分や油分をカットしてヘルシーに料理できる点も優れものです。30Lという大きさなのに、薄型のコンパクト設計なので、省スペースで助かりました。庫内が広いので、角皿が2段置けて、一度にたくさんの丸パンを焼くことができる点もすばらしいですね。使用後のお掃除が簡単なのも本当にうれしいです。これだけ充実した機能が付いていて、この価格なので、かなりコスパもよいと思います。

・いろいろなパンを焼きたくて、お手頃なオーブンレンジを探していました。ER-VD3000は、石窯ドームシリーズの中でも中くらいのスペックですが、おうちで手作りパンを焼くのに充分な機能を備えていると思います。赤外線センサーのおかげでパンを焼きムラなく均一に焼くことができてとてもよいです。スチーム機能も搭載しているのでフランスパンを焼くのにも便利ですね。それだけでなく、やはり、オーブン料理を作るのにも重宝しています。レンジ機能もいろいろと便利ですし、コスパ最高ですね。買ってよかったです。

まとめ

というわけで、東芝 石窯ドーム ER-VD3000のレビューや口コミ、評価などを見てきましたが、

・300℃の高火力 熱風2段オーブン
・油や塩分をカットしてヘルシーに調理できる
・過熱水蒸気調理/ハイブリッド調理/ノンフライ調理/スチーム調理など便利機能満載
・8つ目赤外線センサー・大型アンテナで加熱ムラを抑える
・時短・お手軽調理が便利!
・30Lで業界最小奥行き39.9cmの薄型コンパクトサイズ
・とれちゃうコートでこびりつかない!

このようなオーブンレンジを探しているという方は、この東芝 石窯ドーム ER-VD3000を試してみるとよいのではないでしょうか。