象印珈琲通 EC-RS40のレビューや評価、口コミは?フィルターを選べる!?

コーヒー1 キッチン家電

最近、自宅で手軽にカフェの味を楽しめるということで、コーヒー豆の挽きからドリップまですべて自動で行ってくれる全自動コーヒーメーカーが大人気なんですね。

その中でも、人気の高いのが、象印珈琲通 EC-RS40なんです。

そこで、今回は、この象印珈琲通 EC-RS40のレビューや評価、口コミなどをまとめてみました。

象印珈琲通 EC-RS40はマイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出

象印珈琲通 EC-RS40は「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」で、熱にこだわり、コーヒー豆本来のおいしさを引き出すことに成功しました。

EC-RS40は、水をヒーターで2回加熱して、さらに経路にお湯を往復させることで、経路の予熱を行ない、高温95℃での抽出を可能にしたんですね。

熱湯と蒸気でコーヒー豆のコクと香りを引き出し、豆本来のおいしさを味わうことができるようになったというわけなんです。

これは、熱いコーヒーが好きな方にとってはうれしい機能ですね。

象印珈琲通 EC-RS40はマイコンじっくり蒸らし抽出

そして、象印珈琲通 EC-RS40は、マイコン制御で約20秒間じっくり蒸らすことで、コーヒーエキスをしっかりと抽出して、おいしいコーヒーを淹れることができるんですね。

このとき、ドリッパーの抽出口を閉めることで、さらに蒸らし効果を高めています。

なかなか、細かいところまで配慮されていますよね。

象印珈琲通 EC-RS40は挽き目調節と濃度調節で4通りの味わい

象印珈琲通 EC-RS40は、ミルの出口のフィルターを付け替えることで、コーヒー豆の粒度を「粗挽き」「中細挽き」の2段階に調節することができ、また、ボタン操作でコーヒーの濃度を「濃い(ストロング)」「普通(レギュラー)」の2段階に調節することができます。

この挽き目と濃度を組み合わせることで、4通りの味わいを楽しむことができるんですね。

【粗挽き×普通(レギュラー)】

軽やかな味わいとはっきりとした香りで、後味もすっきりしています。コーヒーの香りがとてもよく、甘みよりもやや酸味が強く、苦味はほとんど感じられませんね。

アメリカンコーヒーに向いています。

<おすすめのコーヒー豆>
フルーティーな香りのモカ

【粗挽き×濃い(ストロング)】

甘みと酸味のバランスがよく、苦味は控えめです。パウダーやシロップで香りづけをするのもおすすめです。

フレーバーコーヒーに向いています(シナモン、バニラ、ブランデーなどをお好みで)。

<おすすめのコーヒー豆>
クリアでバランスのとれたブルーマウンテン

【中細挽き×普通(レギュラー)】

香り、酸味、甘み、苦味がバランスよく調和した味わいを楽しめます。コクのあるクリームとの相性もよいです。

ウィンナーコーヒーに向いています。
(コーヒー120mlにホイップクリーム大さじ2杯程度をトッピング)

<おすすめのコーヒー豆>
明るい酸味のキリマンジャロ

【中細挽き×濃い(ストロング)】

バランスのとれた甘みと酸味の後に、力強い苦味とコクが感じられます。ミルクをたっぷり注ぐとおいしいですね。

カフェオレに向いています(コーヒーと同量の温かいミルクを加える)。

<おすすめのコーヒー豆>
爽やかな風味のグアテマラ

このように、コーヒー豆の特長に合わせて、豆の挽き分けと濃度の調節をすることで、コーヒー豆本来のおいしさを最大限に引き出すことができるんですね。

しかも、自動で調節してくれるので、いつも一定の同じ味を再現できるという点もすばらしいですね。

象印珈琲通 EC-RS40はステンレスメッシュフィルター

象印珈琲通 EC-RS40は、ステンレスメッシュフィルターを採用しているんですね。

ステンレスメッシュフィルターの場合、コーヒーの油分ごと抽出されるので、コーヒーの香りが広がり、複雑な酸味、コク深い味わいを楽しむことができ、後味の余韻も長く続きます。

また、使用後は洗って繰り返し使うことができるので、コストがかからないというメリットもありますね。

それだけでなく、便利なことに紙フィルターも使うことができるんですね。

その日の気分で、今日は紙フィルターを使って、口当たりが軽やかなすっきりとした味わいのコーヒーが飲みたいなという場合に、フィルターを変えることができるのはとてもよいですね。

この点を踏まえると、4通りの味わい×2種類のフィルターということで、実際には8通りの味わいを楽しむことができますね。

象印珈琲通 EC-RS40は魔法瓶構造のステンレスサーバー

象印珈琲通 EC-RS40は、魔法瓶構造のステンレスサーバーを採用しているんですね。

魔法瓶構造のステンレスサーバーは、ヒーターを使わずに保温することができるので、コーヒーが煮詰まることなく、コーヒー本来の味と香りを長く楽しむことができるのでとてもよいですね。

また、電気を使わずに保温することができるので、省エネにもなりますね。

象印珈琲通 EC-RS40はステンレスマグやカップに直接抽出

象印珈琲通 EC-RS40は、付属のステンレスサーバー以外にも、ステンレスマグやコーヒーカップに直接抽出することができるのでとても便利なんですね。

出かけるときに、コーヒーを入れたマイボトルを持って行くという方も多いですよね。

この象印珈琲通 EC-RS40は、蓋を外したときの高さが16.8cm以下、底部外径7cm以下、口径3cm以上のステンレスマグに直接抽出して、持って行くことができるので、外出先でもおいしいコーヒーを飲むことができてとてもよいですね。

また、飲みたい分だけ、直接コーヒーカップやマグカップに抽出できる点もなかなか便利なんですね。

象印珈琲通 EC-RS40は浄水カートリッジでカルキ98%除去

象印珈琲通 EC-RS40は、水タンクに浄水カートリッジが付いているので、水を入れるだけでカルキを98%除去してくれるんですね。

コーヒーを淹れるときに、やはり水は大事ですよね。

水道水をそのまま使うとカルキ臭がして、コーヒーの風味も落ちてしまいますね。

そこで、コーヒーを淹れる前にあらかじめ水道水を沸騰させてカルキ臭を抜いてからコーヒーを淹れているという方も多いかと思いますが、この象印珈琲通 EC-RS40は、水タンクに浄水カートリッジが付いていてカルキを除去してくれるので、そんな手間をかけずに済むのでとても便利なんですね。

手軽に簡単においしいコーヒーを淹れられるのはとてもよいですね。

象印珈琲通 EC-RS40はミルクリーン構造でお手入れ簡単

象印珈琲通 EC-RS40は、ミルクリーン構造を採用しているんですね。

ミルケース内部に付着したコーヒー粉を抽出時のお湯で流してくれるので、日々のお手入れがとても楽なんです。

また、ミルケース・挽き分けフィルター・フィルターケースのふた・フィルターケース・スイングバスケット・水タンクは簡単に取り外すことができて、丸洗いできるので、お手入れも簡単で、いつも清潔な状態に保つことができてとてもよいですね。

象印 珈琲通 EC-RS40のスペック(仕様)

サイズ:幅24.0cm×奥行25.0cm×高さ37.5cm
重さ:4.4kg
容量:約4杯(約540ml)
ミルの方式:プロペラ式
豆の挽き分け:粗挽き/中細挽き
フィルター:ステンレスメッシュフィルター
サーバー:ステンレス製
蒸らし機能:○
タイマー機能:×
浄水機能:○
給水タンクの着脱:○

まとめ

というわけで、象印珈琲通 EC-RS40のレビューや評価、口コミなどを見てきましたが、

・マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出で豆本来のおいしさを引き出す
・マイコンじっくり蒸らし抽出
・挽き目調節と濃度調節で4通りの味わいを楽しめる
・ステンレスメッシュフィルターを採用
・魔法瓶構造のステンレスサーバーを採用
・ステンレスマグやカップに直接抽出できる
・浄水カートリッジでカルキ98%除去
・ミルクリーン構造でお手入れ簡単

このような全自動コーヒーメーカーを探しているという方は、象印珈琲通 EC-RS40を試してみるとよいかもしれませんね。